DTI SIMの評判/口コミ/速度まとめ 速度測定の結果は遅い?

DTI SIMのメリット
・プランの月額料金が業界最安値級。特に音声プランは3GB・5GB・10GBでDMM mobileをおさえて業界最安値を実現。
・光回線サービス「DTI 光」のユーザーは業界最安水準の月額料金がさらに実質200円割引。
・利用者の増加に対応した回線増強が実施されていて、快適な通信速度が維持されている。
・DTI SIM契約特典として、500円に換金可能な500スマイルポイントと、法人会員制クラブの「クラブオフ」へ無料入会権を獲得できる。
・DTI SIMを最大で6ヵ月無料で利用できるキャンペーン実施中。

DTI SIMのデメリット
・3日間の通信量に気をつけないと速度が制限されてしまう可能性大。
・電話番号を維持したまま他社へMNPする時の手数料5,000円と、一般的な3,000円より高い。
・人気機能の高速通信と低速通信の切り替え機能がない。
・プランの月間容量や容量チャージが余っても翌月以降に繰り越しができない。

キャンペーン情報

『DTI SIM』“秋の行楽SIMキャンペーン”実施中
・ネットつかい放題プランの月額基本料金を半年間980円割引で提供

容量 データプラン データSMSプラン 音声プラン
ネットつかい放題 2,200円

半年間1,220円/月
2,350円

半年間1,370円/月
2900円

半年間1,920円/月

はじめてDTI SIMを申し込む方限定のお試しプランもあります

プラン名 1カ月目~6カ月目 7カ月目以降
でんわ定額プラン 3GB
※5分以内の通話が無料
半年間1,480円 2,270円
データ半年お試しプラン 3GB 半年間 無料 840円
データSMS半年お試しプラン 3GB 半年間 無料 990円

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの基本情報

サービス提供エリア

株式会社NTTドコモが提供するLTE「Xi®(クロッシィ)」のエリア、及び「FOMA®」のエリアで利用できます。地域別の対応エリアの確認はNTTドコモのサービスエリア検索から。

提供SIMカードサイズ

DTI SIMでは、標準SIM・micro SIM・nano SIMの3種類のSIMカードサイズを準備しています。
標準SIM:横15mm×縦25mm
microSIM:横12mm×縦15mm
nanoSIM:横8.8mm×縦12.3mm

上記3つのサイズは、日本国内で発売された全てのスマートフォンに対応できます。標準SIMはmini SIMと呼ばれることもあります。

DTI SIMで利用予定の端末にどのサイズのSIMカードが必要かは、端末の公式HPや取扱説明書を確認する、DTI SIM 動作確認済み端末ページのSIMカードサイズ欄を確認する、端末が手元にある場合は実際にSIMカードスロットの大きさを確認してみることでわかります。

初期費用

DTI SIMでは、プランを問わず、申し込み月に初期費用として事務手数料 3,000円が発生します。

プラン月額料金

はじめてDTI SIMを申し込むユーザー限定のお試しプラン

プラン名(容量) 1カ月目~6カ月目 7カ月目以降
でんわ定額プラン(3GB) 1,480円 2,270円
データ半年お試しプラン(3GB) 0円 840円
データSMS半年お試しプラン(3GB) 0円 990円

誰でも申し込める通常プラン

容量 データプラン データSMSプラン 音声プラン
1GB 600円 750円 1,200円
3GB 840円 990円 1,490円
5GB 1,220円 1,370円 1,920円
ネットつかい放題 2,200円 2,350円 2,900円

DTI SIM ノーカウントβ

DTI SIM ノーカウントβ
データプラン 10GB
DTI SIM ノーカウントβ
データSMSプラン 10GB
DTI SIM ノーカウントβ
音声プラン 10GB
1,220円 1,370円 1,920円

でんわ定額プラン、お試しプランとは?

でんわ定額プラン 3GB 通常2,270円 → 半年間1,480円
データ半年お試しプラン 3GB 通常840円 → 半年間無料
データSMS半年お試しプラン 3GB 通常990円 → 半年間無料

「でんわ定額プラン」と「半年お試しプラン」はDTI SIMを初めて利用するユーザー限定のプランです。
DTI SIMを1度でも契約したことのあるユーザーは、このプランを申し込めません。

「でんわ定額プラン 3GB」は、音声プラン3GB(月額1,490円)と、でんわかけ放題オプション(月額780円)の合計2,270円が、利用開始月から6カ月の間、月額1,480円で利用できます。値引き額は790円です。

「データ半年お試しプラン 3GB」は、データプラン3GB(月額840円)が、利用開始月から6カ月の間、月額0円で利用できます。値引き額は840円です。

「データSMS半年お試しプラン 3GB」は、データSMSプラン3GB(月額990円)が、利用開始月から6カ月の間、月額0円で利用できます。値引き額は990円で、このプランの値引き額が3つの中で最大となっています。

「でんわ定額プラン」と「半年お試しプラン」の注意点が2つあります。

まず、DTI SIMはデータ容量の繰り越しができますが、半年間の値引き期間中はデータ容量の繰り越しができません。

また、「でんわ定額プラン」を申し込んだ場合、でんわ定額機能だけを個別に解約することができません。
「でんわ定額プラン」から他の音声プラン(1GB・5GB・ネットつかい放題プラン)にデータ容量の変更を行った場合であっても、でんわ定額機能は引き続き提供されます。
「でんわ定額プラン」からほかのデータプランまたはデータSMSプランに変更をした場合のみ、でんわ定額機能の提供は終了します。ただし、プランを変更するとSIM交換手数料3,000円が発生します。

DTI SIM ノーカウントβとは?

DTI SIM ノーカウントβ
データプラン
通常4.220相当 → 1,220円
DTI SIM ノーカウントβ
データSMSプラン
通常4,370相当 → 1,370円
DTI SIM ノーカウントβ
音声プラン
通常4,920相当 → 1,920円

「DTI SIM ノーカウントβ」は、基本データ容量は5GBと、このプランの特典として容量チャージ5GB(3,000円相当)がセットになったプランです。
さらに、音声プラン限定でモバイルバッテリーのプレゼントもあります。

DTI SIMの基本データ容量5GBプランは、データ、データSMS、音声プランの順に、月額1,220円、1,370円、1,920円となっています。

「DTI SIM ノーカウントβ」では、容量チャージ5GBの3,000円分がまるまる無料になっているわけです。

この「DTI SIM ノーカウントβ」は、2016年秋に予定されている「DTI SIM ノーカウント」提供開始までの期間限定プランとなります。
「DTI SIM ノーカウント」提供開始後は「DTI SIM ノーカウントβ」の提供は終了します。契約途中で「DTI SIM ノーカウント」に切り替わる予定です。

ここで出てきた「DTI SIM ノーカウント」とは、『Pokémon GO』のデータ通信料が1年間無料になるプランのことです。

『Pokémon GO』は既にスタートしていますが、「DTI SIM ノーカウント」はまだ提供準備を進めている段階だそうで、「DTI SIM ノーカウントβ」は提供準備が整うまでの期間限定プランというわけです。

したがって、「DTI SIM ノーカウントβ」では『Pokémon GO』も含めすべての通信がデータ容量から消費されるので、容量チャージ5GBが特典として付いています。

なお、特典の容量チャージ5GBは、DTI SIM独自の検証により、『Pokémon GO』1時間あたりのデータ通信量を20MB程度と想定し、平日約5時間、休日約16時間で30日間利用した場合として算出しているそうです。

利用開始月のプラン月額料金

日割り払い

DTI SIMの利用開始月(=契約初月)は、利用開始日(SIMカードの着荷日)を含む月です。利用開始日から月末までを日割り計算した金額が利用開始月のプラン月額料金として請求されます。

ユニバーサルサービス料

月額 2円

ユニバーサルサービス制度とは、NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービス(「加入電話」「公衆電話」「緊急通報(110番、118番、119番)」などの電話サービス)を全国どの世帯でも公平に安定して利用できるよう、必要な費用を電話会社全体で応分に負担する制度です。

MNP転入

現在の電話番号がそのまま、DTI SIMでも利用できます。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)を利用してDTI SIMの音声プランに転入を希望する場合、現在契約している事業者にて、MNP予約番号を発行します。

MNP予約番号を取得後4日以内にDTI SIMの申し込みを行います。4日を経過したMNP予約番号は申し込み時に利用できず、再発行する必要があります。

MNP予約番号取得時とDTI SIMへのMNP転入時の契約者名義は、必ず一致していないとMNPの利用ができません。

SIMカードを受けっとった後、開通手続きを行います。

MyDTIより開通の申請をします。
MNPによるDTI SIM開通が可能な時間帯は、年末年始を除く10:00~17:00となっています。
開通申請日より2日以内の日時を指定して開通予約することも可能です。
開通の作業には2時間程度かかります。

MNP予約番号有効期限の前日16:59までに開通依頼の手続きをしなかった場合、MNP予約番号の有効期限当日に自動的に開通となります。

MNP転入を利用して、DTI SIMを申し込んだ後のキャンセルは一切できません。

即日MNP

不可 可能
※即日MNPに対応しました。

会員サイトのMyDTIより開通の申請を行った後、2時間程度でDTI SIMが利用できるようになります。

開通受付時間:10:00~17:00(年末年始を除く)

即日MNPに対応したことで、MNP乗り換え前の回線もDTI SIMの回線も利用できない空白期間は、数日間から2時間程度まで短くなりました。

DTI SIMへのMNP申し込み(MNP予約番号の照会手続き)完了後からSIMカードが届くまでの間、利用中の携帯電話会社の回線もDTI SIMの回線もどちらも利用できなくなる空白期間が発生します。

料金プランの変更

手数料無料でMyDTI(会員情報・お手続き)から変更可能です。

プラン変更できるのは月に1回のみで、変更の締め日は25日。25日までに完了した変更手続きの内容が翌月から適用されます。1GB、3GB、5GB、10GB増減自由に変更可能です。

最低利用期間

データプラン:なし
データSMSプラン:なし
音声プラン:利用開始月(SIMカードの着荷日を含む月)から12カ月を経過した月の末日まで

データ通信専用SIMは最低利用期間(=縛り期間)がありませんが、音声通話対応SIMには12カ月の最低利用期間(=縛り期間)があります。

解約手数料

データプラン:なし
データSMSプラン:なし
音声プラン:上記の最低利用期間内に解約する場合は契約解除料9,800円が必要

最低利用期間がある音声通話対応SIMのみ解約手数料(DTI SIMでは契約解除料)に関する規定があります。

解約方法

MyDTI(会員情報・お手続き)から解約します。

解約の締め日は25日です。土日祝日にかかわらず解約したい月の25日までに手続きを完了しましょう。26日以降の解約手続きについては翌月末日解約となります。解約申請月の最終営業日までなら取り消しが可能です。

<3月で解約したい場合>
2月26日から3月25日までの間に解約手続きを済ませましょう。

解約月の利用

解約月の月末まで利用可能です。

25日までに申し込まれた解約手続きの解約処理は解約申請月の末日に実施されます。解約処理が実施されるまで利用でき、1カ月分の月額料金を支払います。解約月の日割り計算はありません。

MNP転出手数料

5,000円

他社へのMNP(携帯電話番号ポータビリティ)転出には、MNP転出手数料5,000円を支払います。また、最低利用期間内にMNP転出による解約をした場合は、契約解除料の9,800円もあわせて支払います。合計14,800円の支払いが必要となります。

MNP転出方法

MyDTI(会員情報・お手続き)での解約手続きの際にMNP転出予約番号の申請を行います。

MNP転出予約番号は申請後2日程度で連絡先メール、及びMyDTIに通知されます。
MNP転出による解約は、当月内に他社への転入手続きが完了した場合は当月末で解約、翌月内に転入手続きが完了した場合は翌月末での解約となります。他社への転入手続きが完了せずに、MNP予約番号の有効期限(発番日を含めて15日)を過ぎて無効となってしまった場合は引き続き月額料金が発生します。他社へのMNP手続き完了後、DTI SIMのSIMカードはすぐに利用できなくなり、解約のキャンセルもできません。

SMS利用料

SMSの送受信はデータSMSプランと音声プランで利用できます。データプランでは利用できません。

国内から国内への送信 3円〜/通
国内から海外への送信 50円〜/通※1
海外での送信※2 100円/通※1

※1 不課税
※2 海外での送受信は音声プランのみの対応です。データSMSプランでは利用できません。

国内から国内への送信(国内宛)と国内から海外への送信(国外宛)のSMS利用料は、文字数に応じて料金が変わる従量課金となっています。

文字数 国内宛 国外宛
1~70文字(半角英数字1~160文字) 3円 50円
71~134文字(半角英数字161~306文字) 6円 100円
135~201文字(半角英数字307~459文字) 9円 150円
202~268文字(半角英数字460~612文字) 12円 200円
269~335文字(半角英数字613~765文字) 15円 250円
336~402文字(半角英数字766~918文字) 18円 300円
403~469文字(半角英数字919~1071文字) 21円 350円
470~536文字(半角英数字1072~1224文字) 24円 400円
537~603文字(半角英数字1225~1377文字) 27円 450円
604~670文字(半角英数字1378~1530文字) 30円 500円

通話料

国内 20円/30秒

国際電話(主要国) アメリカ合衆国:31円~、イギリス:78円~、台湾:49円~、中国:49円~、韓国:49円~
国際電話の通話料はNTTドコモのサイトから確認できます。

音声プランオプション

留守番電話:300円
キャッチホン:200円
転送電話:無料(別途通話料が必要)
国際電話:無料(別途通話料が必要)
国際ローミング:無料(別途通話料が必要)

国内から海外への電話が国際電話、海外から国内や海外から海外が国際ローミングとなっています。エリア・料金などはNTTドコモのサイト(国際電話 / 国際ローミング)から確認できます。

容量チャージ

500MB:380円
1GB:600円

プラン毎に割り当てられた月間の高速通信容量が足りない時には、容量の追加購入が可能です。チャージした容量の有効期限は購入月の末日までで、翌月に繰り越すことはできません。

スマホセット販売

なし

DTI SIMでは、スマートフォンなど端末の販売は行っていませんが、レンタルを行っています。

スマホレンタルオプション

レンタルできる端末:iPhone 6s 16GB スペースグレイ
事務手数料:2,000円
月額レンタル料金:3,600円
※現在品切れ中のため、申込受付は一時停止されています。

DTI SIMのスマホレンタルオプションは、利用開始月から12カ月間、月額レンタル料金を支払います。

12カ月目から13カ月目の25日までが契約更新期間となり、期間中に13カ月目以降のご契約内容について以下の3つの中から1つを選択します。
・新端末に変更
・レンタル継続
・端末購入

端末購入を選択した場合、買い取り料金を支払って端末を購入します。同時にスマホレンタルオプションの契約は終了となります。

SIMの複数枚対応(シェアプラン)

なし

DTI SIMでは、mineoやDMM mobileなどのように、データ容量を複数枚のSIMカードで共有することはできません。

SIMカード交換手数料

3,000円

データプランから音声プランなど、SIMカードの交換が必要なプラン変更の際の手数料です。

SIMカード紛失手数料

3,000円

解約またはSIM交換後、2ヵ月以内にSIMを返却しなかった場合、紛失とみなされ手数料が発生します。

SIMカード再発行手数料

3,000円

SIMカードを紛失した際や、SIMカードのサイズを変更する際など、同じ番号のSIMカードの再発行の手数料です。

SIMカード再発送手数料

1,500円

新規契約またはSIM交換時に、DTI SIMから発送されたSIMを受け取らずに不達となり、再発送を希望する場合には手数料が発生します。

高速通信時の最高速度

受信ダウンロード(下り):225Mbps
送信アップロード(上り):50Mbps

※通信速度はベストエフォートであり、最大速度を実効速度として保障するものではありません。

低速通信時の速度

受信ダウンロード(下り)、送信アップロード(上り)最大200kbps

3日(72時間)制限

1GBプラン:連続する3日間において合計通信量が366MBを超えると、通信速度が200kbps以下に遅くなることがあります。
3GBプラン・5GBプラン・10GBプラン:連続する3日間において合計通信量が1GBを超えると、通信速度が200kbps以下に遅くなることがあります。

youtube、ニコニコなどのストリーミング制限

動画再生やアプリケーションのダウンロードなど、帯域を継続的かつ大量に占有する通信手段を用いて行われるデータ通信について、速度や通信量が制限されます。

P2Pソフトウェアの制限

ファイル交換(P2P)ソフトウェアについては、そのサービスの形態から帯域を継続的かつ大量に占有することが明らかであるため、データ通信速度が制限されます。(通信制限対象P2Pソフトウェア一覧

アラートメール

・連続する2日間において既定値の7割(1GBプラン:256MB、3GB・5GB・10GBプラン:700MB)を超えた場合、申し込み時のメールアドレス宛にアラートメールが届きます。
・連続する3日間において既定値(1GBプラン:366MB、3GB・5GB・10GBプラン:1GB)を超えた場合、通信制御が行われることがり、申し込み時のメールアドレス宛に通知のメールが届きます。

高速通信容量の繰り越し

不可

Wi-Fiスポット特典

なし

iPhone利用

ドコモ iPhone:○
au iPhone:×
ソフトバンク iPhone:×
SIMフリー iPhone:○

テザリング

ドコモ発売のandroid端末:×
ドコモ発売のiPhone端末:○
SIMフリーのandroid端末:○
SIMフリーのiPhone端末:○

docomoから発売されているアンドロイドOSの端末では、通常テザリング機能が利用できません。
iPhoneは基本テザリングできますが、OSのバージョンがiOS 7.xではテザリング不可となっています。iOS 7.xは古いバージョンなのでアップロードすれば解決します。

対応している周波数帯(Band)

■LTE
2.0GHz帯(バンド1)
1.7GHz帯(バンド3)
1.5GHz帯(バンド21)
800MHz帯 (バンド19)
700MHz帯 (バンド28)

■3G(W-CDMA)
2.0GHz帯(バンド1)
800MHz帯(バンド6、バンド19)

支払い方法

クレジットカードのみ

運営会社

商号:株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
略称:DTI(ディーティーアイ)
設立:1995年10月26日
資本金:12億5755万円
所在地:〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー6F

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの良い評判

業界最安水準のプラン料金

DTI SIMは何と言ってもその料金の安さで高い評判を得ています。一部プランでは業界最安値水準宣言をしているDMM mobileをおさえて、DTI SIMが業界最安となっています。

高速データ容量が1GBのプランはDTI SIMのデータSIM(SMSなし)が月額600円で、最安のFREETEL SIMの月額499円とは101円差、2番目に安いb-mobileの月額500円とは100円差、3番目に安いDMM mobileの月額590円とは10円差です。
音声通話SIMでは、DTI SIMの月額1,200円がDMM mobileとb-mobileをおさえて、FREETEL SIMの次に安い料金です。

ここで紹介したFREETEL SIMとb-mobileは、データ利用量に応じた料金を支払う(上限あり)段階定額で、DTI SIMとはすこし異なる特殊な形態のプランです。

  容量 最大速度 データ専用SIM SMS対応SIM 音声通話SIM
DTI SIM 1GB 225Mbps 600円 750円(+150円) 1,200円(+600円)
FREETEL SIM(6段階定額) 1GB 225Mbps 499円 639円(+140円) 1,199円(+700円)
b-mobile(5段階定額) 1GB 225Mbps 500円 630円(+130円) 1,300円(+800円)
DMM mobile 1GB 225Mbps 590円 740円(+150円) 1,260円(+670円)
NifMo ※新規募集停止 1.1GB 150Mbps 640円 790円(+150円) 1,340円(+700円)
BIGLOBE SIM 1GB 225Mbps なし なし 1,400円
U-mobile(ダブルフィックス) 1GB 225Mbps 680円 830円(+150円) 1,480円
BB.exciteモバイルLTE(SIM1枚) 1GB 225Mbps 720円 860円(+140円) なし
U-mobile 1GB 225Mbps 790円 940円(+150円) なし
mineo 1GB 225Mbps 800円 920円(+120円) 1,600円
BB.exciteモバイルLTE(SIM3枚) 1GB 225Mbps 1,280円 1,420円(+140円) なし
Wonderlink LTE(制限後700kbps) 1GB 225Mbps 1,580円 なし なし
インターリンクLTE SIM(固定IP) 1GB 150Mbps 1,350円 1,490円(+140円) なし

さらに詳しい高速通信容量10GBプランの比較はこちらにまとめています。
格安SIMの1GBプランを比較

3GBプランでは、データSIM(SMSなし)、データSIM(SMSあり)、通話SIMの全部でDTI SIMがDMM mobileよりも10円安い最安プランとなっています。

  容量 最大速度 データ専用SIM SMS対応SIM 音声通話SIM
DTI SIM 3GB 225Mbps 840円 990円(+150円) 1,490円(+650円)
DMM mobile 3GB 225Mbps 850円 1,000円(+150円) 1,500円(+650円)
ワイヤレスゲートSIM 3GB 150Mbps 852円 991円(+139円) 1,574円(+720円)
U-mobile 3GB 225Mbps なし なし 1,580円(−)
楽天モバイル 3.1GB 225Mbps 900円 1,020円(+120円) 1,600円(+700円)
mineo 3GB 225Mbps 900円 1,020円(+120円) 1,600円(+700円)
BIGLOBE SIM 3GB 225Mbps 900円 1,020円(+120円) 1,600円(+700円)
IIJmio 3GB 225Mbps 900円 1,040円(+140円) 1,600円(+700円)
FREETEL SIM(6段階定額) 3GB 225Mbps 900円 1,040円(+140円) 1,600円(+700円)
NifMo 3GB 150Mbps 900円 1,050円(+150円) 1,600円(+700円)
U-mobile(ダブルフィックス) 3GB 225Mbps 900円 1,050円(+150円) 1,780円(+880円)
ASAHIネット LTE 3GB 150Mbps 900円 なし なし
hi-ho LTE typeD(SIM1枚) 3GB 225Mbps 933円 1,073円(+140円) 1,633円(+700円)
b-mobile(5段階定額) 3GB 225Mbps 1,000円 1,130円(+130円) 1,800円(+800円)
OCN モバイル ONE 3GB 225Mbps 1,100円 1,220円(+120円) 1,800円(+700円)
hi-ho LTE typeD(SIM3枚) 3GB 225Mbps 1,409円 1,549円~(+140円~) 2,109円~(+700円~)
インターリンクLTE SIM(固定IP) 3GB 225Mbps 1,600円 1,740円(+140円) なし

さらに詳しい高速通信容量10GBプランの比較はこちらにまとめています。
格安SIMの3GBプランを比較

5GBプランは、データSIM(SMSなし)とデータSIM(SMSあり)でDTI SIMがDMM mobileより10円高いですが、通話SIMではDTI SIMの方がDMM mobileよりも50円安い最安プランとなっています。

  容量 最大速度 データ専用SIM SMS対応SIM 音声通話SIM
DTI SIM 5GB 225Mbps 1,220円 1,370円(+150円) 1,920円(+700円)
DMM mobile 5GB 225Mbps 1,210円 1,360円(+150円) 1,970円(+760円)
OCNモバイルONE 5GB 225Mbps 1,450円 1,570円(+120円) 2,150円(+700円)
楽天モバイル 5GB 225Mbps 1,450円 1.570円(+120円) 2,150円(+700円)
mineo 5GB 225Mbps 1,580円 1,700円(+120円) 2,280円(+700円)
U-mobile 5GB 225Mbps 1,480円 1,630円(+150円) 1,980円(+500円)
b-mobile(5段階定額) 5GB 225Mbps 1,500円 1,630円(+130円) 2,300円(+800円)
IIJmio 5GB 225Mbps 1,520円 1,660円(+140円) 2,220円(+700円)
ワイヤレスゲートSIM 5GB 150Mbps 1,278円 1,417円(+139円) 2,130円(+852円)
NifMo 5GB 150Mbps 1,600円 1,750円(+150円) 2,300円(+700円)
FREETEL SIM(6段階定額) 5GB 225Mbps 1,520円 1,660円(+140円) 2,220円(+700円)

さらに詳しい高速通信容量5GBプランの比較はこちらにまとめています。
格安SIMの5GBプランを比較

10GBプランは、DTI SIMがデータSIM(SMSなし)月額2,200円、データSIM(SMSあり)月額2,350円とDMM mobileよりも10円高いですが、通話SIMではDTI SIMが月額2,900円でDMM mobileが月額2,950円とDTI SIMの方が50円安く最安プランとなっています。

  容量 最大速度 データ専用SIM SMS対応SIM 音声通話SIM
DTI SIM 10GB 225Mbps 2,200円 2,350円(+150円) 2,900円(+700円)
DMM mobile 10GB 225Mbps 2,190円 2,340円(+150円) 2,950円(+760円)
楽天モバイル 10GB 225Mbps 2,260円 2,380円(+120円) 2,960円(+700円)
OCN モバイル ONE 10GB 225Mbps 2,300円 2,420円(+120円) 3,000円(+700円)
mineo 10GB 225Mbps 2,520円 2,640円(+120円) 3,220円(+700円)
IIJmio 10GB 225Mbps 2,560円 2,700円(+140円) 3,260円(+700円)
FREETEL SIM(6段階定額) 10GB 225Mbps 2,470円 2,610円(+140円) 3,170円(+700円)
NifMo 10GB 150Mbps 2,800円 2,950円(+150円) 3,500円(+700円)
ワイヤレスゲートSIM 10GB 225Mbps 5,084円 5,084円(無料) なし

さらに詳しい高速通信容量10GBプランの比較はこちらにまとめています。
格安SIMの10GB以上プランを比較

1GBプラン、3GBプラン、5GBプラン、10GBプランの月額料金を比較した結果は、容量3GBのデータSIM(SMSなし)、データSIM(SMSあり)、通話SIM、容量5GBの通話SIM、容量10GBの通話SIMでDTI SIMのプラン料金が最安でした。
通信費をできるだけ安くおさえたい人にDTI SIMはおすすめできる格安SIMです。

これまでの格安SIMでは、料金の安いプランが現れては業界最安値を宣言しているDMM mobileがさらに安い料金にする値下げ競争が繰り返されて来ました。ユーザーにとってはありがたい状況でしたが、DTI SIMのいくつかのプランが発売から数ヵ月経っても最安をキープしていることから、値下げ競争は終わりを告げたようです。(DMM mobileでは原則として3営業日以内に値下げを決定・発表すると以前は言っていました。)
DMM mobileの業界最安値水準挑戦宣言は「他社様が同等のプランにてDMM mobileより安値で提供する場合、DMM mobileは他社様よりさらにお安い価格でご提供することに挑戦いたします」との宣言でしたが、同時に「原価を割らない限りは」となっていたので、DTI SIMの一部プランはDMM mobileの原価を割ったということでしょう。

続いて、高速通信容量の追加購入(追加チャージ)の料金も見てみましょう。

DTI SIMの容量チャージ料金の500MBあたり380円、1GB(1000MB)あたり600円は、格安SIMのなかで安い料金です。DMM mobileの1000MB(繰り越しなし)あたり480円はかなり安くこの料金には負けてしまいますが、DTI SIMも競争力のある料金設定となっています。容量チャージはプランの容量を使い切った月の後半にすることがおおいので、DTI SIMが翌月以降に繰り越しできない点はマイナスポイントです。

  追加チャージ料 有効期限
DTI SIM 500MB:380円
1000MB:600円
購入月の末日まで
mineo 100MB:150円 購入月の翌月末まで
DMM mobile 100MB:200円
500MB:600円
1000MB:1,100円
1000MB(繰り越しなし):480円
繰り越しなしは購入月の末日まで
それ以外は購入月から3ヵ月後の末日まで
IIJmio 100MB:200円 購入月から3ヵ月後の末日
楽天モバイル 100MB:300円 購入翌月から3カ月間
BIGLOBE SIM 100MB:300円 利用期限なし
b-mobile 100MB:300円
500MB:1,200円
最大利用期間90日
U-mobile 100MB:300円
500MB:500円
1GB:800円
購入月の末日まで
ワイヤレスゲートSIM 200MB:500円 購入した月を1か月目として起算し、6か月目の末日まで
OCN モバイル ONE 500MB:500円 申し込み月から3ヵ月後の月末まで
NifMo 500MB:900円
ASAHIネット LTE 500MB:500円(通話SIMのみ) 購入月の末日まで
インターリンクLTE SIM 24時間:540円 購入から24時間
FREETEL SIM なし

DTI 光×SIM セット割

DTIの光回線サービス「DTI 光」と格安SIMカードサービス「DTI SIM」の2つをまとめて利用すると毎月の料金が200円割引きになります。どのプランも格安SIMで最安級のDTI SIMがさらに安く利用できるお得なサービスです。光回線サービスも提供しているDTIならではの割引きで、同じくプラン料が最安級のDMM mobileにはまねできない割引きです。DTI 光の月額料金は下記になります。

・DTI 光 ファミリー 月額4,800円
・DTI 光 マンション 月額3,600円

スマイルモールのポイント500円分を獲得

スマイルモールとは、ショッピング・資料請求・無料会員登録・アンケートなどの掲載されているサイトを利用するたびに、現金やギフトカードに交換(1ポイント=1円)できるスマイルポイントが貯まるポイントサイトです。
スマイルモールはDTI SIMユーザー以外の誰でも無料登録だけで利用できるサービスですが、DTI SIMの契約と同時にスマイルモールに入会して、かつスマイルモールのショップを1ヵ月以内に利用すると500スマイルポイント(=500円)がもらえます。また、すでにスマイルモールの会員がDTI SIMを契約した場合も500スマイルポイントがもらえます。

法人会員制クラブDTI Club Offへの入会特典

DTI SIMを契約すると法人会員制クラブの「クラブオフ」に無料で入会できます。
DTIのクラブオフ「DTI Club Off」は、国内の宿、レジャー・日帰り湯、ホテルレストラン、グルメ・レストラン、映画、エンターテイメント、海外ホテル、ツアー・航空券、レンタカー、クルマ購入、スポーツ、育児サービス、介護サービス、ショッピング、ライフサポート、住宅サービス、学ぶ、ビジネスサポートが、DTI会員限定の特別優待価格で利用できるサービスです。

DTI会員限定の特別優待価格の例

レジャー系
・東京ジョイポリス パスポート引換券(入場+アトラクション乗り放題) 大人(18歳以上) 3,900円 → 2,500円
・志摩スペイン村パルケエスパーニャ パスポート 大人(18才~59才) 5,300円 → 4,550円
・富士急ハイランド フリーパス 大人(18才以上) 5,200円 → 4,800円
・サンシャイン水族館 入場料 大人(高校生以上) 2,000円 → 1,800円
・横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾーツパス(水族館4施設パス) 大人・高校生 3,000円 → 2,400円
・鴨川シーワールド 入園料 高校生以上 2,800円 → 2,400円
・富士サファリパーク 入園料 高校生以上 2,700円 → 2,400円
・東武動物公園 入園料 中学生以上 1,700円 → 1,400円

ホテルレストラン系
・ザ・ペニンシュラ東京 ステーキ&グリル「Peter」 月~土 5,980円相当 3品ランチコース 3,800円
・大阪東急REIホテル(旧 大阪東急イン) リトルモンスター 大人 土日祝限定 ランチブッフェ 1,646円 → 1,250円
・帝国ホテル東京 パークサイドダイナー ランチ・ディナー特別メニュー 6,000円~7,500円相当 3,800円

グルメ・レストラン系
・ドミノ・ピザ ご注文金額より15%OFF
・上島珈琲店 お会計金額10%OFF
・東方見聞録・月の雫・黄金の蔵・吉今・金の蔵Jr. 飲食代10%OFF

映画系
・イオンシネマ 映画鑑賞券一般1,800円 → 1,300円
・MOVIX&松竹系映画館 映画鑑賞チケット一般1,800円 → 1,300円
・109シネマズ&ムービル共通チケット一般1,800円 → 1,300円
・T・ジョイ専用劇場 映画鑑賞チケット一般1,800円 → 1,300円

エンターテイメント系
・コミック&インターネットカフェ ゆう遊空間 ネットカフェ施設利用料 30%OFF  パック料金 10%OFF
・ビッグエコー カラオケ室料一般 平日30%OFF 金土日祝前日20%OFF
・北海道日本ハムファイターズ S指定席(内野/1塁) 3/29 5,500円 → 5,000円 C指定席(内野おとな/1塁) 3/29 3,000円 → 2,000円

などなど…ここで紹介したのはごく一部でほかにもたくさんの割引きがあります。DTI SIMを契約したら積極的に利用しましょう。

『DTI SIM』半年タダでお試し!キャンペーン

DTI SIMでは2015年12月18日から、『DTI SIM』半年タダでお試し!キャンペーンが開催されています。
キャンペーンを利用すれば、DTI SIMの3GBプランが、データSIM(SMSあり/なし)なら6ヵ月間無料で、通話SIMなら2ヵ月間無料になります。

キャンペーン期間

2015年12月18日〜2016年1月31日 (第1弾)
2016年2月29日までキャンペーンが延長されました。(第2弾)

2016年3月31日までキャンペーンが延長されました。(第3弾)

※今回の延長がラストチャンスとの公式発表がありました。
※先着10,000名に達するとキャンペーンは終了します。

キャンペーン第1弾が想定の募集数を大幅に超える申し込みで終了して第2弾第3弾に延長されました。
いつ終了してもおかしくなく、次回は延長されるか不明です。今回でキャンペーンの終了が決定しています。興味のあるかたはなるべく早く申し込みを済ませておきましょう。

キャンペーン内容

・データプランが6ヵ月無料
・データSMSプランが6ヵ月無料
・音声プランが2ヵ月無料

キャンペーン注意事項

無料期間は、利用開始日(SIMカードの着荷日)を含む利用開始月からスタートします。

音声プランは通常、12ヵ月の最低利用期間内に解約すると違約金9,800円がかかりますが、今回のキャンペーン中に契約した音声プランは2ヵ月間の無料期間内であれば解約しても違約金はかかりません。キャンペーン無料期間が終了した3ヵ月目から12ヵ月の最低利用期間がスタートします。

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの悪い評判

3日(72時間)制限までの規定値が厳しい

3日制限は、3日(72時間)の通信量が一定量の基準値を超えると通信速度が遅くなる制限です。回線の混雑を防ぐためのもので多くの格安SIMにこの制限がもうけられています。

DTI SIMの3日制限は制限までの基準値がプラン別に2種類あって、1GBプランは366MBまで、3GBプラン、5GBプラン10GBプランは1GBまでとなっています。数ある格安SIMのなかでもDTI SIMの3日制限は厳しい制限と言えます。

低価格の月額料金でDTI SIMとライバル関係のDMM mobileは225Mbps高速通信時の3日制限は一切なく、200kbpsの低速通信時のみ3日制限があるだけとなっていて、DTI SIMに比べると緩めの制限です。

3.1GBプランが540MB、5GBプランが1GB、10GBプランが1.7GBで3日制限がかかる楽天モバイルと並んで、DTI SIMはユーザーには辛い制限を設定しています。

DTI SIMでは連続する2日間で、3日制限までの規定値の7割を超えるとアラートメールで知らせてくれるので、メールが来たら利用を控えめにして制限を回避することもできます。
・366MB×70%=256.2MB
・1GB(1000MB)×70%=700MB

  3日制限内容
DTI SIM 会員が、当社所定の基準(以下に記載します。)を超過したトラフィック量を発生させることにより、本サービス用に使用する設備に過大な負荷を生じさせる場合その他その使用若しくは運営に支障を与える場合には、帯域の切替えによる通信の制御を行うことがあります。 帯域切替対象となる利用量(上り・下り合計):連続する3日間において合計366MB(1GBプラン)、または1GB(3GBプラン・5GBプラン・10GBプラン)
SIMカードごとに、通信量が上記の既定値を超えた場合、通信速度が遅くなることがあります。(200kbps以下)
・高速通信時の3日制限:あり(1GBプラン:366MB/3日、3GBプラン:1GB/3日、5GBプラン:1GB/3日、10GBプラン:1GB/3日)
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:200kbps
DMM mobile SIMカード毎に、高速通信超過時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
直近3日間(当日を含まない)の通信量の合計が366MBを下回るまで制限が続く場合があります。
・高速通信時の3日制限:なし
・低速通信時の3日制限:あり(366MB/3日)
・3日制限後の通信速度:非公開
mineo ドコモプラン:3日間制限なし
・高速通信時の3日制限:なし
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:−
IIJmio SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が規定値(3日あたり366MB)を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
・高速通信時の3日制限:なし
・低速通信時の3日制限:あり(366MB/3日)
・3日制限後の通信速度:非公開
楽天モバイル 各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。
・高速通信時の3日制限:あり(3.1GBプラン:540MB/3日、5GBプラン:1GB/3日、10GBプラン:1.7GB/3日)
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:非公開
OCNモバイルONE 3日間制限なし
ネットワークの輻輳状態が継続される事を避けるため、輻輳制御を行う場合があります。
・高速通信時の3日制限:なし
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:−
NifMo 直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:500MB→650MB以上、5GBプラン:800MB→1,100MB以上、10GBプラン:1,200MB→2,200MB以上)を設定しており、通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限させていただきます。
直近3日間の通信量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。
・高速通信時の3日制限:あり(3GBプラン:650MB/3日、5GBプラン:1,100MB3日、10GBプラン:2,200MB/3日)
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:200kbps
BIGLOBE SIM 以下の特にご利用の多いお客さまに対して、通信速度を制限する場合があります。
―音声通話スタートプラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が120MB→200MB以上
―エントリープラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MB→600MB以上
ライトS以上のプランの3日間の通信量制限は撤廃。無制限。
・高速通信時の3日制限:なし/あり(音声通話スタートプラン:200MB/3日、エントリープラン:600MB/3日、ライトSプラン:無制限、12ギガプラン:無制限) 
・低速通信時の3日制限:なし
・3日制限後の通信速度:非公開

MNP転出手数料が2,000円高い

DTI SIMから電話番号そのままで他社へMNP乗り換えする場合にはMNP転出手数料5,000円がかかります。主要格安SIMのMNP転出手数料は3,000円が多いので、DTI SIMは2,000円高くなっています。
DTI SIMの音声プランは月額料金が最安のプランが多くて魅力的なのですが、電話番号を使い続けたいユーザーは安さだけに飛びついてしまうと他社へMNPする時にMNP転出手数料が高くつくので気をつけましょう。

  MNP転出手数料
DTI SIM 5,000円
IIJmio 3,000円
OCN モバイル ONE 3,000円
DMM mobile 3,000円
mineo 2,000円
楽天モバイル 3,000円

音声プランに12ヵ月の最低利用期間がある

DTI SIMの音声プランにはSIMカードの着荷日を含む月から12ヵ月後の末日までの最低利用期間があり、期間内に解約をすると契約解除料9,800円が発生します。このように最低利用期間がもうけられていると契約をする際のハードルとなってしまいます。

DTI SIM以外の格安SIMでもまだまだ最低利用期間のある格安SIMが多数派ですが、mineoのように最低利用期間と解約違約金を撤廃する格安SIMもあらわれ始めています。

225Mbps高速通信と200kbps低速通信の切替えができない

現在発売中の主要な格安SIMの多くには高速/低速通信の切替え機能があり、無料で利用できます。DTI SIMには高速/低速通信の切替え機能がありません。

高速通信と低速通信の切替え機能がある格安SIMでは、アプリや会員サイトから高速/低速切替えができます。低速通信時は通信速度が最大200kbpsまで制限されますが、低速状態でも利用できることは想像以上にたくさんあります。低速通信でもできることに高速通信を消費しないことで容量の節約が可能です。

・Yahoo! Japanトップページ
・Gmail
・LINEのトーク
・LINEの無料通話
・Twitter
・Facebook
・EVERNOTE
・radiko

などは高速通信時より数秒時間がかかったりと多少の不便はありますが、ほぼ問題なく利用することができます。YouTubeやHuluなど動画の再生は低速通信では厳しいです。

200kbps低速通信で利用した時の詳しい通信状態は以下にまとめています。
200kbpsでできること・できないことまとめ

残念ながらDTI SIMには高速/低速切替え機能がありませんので注意しましょう。

余った高速通信容量を翌月に繰り越しできない

DTI SIMはプランの高速通信容量が使い切れずに余っても翌月へ繰り越すことができません。また容量を使い切った時に追加購入できる容量チャージも翌月への繰越はできません。どちらもその月に使い切らないと無駄になってしまいます。

人気格安SIMのmineoでは余った容量を翌月へと繰り越せるだけでなく、家族や友人にプレゼントすることもできます。もちろん容量が足りない時にはもらうことも可能です。DTI SIMにも今後の対応を期待しましょう。

解約時にSIMの返却を忘れると、SIMカード紛失手数料3,000円が請求される

DTI SIMでは解約時にSIMカードの返却が必須となっています。

解約手続きはMyDTI(会員情報・お手続き)からおこないます。解約したい月の25日までに手続きを完了させます。
解約手続きの完了後もSIMカードは末日まで利用でき、その後SIMカードの返却手続きが必要になります。

解約完了後のSIMカードは、DTI SIMから送付される「返却キット」に入れて以下の住所へと返送します。
〒847-0083
佐賀県唐津市和多田大土井4740-1 フリービット株式会社内
株式会社ドリーム・トレイン・インターネット カスタマーサービス行

返却期限は解約成立日の翌々月の25日まで。ただし25日が土日祝日および当社指定の休日の場合は、その前日までと決まっています。

またデータプランから音声プランなど、プラン変更をともなうSIMカードの交換をした時にもSIMカードが返却で、期限内に返却をしないとSIMカード紛失手数料3,000円がかかってしまいます。

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの通信速度

2015年2月の通信速度の測定結果

測定場所:東京23区内
8時台、12時台、18時台、22時台それぞれの時間帯に3回計測して、平均値を掲載しています。

  ダウンロード速度
8時台 5.22Mbps
12時台 6.95Mbps
18時台 5.17Mbps
22時台 4.81Mbps

DTI SIMは朝、昼、夕方、夜の1日を通して安定した速度を維持しています。キャンペーンによる利用者の増加で回線が混雑して速度の低下を心配する声がありますが、現状の速度測定結果を見る限り、利用者の増加に対応してしっかりと回線増強が実施されていることが確認できます。

公式サイト:DTI SIM

DTI SIMの対応端末

docomoから発売されているスマートフォン(OS android)は、DTI SIMでほとんど利用OKです。

iPhoneは以下の機種がDTI SIMの公式サイトで動作確認されています。動作確認は公式サイト上部の「動作確認済み端末」をクリックしてチェックできます。ただしOSのバージョンがiOS 7.xだとテザリング機能が利用できません。

機種名 SIMカードサイズ OS
iPhone 5c(docomo版) nano iOS7.1.2
iPhone 5c(docomo版) nano iOS8.4.1
iPhone 5s(docomo版) nano iOS7.1.2
iPhone 5s(docomo版) nano iOS8.4.1
iPhone 6(docomo版) nano iOS8.4.1
iPhone 6 Plus(docomo版) nano iOS8.4.1
iPhone 6s(docomo版) nano iOS9.0.1
iPhone 6s(SIMフリー版) nano iOS9.2
iPhone 6s Plus(docomo版) nano iOS9.0.1

SIMフリーは、周波数帯(バンド)が2.1GHz帯(バンド1)、800MHz帯(バンド19)の2つに最低限対応している機種を選びましょう。スマートフォンなどの対応周波数帯(バンド)は購入時の販売ページなどで確認できます。

公式サイト:DTI SIM

SarvarsMan SIM LTE、TONEトーンモバイル、freebit mobileとDTI SIMの関係

DTI SIMと関係性のある格安SIMにSarvarsMan SIM LTE、トーンモバイル、freebit mobileの3つがあります。
現在DTI SIMを運営している株式会社ドリーム・トレイン・インターネットは、2015年9月30日までSarvarsMan SIM LTEを運営していました。SarvarsMan SIM LTEは、2015年10月1日にスマートフォン事業のfreebit mobileを展開するのフリービット株式会社とTUTAYAやTポイントを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が業務・資本提携して誕生したTONEのトーンモバイル株式会社へとサービス移管されました。

まとめ

DTI SIMは格安SIM・スマホ業界最安級のプラン料金が何よりもユーザーの評判が高いポイントです。また、現在開催中の最大半年無料になるキャンペーンがお得なのは言うまでもありません。

一方、機能やサービス面に目を向けてみると、高速通信のON/OFF切り替えができない点や、余った容量を翌月に繰り越しできない点などがもの足りなく、まだまだ改善の余地があるのは事実です。DTI SIMは、2015年9月17日に誕生した新しい格安SIMなので、今後の進化に期待しましょう。
高速通信のON/OFF切り替えや、余った容量の翌月繰り越しが本当に必要かどうかは個人差があると思います。容量が余らないユーザーに翌月繰り越しは必要ないですからね。申し込み前には一度じっくりと自分にはどの機能が必要かを考える時間が必要です。

はじめて格安SIMを使うので自分に必要な機能やサービスがわからないなら、DTI SIMのキャンペーンの無料期間を利用して、格安SIMを実際に体験してみてはどうでしょうか。無料期間中に解約すれば、契約から12ヵ月間の最低利用期間の解約に必要な音声プランの解約手数料も免除してくれて、本当に何のリスクもなくお試しできます。このチャンスに是非、格安SIMに挑戦してみましょう。

公式サイト:DTI SIM

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする