LINEモバイルでSoftBank版のiPhoneは利用できる?テザリングは可?

・LINEモバイルではソフトバンク版iphoneが利用できます。
・ソフトバンクに依頼して、端末のSIMロックを解除する必要があります。
・テザリング接続も利用できます。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイルで動作確認済みのソフトバンク版iPhone

ソフトバンク版iPhoneには、LINEモバイルのSIMカードが使用できます。

LINEモバイルの調査で動作確認がされているソフトバンク版iPhoneを見てみましょう。

端末名 SIMサイズ 動作確認 動作環境iOS
iPhone SE A1723 SoftBank版 nanoSIM データ通信:○
音声通話:○
テザリング:○
iOS 10.3.3
iPhone 7 Plus A1785 SoftBank版 nanoSIM データ通信:○
音声通話:○
テザリング:○
iOS 10.3.3
iPhone 7 A1779 SoftBank版 nanoSIM データ通信:○
音声通話:○
テザリング:○
iOS 10.3.3
iPhone 6s Plus A1687 SoftBank版 nanoSIM データ通信:○
音声通話:○
テザリング:○
iOS 10.3.3
iPhone 6s A1688 SoftBank版 nanoSIM データ通信:○
音声通話:○
テザリング:○
iOS 10.2.1

ソフトバンクで購入したiPhoneをLINEモバイルで使用する場合、端末のSIMロックを解除する必要があります。

iPhoneにSIMロックをかけているのは、販売元のソフトバンクです。したがって、SIMロックの解除は、ソフトバンクに依頼します。

LINEモバイルに依頼しても、SIMロックは解除できません。契約する前にiPhoneのSIMロックは解除しておきましょう。

ソフトバンクにおけるSIMロック解除の手続きは後ほど紹介します。

iPhone 6以前のソフトバンク版iPhoneは、SIMロック解除が許可されていないため、LINEモバイルで使用できません。

iPhone 6s以降のソフトバンク版iPhoneでは、すべての機種でテザリング接続の利用が可能となっています。なお、SIMフリー版iPhone、ドコモ版iPhone、au版iPhoneでも、テザリング接続ができます。
LINEモバイルとiPhoneの組み合わせはテザリングできますか?

また、Android端末の場合、テザリング接続できない機種もあります。
LINEモバイルとAndroid端末の組み合わせはテザリングできますか?

LINEモバイルの特徴に、LINEやTwitterなどのデータ通信量をカウントしない”カウントフリー”があります。
LINEモバイルのカウントフリーとは?
テザリング接続での使用中もカウントフリーの対象になります。
LINEモバイルのテザリングはカウントフリーの対象になりますか?

ソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除手続き

ソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除手続きは、「My SoftBank(オンライン)」または「ソフトバンクショップ」にておこないます。

手続きの申し込みができるのは、購入履歴がある契約者本人に限られます。

LINEモバイルで利用可能なiPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus(2015年5月以降に発売された機種)は、ソフトバンクからの購入日より101日目以降にSIMロック解除が可能となります。購入日より100日目までは解除の手続きができません。
※2017年12月1日(金)より、一括払いで購入したiPhoneは、一括払いの支払確認後よりSIMロック解除の手続きが可能になります。

ソフトバンクの通信サービスを解約済みのiPhoneのSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済みのiPhoneのSIMロック解除の手続きは、契約していた本人に限り可能です。

My SoftBank(オンライン)での手続きの手数料は無料です。

・SIMロック解除手続き方法
1.SIMロック解除をする携帯電話番号でMy SoftBankにアクセス
2.SIMロック解除をする端末の製造番号(IMEI番号)を入力し「次へ」を選択
3.製造番号(IMEI番号)の確認方法は
4.製造番号(IMEI番号)と機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択
5.SIMロック解除キー発行完了

・SIMロック解除手続き後に機種本体からSIMロック解除する方法
1.LINEモバイルで発行したUSIMカードを機種に挿入し電源をONにする
2.ネットワークに接続するとSIMロック解除が完了

ソフトバンクショップでの手続きの手数料は3,000円です。

「iPhone端末」、「運転免許証やパスポートなどの本人確認書類」、「SIMロック解除手数料 3,000円」の3点を準備して、ソフトバンクショップで手続きをします。

ソフトバンク版iPhoneの故障に備えた保証サービス

LINEモバイルには、ソフトバンク版iPhoneの故障に備えて、持込端末保証オプション(月額500円)があります。通信サービスの新規契約時にのみ加入できるオプションです。契約後は加入できません。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は後から追加できますか?

申し込みと、保証対象とするiPhoneの端末情報を登録することで、保証を受けることができます。端末情報の登録を忘れずにおこないましょう。
LINEモバイル持込端末保証のIMEI登録とは?なぜ必要なのか?

持込端末保証オプションに加入したソフトバンク版iPhoneが故障した場合、定額の修理代金(1回目4,000円、2回目8,000円)の支払いだけで、修理することができます。保証の上限は1回5万円までです。
LINEモバイル持込端末保証に補償上限はありますか?補償はいくらまで?

契約後、ソフトバンク版iPhoneを機種変更したい場合、LINEモバイルのSIMカードを使い続けるなら、変更後の端末へと、持込端末保証オプションを引き継ぐことができます。この際は、新しい端末でIMEI登録を上書きします。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は機種変更できますか?

また、ソフトバンク版iPhoneが古くなったなど、持込端末保証オプションに加入している必要がなくなった場合は、いつでも自由に解約できます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は解約できますか?

ソフトバンク版iPhoneが加入できる保証サービスは、持込端末保証オプション以外にもあります。

「AppleCare+」は、すべてのiPhoneについている、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と、90日間の無償電話サポートの期間を、2年間に延長することができるサービスです。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。
iPhoneはLINEモバイル持込端末保証とAppleCare+どちらに加入したらいい?

「SBIモバイル保険」は、端末にトラブルが発生した時に、修理費用を、年間通算で10万円まで何度でも補償してくれるサービスです。
LINEモバイル持込端末保証とSBIモバイル保険どちらが優れている?

ソフトバンクからLINEモバイルへのMNP乗り換え

ソフトバンクをMNP転出して、LINEモバイルへMNP転入する場合、まずは、ソフトバンクでMNP予約番号を発行します。有効期限は15日間です。

受付窓口 受付時間 備考
携帯電話番号ポータビリティ(MNP)お問い合わせ窓口 午前9時から午後8時 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
ソフトバンクショップ 各店の営業時間

つぎに、LINEモバイルの申し込み画面で音声付きのプランを選択し、MNP予約番号を入力します。必要な場合は、持込端末保証オプションも申し込みます。

申し込みの時点で、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

SIMカードが届くのを待ちます。届いたら、マイページの契約情報確認にある「MNP開通申し込み」より手続きをします。

申し込み後、数分〜1時間以内で開通完了となります。申し込みしない場合も、届いた翌々日の午後以降に自動的に切り替えされます。

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする