LINEモバイルはLINEのID検索と年齢確認(認証)ができます!手順と注意点は?

このページでは格安SIMでは通常できないLINEのID検索と年齢確認(認証)を、LINEモバイルで実施する手順を解説しています。

LINEモバイル以外の格安SIMは年齢確認(認証)もID検索もできない
  ・LINEのID検索とは
  ・LINEの年齢確認とは
LINEモバイルなら年齢確認(認証)もID検索もできる
LINEモバイルなら電話番号検索もできる
LINEモバイルならデータ通信専用SIMでも年齢確認(認証)とID検索ができる
LINEモバイルならではのメリット(LINEの年齢認証機能とID検索以外)
ID検索できない18歳未満のLINEモバイル契約者が友だち追加する手段
LINEモバイル契約者がLINEの年齢確認(認証)する手順
  ・利用コードの取得手順
  ・年齢確認の手順

キャンペーン情報

#ぜーんぶゼロキャンペーン実施中!
1.月額基本利用料ゼロ円キャンペーン
2.10分電話かけ放題オプション初月無料キャンペーン
3.Wi-Fiオプション最大3カ月無料キャンペーン
4.ウイルスバスターオプション最大3カ月無料キャンペーン

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイル以外の格安SIMは年齢確認(認証)もID検索もできない

LINEのID検索とは

ID検索は友だちを追加する手段の1つです。

友だちに追加したい相手がLINE IDを設定していて、他の人がLINE IDを検索して友だち追加することを許可している場合、あなたがID検索を使って相手を探し、友だちに追加できます。

電話番号を知らない相手であっても、LINE IDを教えてもらえば友だちに追加できます。

LINE IDは自分で設定できます。半角英数字20文字以内です。他のユーザーが使用しているIDは設定できません。

LINEのID検索では18歳未満の方の利用が制限されています。青少年を犯罪やトラブルから保護するためです。
利用者が18歳未満か18歳以上かを判断するために、年齢確認をする必要があります。

LINEの年齢確認とは

年齢確認はLINEが通信事業者に契約者の年齢情報を照会する仕組みになっています。

現時点ではドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアのSIMカードしかLINEの年齢確認が実施できません。基本的に格安SIMはLINEの年齢確認に対応していません。

LINEモバイルなら年齢確認(認証)もID検索もできる

LINEモバイルは契約時に年齢確認をしているため、LINEの年齢確認を実施することができます。

LINEの年齢確認ができるので、18歳以上の方ならID検索ができます。

相手のLINE IDをID検索することと、自分のLINE IDをID検索されることが可能になります。

LINEモバイルなら電話番号検索もできる

バージョン5.6.0から追加されたLINEの電話番号検索も、年齢確認が必要となっています。

LINEモバイルならデータ通信専用SIMでも年齢確認(認証)とID検索ができる

LINEモバイルならSMS機能が付いていないデータ通信専用のSIMカードであっても、SMS認証なしでLINEのアカウントを作ることができます。もちろん年齢確認とID検索も使用できます。

LINEアカウントはFacebook認証でも作成できますが、LINE out、LINE STORE、アドレス帳からの自動登録、友だちへの追加を許可などの一部機能が制限されます。

LINEモバイル(SMSなし)でLINEアカウントを作成した場合は、電話回線を使用するLINE outを除いて、すべての機能が利用できます。

SMS機能が付いていないデータ通信専用のプランは「LINEフリープラン データ通信 1GB」のみとなっています。
【関連】LINEモバイルでSMS・ショートメールを使用する際の注意点とは?

他社の格安SIMでは使用できないID検索と電話番号検索が使用できる点は、LINEモバイルを申し込みする大きなメリットとなっています。
【関連】LINEモバイルの申し込みが一番お得になるタイミングは何日ですか?

LINEモバイルならではのメリット(LINEの年齢認証機能とID検索以外)

ここでLINEモバイルならではのメリットを紹介したいと思います。

・カウントフリーでデータ通信量を30%節約
LINEモバイルは、LINEや主要SNSのデータ通信量を消費しないため、データ通信量を節約することができます。申し込みするプランによってデータ通信量を消費しない主要SNSは異なります。
【関連】LINEモバイルのカウントフリー絶対にやってはいけない注意点とは?

・データ通信量は家族・友だちとシェア
LINEモバイルを使っている家族や友だちに、あなたのデータ通信量をLINEアプリでプレゼントすることができます。
【関連】LINEモバイルのデータプレゼントとは?やり方・注意点まとめ!

・LINEの年齢認証機能・ID検索に対応
これまでにこのページで紹介してきたメリットです。

・LINEポイントが貯まる
月額基本利用料の1%分のLINEポイントが貯まります。貯まったポイントは、LINEスタンプなどのLINEアプリ内コンテンツを購入したり、LINE PayやAmazonギフト券などに交換することができます。LINEモバイル公式アカウント内で契約者連携が必要です。

・初月の月額基本料無料
LINEモバイルでは利用開始日が含まれる月は、プランの月額基本利用料が最大31日間無料です。月間データ通信量は開通日に全部もらえるので、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランを申し込みする方は、月間データ通信量が一番大きい10GBで申し込みすることをおすすめします。LINEフリープランは選択できる月間データ容通信が1GBのみです。ただし利用開始月は初期費用が発生します。
月間データ通信量10GBで申し込みした方は、月末最終日までに希望の月間データ通信量にプラン変更手続きしてください。初月無料の期間が終了し、通常の月額基本利用料が発生する翌月1日から、変更後のプランが適用されます。使い切れなかった月間データ通信量は翌月へ繰り越しできます。逆に足りない場合はデータ通信量の追加購入(チャージ)ができます。
【関連】LINEモバイルは初月無料(例外あり)!10GBからプラン変更はいつできますか?

ID検索できない18歳未満のLINEモバイル契約者が友だち追加する手段

18歳未満のLINEモバイル契約者はID検索ができません。ID検索以外にも友だち追加する手段はあります。
・「QRコード」で友だち追加する
・「超音波」「Bluetooth」で友だち追加する
・「URLを共有」して友だち追加する
・「ふるふる」で友だち追加する
・「知り合いかも?」から友だち追加する
・「グループメンバー」から友だち追加する
・「友だち自動追加(電話帳)」から友だち追加する

LINEモバイル契約者がLINEの年齢確認(認証)する手順

LINEの年齢確認をする前に、まずはLINEモバイルで「利用コード」を取得します。

利用コードの取得手順

1.LINEモバイルのマイページにログインします。
2.画面上部の[データ残量]ボタンを押して[契約情報]ページを開きます。
3.利用コード[再発行する]ボタンを押すと利用コードが表示されるのでコピーします。

続けて、LINEの年齢確認を実施します。

年齢確認の手順

1.LINEアプリを起動し、画面下部メニューアイコンから[その他]を開きます。
2.右上の設定マークを押して[年齢確認]を開きます。
3.ポップアップメニューが出るので[LINEモバイルをご契約の方]を選択し、先ほどコピーした利用コードを貼り付け[次へ進む]ボタンを押します。
4.年齢認証結果が[ID検索可]に変わったら、年齢認証が完了です。

年齢認証を完了させたあとは、LINEモバイルの公式アカウントで利用者連携をしましょう。

利用者連携することで、LINEモバイルに関する質問をLINE上で行えたり、LINE上で簡単にデータ残量や利用データ量が確認できたり、家族や友だちにデータプレゼントができるようになります。

年齢確認のために利用コードを発行すると利用者連携が解除されます。既に利用者連携を完了している方もあらためて連携を行なってください。

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする