LINEモバイル端末保証、持込端末保証は後から追加できますか?

・端末保証、持込端末保証はLINEモバイルサービス(SIMカード)の申し込み時のみ可能となっています。
・既にLINEモバイルを利用中の方が、後から追加などはできません。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイル端末保証、持込端末保証とは

端末保証オプション、持込端末保証オプションは、故障、破損、落下、水濡れ、水没などの万が一のトラブルに備えたオプションです。月額500円以下の最低限の負担で、端末交換または修理をすることができます。LINEモバイルで購入した端末はもちろん、LINEモバイルで購入していない端末も対象です。

LINEモバイルでSIMカードとセットで購入したスマートフォンやタブレットは端末保証を、自分で用意したスマートフォンやタブレットは持込端末保証を選択します。

・端末保証(LINEモバイルで購入した端末)

月額利用料 450円
端末交換・修理代金 1回目5,000円
2回目8,000円
保証期間 3年間
利用回数 年2回まで
補償範囲 故障、水濡れ、破損
保証上限額 なし
貸出端末 なし(18:00までの受付で交換端末が当日発送)
交換端末 ・原則、同一機種・同一カラーの端末
・新品もしくはリフレッシュ端末
・在庫不足や生産終了などの理由により別の端末となる場合あり

・持込端末保証(自身で用意した端末)

月額利用料 500円
端末交換・修理代金 1回目4,000円
2回目8,000円
保証期間 自然故障の場合:メーカー発売日から3年間
落下・水濡れ等の場合:当オプションを解約するまで
利用回数 年2回まで
補償範囲 故障、水濡れ、破損
保証上限額 50,000円
貸出端末 あり(希望者のみ)
交換端末 ・故障端末と同一OSの端末
・新品もしくはリフレッシュ端末
・LINEモバイルが保有する交換端末の中から送付
・交換端末が利用中の端末と同一の端末とは限らない
・端末の指定はできない

LINEモバイルの持込端末保証に加入条件や必要な物はありますか?

LINEモバイルの端末保証、持込端末保証は、契約時のみに申し込みできるオプションです。

端末保証の申し込みができるのは契約時のみ

LINEモバイルで購入した端末が加入できる端末保証(月額450円)は、契約時のみに申し込みできるオプションです。既にLINEモバイルを利用中の場合、端末保証オプションにはご加入できません。

LINEモバイルの申し込み時に、”申し込み内容選択”の「端末+SIMカード」にチェックを入れ、かつ、”オプション選択”の「端末保証(月額450円)」にチェックを入れないと加入できません。

端末保証(月額450円)に加入できる唯一のチャンスは上記の申し込み時のみです。契約後に加入することはできません。申し込み時は間違いのないようにしましょう。

端末保証(月額450円)の補償は契約成立日から始まります。したがって、LINEモバイルで購入したスマートフォンが、もし届いてすぐに壊れてしまっても、保証を受けることができます。新しいスマートフォンと交換してくれます。
端末保証(LINEモバイルで購入した端末)の保証開始日と支払い開始日はいつから?

持込端末保証の申し込みができるのは契約時のみ

LINEモバイルで購入していない端末でも加入できる持込端末保証(月額500円)も、前述の端末保証と同様に、契約時のみに申し込みできるオプションです。SIMカードの契約時のみ申し込むことができます。

申し込み手続きの際、”申し込み内容選択”の「SIMカードのみ」にチェックを入れ、”オプション選択”の「持込端末保証(月額500円)」に忘れずチェックを入れるようにしてください。

もし、忘れたまま手続きを進めて、契約が成立してしまうと、解約して、再度、申し込みをしない限り、持込端末保証(月額500円)には加入できません。1年以内の音声通話SIMの解約には解約手数料9,800円、再契約には登録手数料3,000円とSIMカード発行手数料400円がかかります。

持込端末保証(月額500円)の補償が始まるのは、契約成立日の翌月1日からとなっています。契約成立日から補償が始まる端末保証(月額450円)と混同しないように気をつけてください。
LINEモバイル持込端末保証(自身で用意した端末)の補償開始日と支払開始日はいつから?

また、持込端末保証(月額500円)では、申し込んだ後に、必ずIMEI登録をしなければなりません。

IMEI登録をする前に故障してしまった場合、利用料を支払っていたとしても、持込端末保証オプションの保証を受けることができません。
LINEモバイル持込端末保証のIMEI登録とは?なぜ必要なのか?

つまり、持込端末保証(月額500円)では、「1.申込み」、「2.IMEI登録」、「3.契約成立日の翌月1日になる」の3つがそろって、やっとはじめて、万一のトラブルが合った時に保証を受けることができますので、ご注意ください。

なお、持込端末保証(月額500円)では、保証対象端末の変更が可能です。機種変更などをした時は、後から変更することができます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は機種変更できますか?

LINEモバイルで購入した端末が加入できる端末保証、自分で用意した端末が加入できる持込端末保証、どちらも、不要になった時はいつでも解約できます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は解約できますか?

LINEモバイル契約後も加入できる端末保証

LINEモバイルの端末保証(月額450円)、持込端末保証(月額500円)は、契約後に追加することはできません。

既にLINEモバイルを利用中の方が、何らかの端末保証に加入したい場合は、保険会社が直接提供するモバイル保険があります。

以下では、SBIマネープラザのモバイル保険(引受保険会社 さくら少額短期保険株式会社)の概要を紹介します。

SBIマネープラザの月額料金は700円と、LINEモバイルよりも高い料金に設定されていますが、修理代金が不要、保証期間なし、利用回数制限なし、上限が10万円までなど、LINEモバイルよりも優れている点もあります。
LINEモバイル持込端末保証とSBIモバイル保険どちらが優れている?

「SBIマネープラザのモバイル保険(引受保険会社 さくら少額短期保険株式会社)」

・月々の保険料は700円
・修理費用を、年間通算で10万円まで、何度でも補償
・対象機器は3台まで(主端末1台+副端末2台)
・対象機器は、無線通信が可能な機器、正常に全機能が動作する、新規取得から1年未満の機器
・修理先は、メーカー、携帯ショップ、修理専門店など自由に選べる
・補償(火災、破損・爆発、落雷含む)、自然故障、水没・水濡れ損害、メーカー修理不能、盗難が補償の対象
・修理不能な場合で同一商品や後継商品に交換された場合も補償の対象
・ただし、メーカー修理不能と盗難に関しての保険給付金は、1回に申請できる上限があり、保険金額の25%が給付の上限
・中古品は、販売店の3か月以上の保証があり、日本法人のあるメーカーのものであれば、加入可能
・SIMフリー端末は、販売店の3か月以上の保証があり、日本法人のあるメーカーのものであれば、加入可能
・契約更新(自動)は、対象端末がどんなに古くなっても何回でも可能
モバイル保険(スマホ・PCなど) | SBIマネープラザ

また、iPhoneの購入日から30日以内は、AppleCare+も加入できます。
iPhoneはLINEモバイル持込端末保証とAppleCare+どちらに加入したらいい?

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする