LINEモバイル持込端末保証に補償上限はありますか?補償はいくらまで?

・LINEモバイル持込端末保証の保証上限は5万円です。
・修理費用が5万円以上の場合、超過分はユーザー負担となります。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイル持込端末保証の概要

持込端末保証は、自分で用意した端末でLINEモバイルの通信サービスを利用する場合に加入できるオプションです。

月額利用料500円を支払うと、端末に万一のトラブルが発生した場合に、年2回まで、交換・修理代金(1回目4,000円、2回目8,000円)を支払うだけで、端末の交換または修理を依頼できます。

持込端末保証の申し込みができるのは、LINEモバイル通信サービスの契約時のみ。
LINEモバイルの持込端末保証に加入条件や必要な物はありますか?

契約後は、必ず端末情報の登録(IMEI登録)をしなければなりません。
LINEモバイル持込端末保証のIMEI登録とは?なぜ必要なのか?

契約とIMEI登録が完了すると、翌月1日から、保証が始まります。
LINEモバイル持込端末保証(自身で用意した端末)の補償開始日と支払開始日はいつから?

端末が故障した場合、新品もしくはリフレッシュ端末との交換または、修理(iOS端末は修理のみ)を依頼します。

保証を受けることができる端末は、途中で変更することもできます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は機種変更できますか?

持込端末保証が不要になった場合は、いつでも解約することができます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は解約できますか?
ただし、一度、解約してしまうと、再契約はできません。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は後から追加できますか?

LINEモバイル持込端末保証の修理と交換

LINEモバイル持込端末保証では、故障端末が修理になる場合と、交換になる場合があります。

IMEI登録した端末に故障、水濡れ、破損が発生した場合、まずは、LINEモバイル端末保証受付センターへ連絡をします。
LINEモバイル端末保証受付センターから返送キットが届くので、故障した端末をキットに入れて返送します。

端末を返送する際は、修理などによって保存されているデータが消去される可能性があるので、必要に応じて、データ消去およびデータ保存/移行を各自でおこないます。

また、iOS端末の故障発生時には「iPhoneを探す」の機能をオフにしてから、故障端末を初期化の上、返送します。

LINEモバイルにて、故障した端末の診断がおこなわれ、結果次第で、修理になるか交換になるかが決定します。iOS端末は修理のみになります。

交換になった場合、故障端末と同一OS(Android)の新品もしくはリフレッシュ端末との交換になります。
交換端末は、LINEモバイルが保有する端末で、利用中の端末と同一の端末とは限りません。また、端末の指定もできません。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証のリフレッシュ端末とは?

交換端末として提供された端末が以後の保証対象端末となります。

LINEモバイル持込端末保証の保証上限と超えた場合

故障した端末をLINEモバイルへ返送し、修理になると診断された場合は、修理費用が50,000円までの場合は修理代金のみ、修理費用が50,000円以上の場合は修理代金に加えて50,000円超過分が修理を依頼したユーザーの負担となります。

なお、修理代金は、1回目4,000円、2回目8,000円となっています。

端末保証サービスには、LINEモバイルが提供する「持込端末保証」以外にも、SBIマネープラザが提供する「モバイル保険」や、Appleが提供する「AppleCare+」などもあります。

「持込端末保証」の保証上限は1回に10万円まででしたが、ほかの保証サービスの保証上限は、「モバイル保険」が1年に10万円まで、「AppleCare+」は上限なしとなっています。

それぞれの保証サービスには加入条件があります。
LINEモバイル持込端末保証とSBIモバイル保険どちらが優れている?
iPhoneはLINEモバイル持込端末保証とAppleCare+どちらに加入したらいい?

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする