LINEモバイルのカウントフリーの通信速度はどれくらい?

・LINEモバイルのカウントフリー(LINE・Twitter・Facebook・Instagram)では、ドコモのLTE高速データ通信が利用できます。
・LINE MUSICの楽曲の視聴及びダウンロードの利用については、音楽が快適に利用できる範囲で独立の速度設定がされています。
・大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信が制限される場合があります。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイル カウントフリーの通信速度とは

LINEモバイルのカウントフリーでは、対象サービス(MUSIC+プランでいえば、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)のデータ通信量がカウントされません。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

LINEモバイルはdocomoのネットワークを利用しています。docomoと同じエリアをカバーしています。北海道から沖縄まで全国のエリアでLTEの高速データ通信が利用できます。

LINEモバイルの各プランは月間の高速データ容量が決まっています。

カウントフリー対象サービスを除いて、高速データ通信残量が無くなると、通信速度が落ちます。通信速度の上限が最大200kbpsに制限されます。

最大200kbpsの速度制限は解除できる

通信速度が最大200kbpsに制限されてしまったら、高速データ容量の追加購入が可能です。値段は、0.5GBが500円、1GBが1,000円、3GBが3,000円となっています。追加購入したデータの有効期限は購入した翌月の末日までとなります。

高速データ容量の追加購入の値段は割高なので、追加購入する月が続くなら、高速データ容量の変更をおすすめします。

LINEモバイルでは高速データ容量の変更が可能です。変更はマイページから手数料無料で申し込みできます。申し込みの翌月1日より適用されます。

LINE MUSICを利用する際の通信速度

MUSIC+プランでカウントフリー対象サービスとなるLINE MUSICについては、ほかのカウントフリー対象サービスとは別途、独自の速度設定があります。
LINE MUSICの楽曲の視聴及びダウンロードの利用については、音楽が快適に利用できるる範囲で独立の速度設定がされています。楽曲の視聴及びダウンロードを利用中でも、他の通信も安定して利用できます。具体的な速度設定は非公表です。ストリーミングは問題なく利用できます。

LINEモバイル カウントフリーの速度制限とは

カウントフリー対象サービスは、高速データ通信残量が無くなっても、通信速度が落ちません。高速データ通信することができます。

ただし、帯域を長時間占有するなど他のユーザーの迷惑となる利用の場合、カウントフリーの対象になる通信についても制限される場合があります。
LINEモバイルのカウントフリーに通信量の制限はありますか?

制限された速度でカウントフリー対象サービスは使える?

カウントフリー対象サービスの通信速度が制限された場合でも、制限された速度であれば、対象サービスに接続できます。

速度がどの程度まで制限されるかは非公表となっていますが、最大200kbpsに制限されると仮定した場合、LINE・Twitter・Facebookは、それなりに利用できます。

通信速度が最大200kbps以下に制限された状態でLINE・Twitter・Facebookを利用した感想は下記のとおりとなります。

LINE
・問題なし
・全くストレスない
・スタンプも余裕

Twitter
・ほとんど問題なしだが…
・ツイートの取得にやや時間かかる
・画像の表示にやや時間かかる

Facebook
・ほとんど問題なし
・画像の表示にやや時間かかる
200kbpsでできること・できないこと

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする