BIC SIMの通信速度制限(3日間制限・72時間制限・1ヵ月間制限)

プラン 3日間(72時間)制限 1ヵ月間制限
200kbps
合計通信量
制限後の速度 150Mbps
合計通信量
制限後の速度
ミニマムスタートプラン 366MB 非公開 3GB 200kbps
ライトスタートプラン 366MB 非公開 5GB 200kbps
ファミリーシェアプラン 366MB 非公開 10GB 200kbps

ビックカメラBIC SIMの通信速度制限には、「3日間の200kbpsの合計通信量が各プランで定められた通信容量を超えた場合」と「1カ月間の150Mbpsの合計通信量が各プランの高速データ容量を超えた場合」の2つがあります。

3日間制限(72時間制限)の制限後の通信速度は非公開です。

1ヵ月制限の制限後の通信速度は200kbpsです。

BIC SIMの3日間制限(72時間制限)

プラン 3日間(72時間)制限
合計通信量 制限後の速度
ミニマムスタートプラン 366MB 非公開
ライトスタートプラン 366MB 非公開
ファミリーシェアプラン 366MB 非公開

BIC SIMでは通信速度(下り最大)200kbpsの状態で、3日(72時間)あたりの通信量が366MBを超えた場合に通信速度が制限される場合があります。

通信速度(最大)200kbpsの状態とは、クーポンをOFFにしている状態とクーポンを使い切ってクーポン残量がゼロの状態です。

クーポンをOFFにしている状態

BIC SIMでは、プラン毎に利用できる高速データ通信(下り最大225Mbps)の量が決まっていて、高速データ通信量をハンドルクーポンや簡略化してクーポンと呼んでいます。

このハンドルクーポンは、専用アプリまたはweb会員ページからONとOFFの切り替えが可能です。
クーポンONとクーポンOFFでは通信速度に差が出ます。

クーポン適用(ON)時の通信速度は、下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsで、
クーポン非適用(OFF)時の通信速度は、下り上り最大200kbpsまで制限されます。

クーポンを使い切ってクーポン残量がゼロの状態

・ミニマムスタートプラン 3GB
・ライトスタートプラン 5GB
・ファミリーシェアプラン 10GB

プラン毎に割り当てられた高速データ通信を使い切ってしまうと、高速データ通信(下り最大225Mbps)は利用できなくなります。アプリからもクーポンをONに切り替えられなくなります。

合計通信量が366MBを超えると…

クーポンをOFFにしている状態またはクーポンを使い切ってクーポン残量がゼロの状態の(最大)200kbpsの通信速度で、3日間(72時間)の合計通信量が366MBを超えると、通信速度が制限されることがあります。

3日間(72時間)制限後の通信速度は非公開です。
(最大)200kbpsのデータ通信利用時の規制なので、(最大)200kbps以下なのは確かでしょう。

他社の格安SIMでは3日間(72時間)制限は存在するのか?

事業者 制限内容
BIC SIM SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が上記の規定値を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。

BIC SIMでは、クーポンオフの通信速度(最大)200kbpsの状態で3日間(72時間)の合計通信量が366MBを超えると通信速度が制限されることがあるとわかりましたが、ビックカメラSIM以外の格安SIMには3日間(72時間)制限は存在するのでしょうか?

DMM mobile、IIJmio、楽天モバイル、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIM、mineoの人気SIM7社の3日間(72時間)制限の内容をまとめてみました。

事業者 制限内容
DMM mobile SIMカード毎に、高速通信超過時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
直近3日間(当日を含まない)の通信量の合計が366MBを下回るまで制限が続く場合があります。
IIJmio SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が上記の規定値を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
楽天モバイル 各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。
OCNモバイルONE 3日間制限なし
NifMo 直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:500MB→650MB以上、5GBプラン:800MB→1,100MB以上、10GBプラン:1,200MB→2,200MB以上)を設定しており、通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限させていただきます。
直近3日間の通信量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。
BIGLOBE SIM

以下の特にご利用の多いお客さまに対して、通信速度を制限する場合があります。
―音声通話スタートプラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が120MB→200MB以上
―エントリープラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MB→600MB以上

ライトS以上のプランの3日間の通信量制限は撤廃。無制限。

mineo ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を含みません)に3GB以上のご利用があったお客様については、KDDI社より通信速度が終日制限される場合があります。

3日間(72時間)制限の内容には、BIC SIMのように、通信速度200kbpsで基準値を超えると制限がかかるが、高速通信では制限が無いタイプのSIMと、通信速度に関係なく基準値を超えると制限がかかるタイプのSIMがありました。また、3日間(72時間)制限が一切無いSIMもありました。

高速通信では制限が無いタイプのSIMには、BIC SIMの他にDMM mobile、IIJmioの2枚の格安SIMがありました。

通信速度に関係なく基準値を超えると制限がかかるタイプのSIMには、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE SIM(一部プラン)、mineoの4枚の格安SIMがありました。
BIGLOBE SIMは、音声通話スタートプランとエントリープランだけに3日間(72時間)制限があります。
4枚のなかでは、mineoの制限がかかる基準値は3GBとかなり緩めでした。

OCNモバイルONEは唯一、完全に3日間(72時間)制限が無い格安SIMでした。

BIC SIMでは200kbps時のみ3日間(72時間)制限が残っていますが、2014年12月22日からNTTドコモが「Xi端末にて直近3日間で1GB以上連続して通信した際に翌日に速度制限をかける場合があるルール」を撤廃したので、格安SIMでも将来的に3日間制限は撤廃される可能性があります。

BIC SIMの1ヵ月間制限

プラン 1ヵ月間制限
合計通信量 制限後の速度
ミニマムスタートプラン 3GB 200kbps
ライトスタートプラン 5GB 200kbps
ファミリーシェアプラン 10GB 200kbps

BIC SIMにはミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランの3つのプランがあります。

3つのプランにはそれぞれ1ヵ月間に利用できる高速データ通信量が定められていて、ミニマムスタートプランは3GB、ライトスタートプランは5GB、ファミリーシェアプランは10GBと決まっています。

それぞれのプランの高速データ通信容量を超えると通信速度が制限されます。制限後の通信速度は(最大)200kbpsです。
制限前の通信速度(下り最大)150Mbpsから、制限後は(最大)200kbpsになります。

高速データ通信量の残高は、専用アプリまたはweb会員ページから確認できます。

他社の格安SIMの制限後の速度は?

BIC SIMの制限後の速度(最大)200kbpsは遅いのでしょうか?厳しい制限なのでしょうか?
他社の格安SIMの制限後の速度と比較してみたいと思います。

事業者 制限後の速度
BIC SIM 200kbps
DMM mobile 200kbps
IIJ mio  200kbps
楽天モバイル 200kbps
OCNモバイルONE 200kbps
NifMo 200kbps
BIGLOBE SIM 200kbps
mineo 200kbps

制限後の速度200kbpsは、格安SIMのなかでごくごく一般的な速度でした。

200kbpsでもできること

制限後の通信速度200kbpsでもほぼ問題無くできることには、

・Yahoo! Japanトップページの閲覧
・Gmail(テキストメール)の送受信
・LINEメッセージの送受信
・Twitterでのツイート
・Facebookの閲覧…などなどがあります。

制限後の通信速度200kbpsでできないまたは大きな不便があることには、

・YouTubeの視聴
・google マップ…などがあります。

詳しくは、
200kbpsでできること・できないことまとめ

特にBIC SIMには、通信速度が(最大)200kbpsの状態でも、通信し始めの一定量は高速データ通信が適用されるバースト転送機能があるので、上記200kbpsでもできることはより快適にできます。
バースト転送機能があっても動画の視聴は厳しいです。

利用開始月の高速データ通信容量は?

ビックカメラBIC SIMでは、初月(利用開始月)の月額料金は日割りになります。月額料金は日割計算するので、高速データ通信容量も当然、日割計算をします。

BIC SIMの利用開始月の高速データ通信量は日割りです。

BIC SIMの初期費用、初月無料と初月日割り

BIC SIMの通信速度制限を解除する方法

3日間制限(72時間制限)は、3日(72時間)のデータ通信量が上限値の366MBを下回れば制限は解除されます。

1ヵ月間制限は、翌月になると制限は解除されます。

3日間制限(72時間制限)と1ヵ月間制限どちらも、追加クーポンを購入してデータ通信量を追加(チャージ)すると通信速度制限を解除することができます。

BIC SIMの追加クーポンの料金は、100MBあたり200円です。
有効期限は購入月の3ヵ月後の末日(例:4月にクーポンを購入した場合、7月いっぱいは利用が可能となり、8月になると失効します)、毎月最大30枚まで購入可能です。

他社の追加クーポンの料金は?
事業者 追加クーポンの料金
BIC SIM 200円/100MB
DMM mobile 200円/100MB
1,000円/500MB
(→キャンペーン価格600円)
2,000円/1000MB
(→キャンペーン価格1,100円)
480円/1000MB
(繰越なし)
IIJ mio  200円/100MB
楽天モバイル 300円/100MB
OCNモバイルONE 500円/500MB
NifMo 900円/500MB
BIGLOBE SIM 300円/100MB
mineo 150円/100MB

BIC SIMの追加クーポンの料金100MBあたり200円は、100MB単位では標準的な料金です。

ただしDMM mobileやOCNモバイルONEのように500MBや1000MB単位の大容量の追加クーポンの料金と比較すると割高に感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする