hi-ho LTE typeDの初期費用、初月無料と初月日割り

hi-ho LTE typeDの初期費用は3,000円。

初月の月額料金に関しては、初月のプラン月額料金は無料、初月のSMS機能対応SIM月額料金も無料、初月の音声通話対応SIM月額料金は日割り、高速データ通信量も日割りになります。

hi-ho LTE typeD 初期費用 初月の月額料金
3,000円 プラン月額料金 初月無料
SMS月額料金 初月無料
音声通話月額料金 初月日割
高速データ通信量 初月日割

hi-ho LTE typeDの初期費用

hi-ho LTE SIMの初期費用は3,000円です。

申し込みページからプランを選択して必要事項を入力していくとSIMの契約ができます。SIMの契約が完了すると初期費用の支払いが確定します。初期費用は着荷予定日を含む月の料金として支払います。

初期費用は他社の格安SIMでも必要なのか、3,000円という金額は他社の格安SIMより高いのかを比較して検証してみたいと思います。

■格安SIMの初期費用比較表

事業者 初期費用
hi-ho LTE typeD 3,000円
DMM mobile 3,000円
OCNモバイルONE 3,000円
IIJmio 3,000円
楽天モバイル 3,000円
NifMo 3,000円
BIGLOBE LTE・3G 3,000円

初期費用の比較するために、hi-ho LTE typeDとDMM mobile、OCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gの人気格安SIMの初期費用をまとめました。

結果、hi-ho LTE typeD以外でも今回まとめた全ての格安SIMで初期費用が必要で、金額の3,000円も妥当な金額でした。

hi-ho LTE typeD SIMは初月無料?初月日割り?

hi-ho LTE typeD 初月の月額料金
初月無料

hi-ho LTE SIMでは初月のプラン月額料金が無料になります。何日に契約をしても最大で1ヵ月分のプラン月額料金が無料で利用できます。

プラン以外にも月額料金は掛かりますが、初月無料となるのはプラン月額料金とSMS機能対応SIMの月額料金です。音声通話対応SIMの月額料金は利用日数に応じた日割計算をした金額を支払います。

初月のプラン月額料金が無料になるのに伴い、高速データ通信(バンドルチャージ)の容量は日割計算での付与となります。

hi-ho SIMでは契約時のSIM着荷予定日が課金起算日となります。プラン月額料金とSMS機能対応SIMカード月額料金は課金起算日が含まれる月が無料になります。音声通話対応SIMの月額料金は課金起算日から月末までの期間を日割計算します。

■hi-ho LTE typeDのプラン月額料金

プラン(容量) 月額料金
エントリー(2GB) 770円
ミニマムスタート(3GB) 933円
ミニマムスタート1年パック割(3GB) 10,000円
アソート(3GB)
※SIMカード最大3枚まで利用可能
※組み合わせ自由
1,409円
ファミリーシェア(10GB)
※SIMカード最大3枚まで利用可能
※組み合わせ自由
2,838円

※SMS機能対応SIM 140円
※音声通話対応SIM 700円

上記のプラン月額料金とSMS機能対応SIMが初月無料で、音声通話対応SIMは初月日割りです。

12ヵ月分の月額料金を先払いする1年パック割では、契約時のSIM着荷予定日の課金起算日が含まれる月の翌月が1ヵ月目になります。

初月の月額料金を無料にしてくれることは、利用者にとって非常にメリットのある有り難いことだと思います。このサービスは、hi-ho LTE SIMだけのメリットなのでしょうか。他の格安SIMでも無料になるのでしょうか。先程と同じように比較検証してみたいと思います。

■格安SIMの初月プラン月額料金比較表

事業者 無料/日割り/全額
hi-ho LTE typeD 無料
DMM mobile 日割り
OCNモバイルONE 無料
IIJmio 日割り
楽天モバイル 無料
NifMo 無料
BIGLOBE LTE・3G 無料

初期費用の時と同様に、初月プラン月額料金を比較するためにhi-ho LTE typeDとDMM mobile、OCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gの人気格安SIMの初月月額料金をまとめました。

初月のプラン月額料金が無料になる格安SIMにはhi-ho LTE typeD、OCNモバイルONE、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gがありました。

初月のプラン月額料金を日割計算する格安SIMにはDMM mobileとIIJmioがありました。

無料の方が日割りよりもメリットが大きいので、初月のプラン月額料金についてはhi-ho LTE typeDはメリットの大きい方法を採用しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする