iPhoneはLINEモバイル持込端末保証とAppleCare+どちらに加入したらいい?

  LINEモバイルの持込端末保証
(iOS端末)
アップルのAppleCare+
利用料 500円/月 12,800円〜14,800円/年
修理代金 1回目:4,000円
2回目:8,000円
画面の損傷:3,400円
そのほかの損傷:11,800円
保証期間 自然故障の場合:メーカー発売日から3年間
落下・水濡れ等の場合:解約するまで
修理サービスを2年間に延長
対象機器 ・正常に全機能が動作
・LINEモバイルのSIMカードでの通信・通話が可能
・日本国内で販売されたメーカーの正規品
・OSがAndroidかiOSの端末
・購入日から30日以内のiPhone
保証上限額 50,000円/1回
利用回数 年2回まで 最大2回まで
保証台数 1台 1台
貸出端末 あり あり

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイルの持込端末保証とアップルのAppleCare+を比較

LINEモバイルの持込端末保証は、LINEモバイル利用者で自身で端末を用意するユーザーが加入できるオプションです。

LINEモバイルには、もう一つ、LINEモバイルで端末を購入するユーザーが加入できるオプションの端末保証もありますが、LINEモバイルではiPhoneを販売していないので、iPhoneの場合はすべて持込端末保証の方に加入することになります。

LINEモバイルでは、SIMフリーもしくはdocomoで購入したiPhone、SIMロックが解除されたiPhoneであれば、利用可能です。iPhone4S以前の3G通信端末は利用できません。
LINEモバイルではドコモで購入したiphoneが利用できますか?
LINEモバイルでau版のiPhoneは使えますか?SIMロック解除は必要?
LINEモバイルでSoftBank版のiPhoneは利用できる?テザリングは可?

アップルのAppleCare+は、すべてのiPhoneについている、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と、90日間の無償電話サポートの期間を、2年間に延長することができるサービスです。
さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で最大2回まで受けることができます。
また、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した場合の交換、イヤフォンなどApple純正アクセサリの交換、故障したiPhoneと新品または新品同様の iPhoneを宅配便で交換できるエクスプレス交換サービスも利用できます。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の利用料

LINEモバイル持込端末保証の利用料は月払いの500円です。

持込端末保証に加入できるのは、通信サービス(SIMカード)の契約時のみとなります。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は後から追加できますか?
そして、保証が始まるのは、契約が成立した日の翌月からとなります。
LINEモバイル持込端末保証(自身で用意した端末)の補償開始日と支払開始日はいつから?
なお、LINEモバイルで端末を購入した場合の端末保証は、契約が成立した日から保証が始まります。両オプションの保証開始日は勘違いしないように注意しましょう。
端末保証(LINEモバイルで購入した端末)の保証開始日と支払い開始日はいつから?

一方、AppleCare+の利用料は年払いの12,800円または14,800円です。AppleCare+ for iPhone SEは年額12,800円となっていて、AppleCare+ for iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6sは年額14,800円となっています。

なお、ハードウェア製品限定保証の延長期間は1年間ですが、無償電話サポートの延長期間は1年と275日間です。

AppleCare+に加入できるのは、iPhoneの購入日から30日以内となります。iPhoneの購入日は、Appleが製品を出荷し、料金を請求した日となります。

AppleCare+は新しいiPhoneと同時に購入するか、iPhoneの購入日から30日以内にオンライン、直営店のApple Store、電話で購入できます。

LINEモバイル持込端末保証の利用料は1年間で6,000円(500円×12カ月)になります。AppleCare+の半分以下の利用料で保証に加入できます。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の修理代金

LINEモバイル持込端末保証に加入しているiPhoneが故障した場合、毎月の利用料とは別途、修理代金を支払って修理を依頼します。
修理代金は、故障の状況にかかわらず一律で1回目が4,000円、2回目が8,000円となっています。

Android端末の場合は、修理だけでなく、新品もしくはリフレッシュ端末との交換となる場合もあるのですが、iOS端末の場合、交換となることはありませんので、ご注意ください。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証のリフレッシュ端末とは?

一方、AppleCare+に加入しているiPhoneが故障した場合、年額の12,800円または14,800円とは別途、1回につき、画面の損傷は3,400円、そのほかの損傷は11,800円の修理代金がかかります。

よくあるトラブルに、iPhoneを落として画面が割れてしまうことがありますが、この場合は、LINEモバイル持込端末保証より、AppleCare+の方が安い代金で修理することができます。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の保証期間

LINEモバイル持込端末保証の保証期間は、自然故障の場合と、落下・水漏れ等の場合でことなります。
自然故障の場合、LINEモバイル契約成立日の属する月の翌月1日から、保証対象とする端末のメーカー発売月の3年後の同月末日までとなります。
落下・水濡れ等の場合、LINEモバイル契約成立日の属する月の翌月1日から、持込端末保証を解約するまでとなります。解約はいつでもできます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は解約できますか?

したがって、発売から3年以上経っているiPhoneでは、持込端末保証を契約した時から、自然故障した場合は保証で修理することはできません。
iPhoneシリーズの発売月は以下の通りです。
・iPhone 3G:2008年6月発売
・iPhone 3GS:2009年6月発売
・iPhone 4:2010年6月発売
・iPhone 4S:2011年10月発売
・iPhone 5:2012年9月発売
・iPhone 5s/5c:2013年9月発売
・iPhone 6/6Plus:2014年9月発売
・iPhone 6s/6s Plus:2015年9月発売
・iPhone SE:2016年3月発売
・iPhone 7/7Plus:2016年9月発売
・iPhone 8/8Plus:2017年9月発売

一方、AppleCare+の保証期間は、iPhoneの購入日から2年間です。
持込端末保証のような、自然故障と落下・水濡れ等での故障原因による保証期間の違いはありません。一律2年間となります。

また、AppleCare+は、新しいiPhoneと同時か、30日以内に購入するサービスなので、途中解約はできません。

ただし、Apple製品を売却、または友人や家族にプレゼントした場合は、AppleCare Protection Planの所有権も一緒に譲渡できます。

保証期間があとどのくらい残っているかは、以下のページから確認することができます。
製品の保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート

LINEモバイル持込端末保証の方が、保証期間に制限はありませんし、保証が不要になった時はいつでも解約できるので、手軽な保証となっています。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の対象機器

LINEモバイル持込端末保証の対象機器は、IMEI登録時に、画面割れやケース割れ、水濡れ等が無く正常に動作している、日本国内で販売されたメーカーの正規品のiPhoneです。
LINEモバイル持込端末保証のIMEI登録とは?なぜ必要なのか?
また、LINEモバイルのSIMカードを挿入することにより通信・通話が可能なiPhoneでなければなりません。したがって、Wi-Fiモデルの端末は保証対象外となってしまいます。

AppleCare+の対象機器は、正規品のiPhoneです。
iPhone本体、バッテリー、付属のイヤフォンとアクセサリの修理・交換サービス(部品代および技術料を含む)をApple認定技術者から受けることができます。

また、AppleCare+は、グローバルでの修理サービスを利用できます。サービスの内容は、修理を受ける国または地域で利用できる内容に限定されます。利用できるサービスの内容、部品、対応までの時間は、国または地域によって異なります。

正規品のiPhoneであれば、持込端末保証でも、AppleCare+でも、加入できます。AppleCare+の方は、世界中で修理サービスを利用できるので、ユーザーによっては利点に感じるかもしれません。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の保証上限額

LINEモバイル持込端末保証の保証上限額は1回の修理で5万円までとなっています。
LINEモバイル持込端末保証に補償上限はありますか?補償はいくらまで?

修理費用が5万円を超える場合は、修理代金(1回目4千円、2回目8千円)に加えて、5万円超過分を負担しなければなりません。

では、iPhoneが故障したら、修理にはいくらかかるのでしょうか。

下記は、Appleの公式サイトに掲載されている日本国内のiPhoneの修理サービス料金です。ただし、Appleで修理した場合の料金なので、LINEモバイル持込端末保証の修理費用とは異なりますが、参考にはなります。

・iPhone 8 Plus:19,800 円(画面の損傷のみ)、43,800 円(その他の損傷)
・iPhone 8:17,800 円(画面の損傷のみ)、38,800 円(その他の損傷)
・iPhone 7:Plus 19,800 円(画面の損傷のみ)、38,800 円(その他の損傷)
・iPhone 7:17,800 円(画面の損傷のみ)、35,800 円(その他の損傷)
・iPhone 6s:Plus 19,800 円(画面の損傷のみ)、36,800 円(その他の損傷)
・iPhone 6s:17,800 円(画面の損傷のみ)、33,800 円(その他の損傷)
・iPhone 6:Plus 17,800 円(画面の損傷のみ)、36,800 円(その他の損傷)
・iPhone 6:14,800 円(画面の損傷のみ)、33,800 円(その他の損傷)
・iPhone SE:14,800 円(画面の損傷のみ)、30,800 円(その他の損傷)
・iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5:14,800 円(画面の損傷のみ)、30,800 円(その他の損傷)
・iPhone 4s:22,800円(画面の損傷のみ)、22,800 円(その他の損傷)

一方、AppleCare+に保証上限額はありません。

画面の損傷のみの場合は3,400円、その他の損傷の場合は11,800円を支払えば、iPhoneを修理できます。

なお、画面の損傷と、画面以外の損傷がある場合は、その他の損傷の料金11,800円が適用されます。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の利用回数

LINEモバイル持込端末保証の利用回数は、年2回までとなっています。
1年で利用回数はリセットされます。

一方、AppleCare+の利用回数は、保証期間の2年間で、最大2回までとなっています。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の保証台数

LINEモバイル持込端末保証の保証台数は1台のみとなっています。

保証対象となる端末は、専用ページで新しい端末情報を登録(IMEI登録)するだけで、自由に変えることができます。
新しい端末情報を登録した時点で、それまで登録していた端末の保証は終了します。新しく登録した端末の保証は翌月1日から開始します。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は機種変更できますか?

一方、AppleCare+の保証台数も1台のみです。

保証対象となる端末の変更はできません。ただし、Apple製品を売却、または友人や家族にプレゼントした場合は、AppleCare+の所有権も一緒に譲渡できます。

LINEモバイル持込端末保証とAppleCare+の貸出端末

LINEモバイル持込端末保証では、故障した端末を修理している間の貸出端末があります。

貸出端末は無料で借りることができます。ただし、他のユーザーの利用状況などにより借りられないこともあります。また、故障端末の修理が完了した後に貸出端末を返却しないと違約金が発生します。

一方、AppleCare+にも、修理期間中の貸出端末があります。

Apple Store直営店やiPhoneの正規サービスプロバイダに修理を依頼する場合、可能であればその場で修理をしてくれますが、特殊な機器を使った精密な調整が必要になる場合は、iPhoneをAppleリペアセンターに送っての修理となります。
Appleリペアセンターでの修理となった場合、修理がApple製品限定保証の保証対象であれば、ほとんどの場合、代替機貸し出しサービスが利用できます。

また、故障したiPhoneをすぐに交換したい場合には、エクスプレス交換サービスも利用できます。
エクスプレス交換サービスを申し込むと、指定の配送業者がiPhoneの交換機をすぐに届けてくれるので、それと引き換えに自分のiPhoneを配達員に渡します。
エクスプレス交換サービスはAppleCare+の特典の一つです。料金はかかりません。ただし、場合によって交換機に関する料金が発生することがあります。

LINEモバイルの持込端末保証とSBIマネープラザのモバイル保険を比較

以下では、LINEモバイルの持込端末保証と、SBIマネープラザのモバイル保険を比較しています。

  LINEモバイルの持込端末保証 SBIマネープラザのモバイル保険
月額利用料 500円 700円
端末交換・修理代金 1回目:4,000円
2回目:8,000円
なし
保証期間 自然故障の場合:メーカー発売日から3年間
落下・水濡れ等の場合:解約するまで
解約するまで
対象機器 ・正常に全機能が動作
・LINEモバイルのSIMカードでの通信・通話が可能
・日本国内で販売されたメーカーの正規品
・OSがAndroidかiOSの端末
・正常に全機能が動作
・無線通信が可能な機器
・新規取得から1年未満の機器
保証上限額 50,000円/1回 100,000円/1年
利用回数 年2回まで 何度でも
修理不能 LINEモバイルが保有する新品もしくはリフレッシュ端末との交換(Android端末のみ) 登録端末の購入金額もしくは25,000円いずれか低い金額の補償
保証台数 1台 3台
貸出端末 あり なし

LINEモバイル持込端末保証と、SBIマネープラザモバイル保険のさらに詳しい情報は以下のページをご参照ください。
LINEモバイル持込端末保証とSBIモバイル保険どちらが優れている?

アップルのAppleCare+とSBIマネープラザのモバイル保険を比較

以下では、アップルのAppleCare+とSBIマネープラザのモバイル保険を比較しています。

  アップルのAppleCare+ SBIマネープラザのモバイル保険
利用料 12,800円〜14,800円/年 700円/月
端末交換・修理代金 画面の損傷:3,400円
そのほかの損傷:11,800円
なし
保証期間 修理サービスを2年間に延長 解約するまで
対象機器 ・購入日から30日以内のiPhone ・正常に全機能が動作
・無線通信が可能な機器
・新規取得から1年未満の機器
保証上限額 100,000円/1年
利用回数 最大2回まで 何度でも
修理不能 登録端末の購入金額もしくは25,000円いずれか低い金額の補償
保証台数 1台 3台
貸出端末 あり なし

AppleCare+は購入日から30日以内のiPhoneが加入できる保証サービスで、SBIモバイル保険は新規取得から1年未満の機器が加入できる保証サービスです。

AppleCare+の利用料は1年間で12,800円(iPhone SE)、14,800円(iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6s)なのに対して、SBIモバイル保険の利用料は1年間で8,400円(700円×12カ月)です。

万一のトラブルで故障が発生した場合、AppleCare+は、iPhoneの購入日から2年間で、最大2回まで、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で受けることができます。
SBIモバイル保険は、1年間で、修理費用が上限額の10万円に達するまで、何度でも、保証を受けることができます。ただし、修理不能となった場合は、登録端末の購入金額もしくは2万5千円いずれか低い金額の保証になってしまいます。

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする