LINEモバイルは初月無料!10GBからプラン変更はいつできますか?

・LINEモバイルのプラン月額基本利用料は初月無料です。日割り計算はされません。
・月間データ容量はいつ契約しても1カ月分が全部もらえます。
・端末保証オプション、持込端末保証オプション、LINE MUSICオプションも初月無料です。
・10分電話かけ放題オプション、留守番電話オプション、割込通話オプション、通話明細オプションは初月無料になりません。
・プラン変更(データ容量変更)は契約初月からできます。ただし、何日に変更手続きをしても、適応されるのは翌月1日朝9時頃からになります。
・初月無料でデータ容量10GBのプランを契約し、料金が発生する翌月からは適切なデータ容量のプランに変更できます。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

LINEモバイルではプラン月額基本利用料は初月無料に

LINEモバイルのプラン月額基本利用料は初月無料です。LINEモバイルでは、月額基本利用料、オプション利用料の日割りはされません。
LINEモバイルを月の途中で利用開始した場合は日割り計算されますか?

初期費用は、登録事務手数料3,000円(税抜)とSIMカード発行手数料400円(税抜)がかかります。端末購入の場合は別途端末費用が必要となります。

月額基本利用料は初月無料ですが、音声通話SIM用オプション(留守番電話や割込通話など)に申し込みした場合は、初月からオプション利用料金がかかります。

なお、初月に解約した場合には、初月分の月額基本利用料(満額)が請求されます。

LINEフリープラン

LINEフリープラン
カウントフリー対象サービス:LINE
容量 データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

LINEモバイルではプランによってカウントフリー対象サービスの範囲が異なります。

カウントフリーとは、対象サービスのデータ通信量を、データ通信利用の対象外(カウントをしない)とする機能をいいます。また、通信速度制限がかかったとしても、カウントフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。テザリングで接続している端末の対象サービスのデータ通信量もカウントフリーとなります。

LINEフリープランはLINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロなので使い放題です。データ容量は1つのみとなっています。

データ専用SIM(SMSなし)の月額基本利用料は500円、データ専用SIM(SMSあり)の月額基本利用料は620円、音声通話SIMの月額基本利用料は1,200円となっています。LINEフリープランの利用開始月の月額基本利用料は無料となります。

LINEフリープランはLINEモバイルで唯一、SMS機能が付かないデータ専用SIMが選択できます。

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
容量 データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月

コミュニケーションフリープランはコミュニケーション系サービスのLINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロなので使い放題。使いたいデータ容量を選べるので、コミュニケーションから動画視聴まで、多様な利用シーンに対応しています。

データ専用SIM(SMSなし)は取扱いがありません。データ専用SIM(SMSあり)の月額基本利用料はデータ容量によって1,110円から2,640円、音声通話SIMの月額基本利用料はデータ容量によって1,690円から3,220円となっています。コミュニケーションフリープランの利用開始月の月額基本利用料はデータ容量にかかわらず無料となります。

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン
カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram
容量 データ通信 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB なし 1,810円/月 2,390円/月
5GB なし 2,140円/月 2,720円/月
7GB なし 2,700円/月 3,280円/月
10GB なし 2,940円/月 3,520円/月

MUSIC+プランはLINE MUSICと、コミュニケーション系サービスの主要SNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)がデータ消費ゼロなので使い放題。大好きな音楽を聴きながら、コミュニケーションを楽しめるプランです。

データ専用SIM(SMSなし)は取扱いがありません。データ専用SIM(SMSあり)の月額基本利用料はデータ容量によって1,810円から2,940円、音声通話SIMの月額基本利用料はデータ容量によって2,390円から3,520円となっています。MUSIC+プランの利用開始月の月額基本利用料はデータ容量にかかわらず無料となります。

LINEモバイルでは月間データ容量は1カ月分が全部もらえる

LINEモバイルのプラン月額基本利用料は初月無料でした。一方、プラン月間データ容量は、月の途中で利用開始した場合でも、申し込みしたプランの月間データ容量のすべてを利用開始日にもらえます。月間データ容量の日割りはされません。
LINEモバイルでは契約初月の月間データ容量は日割りになりますか?

LINEモバイルでは10分電話かけ放題の月額料金は初月から満額かかる

10分電話かけ放題オプションは、通話アプリ「いつでも電話」を使うと、だれとでも何度でも10分以内の電話がかけ放題になります。利用には音声通話SIMで契約し10分電話かけ放題オプションを申し込む必要があります。

月額料金
880円

10分電話かけ放題オプションは初月からオプション利用料(満額)がかかります。プラン月額基本利用料のように初月無料になりません。日割り計算もされません。

LINEモバイルでは端末保証オプションは初月無料に

端末保証オプションは、落下や水没などの万が一の時に、最低限の負担で、端末の交換または修理ができます。LINEモバイルで購入した端末は端末保証(月額450円)に、自分で用意した端末は持込端末保証(月額500円)に加入します。どちらも契約時にのみ申し込みできます。
LINEモバイル端末保証、持込端末保証は後から追加できますか?

ただし、端末保証(月額450円)と端末は持込端末保証(月額500円)では補償スタートのタイミングが異なります。

端末保証(月額450円)は契約初月から補償が始まる

端末保証(月額450円)は契約が成立したその日から、LINEモバイルで購入した端末に故障が発生した場合は、端末交換・修理費用(1回目5,000円、2回目8,000円)の支払いだけで、端末の交換または修理ができます。
端末保証(LINEモバイルで購入した端末)の保証開始日と支払い開始日はいつから?

持込端末保証(月額500円)は契約翌月から補償が始まる

持込端末保証(月額500円)は契約成立日の属する月の翌月1日から、IMEI登録済みの自分で用意した端末に故障が発生した場合は、端末交換・修理費用(1回目4,000円、2回目8,000円)の支払いだけで、端末の交換または修理ができます。
LINEモバイル持込端末保証(自身で用意した端末)の補償開始日と支払開始日はいつから?

なお、持込端末保証に加入しているiPhoneに故障が発生した場合は、修理のみで交換はできません。購入日から30日以内のiPhoneであれば、Appleが提供している保証サービスの「AppleCare+」に加入することもできます。
iPhoneはLINEモバイル持込端末保証とAppleCare+どちらに加入したらいい?

LINEモバイルではLINE MUSICオプションは初月無料に

LINE MUSICオプションは、定額制オンデマンド型音楽配信サービスのLINE MUSICをよりお得に楽しめるオプションです。いつでもどこでも聴きたい曲・アーティストを選択して再生やプレイリストの作成などを行うことができます。

月額料金
889円(参考価格) → 750円

※参考価格とはLINE MUSIC株式会社が提供する料金(税込960円)を指しています。

LINEモバイルをこれから申し込む方がLINE MUSICオプションを同時に申し込む場合、LINE MUSICオプションの月額料金が初月無料、2カ月目無料、3カ月目から6カ月目まで月額500円、7カ月目以降ずっと月額750円で利用できます。

既にLINEモバイルを利用中の方がLINE MUSICオプションを追加で申し込む場合、LINE MUSICオプションの月額料金が初月無料、2カ月目以降ずっと月額750円で利用できます。

LINEモバイルではその他オプションサービスの月額料金は初月から満額かかる

着信に出られない際に音声ガイダンスを再生し相手の要件を録音できる「留守番電話(月額300円)」、通話中に第三者から着信があった際に保留の状態で第三者と通話ができる「割込通話(月額200円)」、音声通話の通話明細をマイページで確認できる「通話明細(月額100円)」のその他オプションサービスは、初月からオプション利用料金がかかります。プラン月額基本利用料、10分電話かけ放題オプションのように初月無料になりません。日割り計算もされません。

上記で紹介した以外にも、LINEモバイルでは月額料金が無料のオプションサービスに、着信した電話を他の番号に転送することができる「転送電話(※別途、通話料がかかります)」、国内から海外へ電話をかけることができる「国際電話(※別途、通話料がかかります)」、海外通信会社の携帯電話回線で海外でも通話とSMSの送受信ができる「国際ローミング(別途、通話料、SMS送信料がかかります)」があります。

LINEモバイルでは初月に使いきれなかった月間データ容量は2カ月目に繰り越しできる

LINEモバイルは月の途中で利用開始した場合でも月間データ容量は1カ月分が全部もらえます。

例えば20日に利用開始した場合、本来は1カ月間で使い切るデータ容量を10日前後で使い切らないと余ってしまいます。

LINEモバイルでは余った通信量は翌月末まで繰越可能です。契約初月にデータ容量が使い切れなくても、契約2カ月目の月末まで繰り越しできます。

LINEモバイルでは前月繰越分のデータ通信量から優先的に消費されます。契約初月から2カ月目に繰り越されたデータ通信量が1番はじめに消費されます。

LINEモバイルでは初月からプラン変更(データ容量変更)ができる

LINEモバイルでは契約後に料金プランを変更してデータ容量を変更することができます。

同じサービスタイプであればプランやデータ容量の変更が可能です。例えばLINEフリープランの音声通話SIMからコミュニケーションフリープランの音声通話SIMに変更するのは可能ですが、LINEフリープランの音声通話SIMからコミュニケーションフリープランのデータSIMに変更するのは不可能です。

料金プランの変更は契約初月から可能です。ただし、何日に変更手続きをしても、適応されるのは翌月1日朝9時頃からになります。

パソコンまたはLINEモバイル公式アカウントよりマイページにログインし、「プラン/オプション」から変更できます。データ容量の変更に手数料はかかりません。

LINEモバイルでは全員が10GBプランを契約すべき

これまでに紹介した通り、LINEモバイルはプラン月額基本利用料が初月無料で、月間データ容量は1カ月分が全部もらえて、初月からプラン変更(データ容量変更)ができます。

したがって、例えばコミュニケーションフリープランの音声通話SIMのデータ容量3GBを契約したいユーザーがいたとしたら、申し込み時はデータ容量3GBではなく、コミュニケーションフリープランの音声通話SIMの最大のデータ容量10GBで申し込みを行い、契約成立後、初月末までに10GBから3GBにプラン変更をすれば、データ容量10GBがタダで手に入ります。データ容量10GBが余った場合は翌月へと繰り越しできます。

データ容量1GBのプランしか用意されていないLINEフリープランを契約したいユーザーを除いて、LINEモバイルを契約するユーザー全員がはじめはデータ容量10GBのプランを申し込むべきです。

LINEモバイルの初月とはいつのことか

LINEモバイルではプラン月額基本利用料が初月無料でしたが、では、「初月」とはいつのことなのでしょうか。LINEモバイルの「初月」とは、利用開始日からその月の末日までの期間を指します。

利用開始日とは

では、「利用開始日」とはいつのことなのでしょうか。LINEモバイルの「利用開始日」とは、新規で申し込みの場合はSIMカードが発送された日の2日後(発送日当日は含まず)です。MNPで申し込みの場合は自宅にSIMカードなどが届き切り替えの手続きが完了した翌日です。
LINEモバイルの利用開始日とはいつですか?(MNP・新規番号で申し込みした場合別)

LINEモバイルの初月無料期間を最大限に延ばすには

LINEモバイルではプラン月額基本利用料が初月無料です。初月とは利用開始日から月末日までとなります。したがって、利用開始日を1日に合わせれば、最長で31日間を無料で利用することができます。

新規申し込みの利用開始日を1日に合わせるには

新規で申し込みの場合の利用開始日は、SIMカードが発送された日の2日後(発送日当日は含まず)です。必要な日数を逆算して利用開始日を1日に合わせます。

申し込みの審査完了後、数日で契約の住所にSIMカードが発送されます。

それぞれのケースによって異なりますが、申し込み内容に不備がなければ、早くて申し込み当日、遅くても申し込みから3日目には、SIMカードが発送されるはずです。

MNP申し込みの利用開始日を1日に合わせるには

MNPで申し込みの場合の利用開始日は、自宅にSIMカードなどが届き、切り替えの手続きが完了した翌日です。

MNP(他社からのお乗り換え)で申し込みの場合、自宅に商品が届き、開通の手続きが完了次第、利用できます。

MNPの開通の手続きは、下記のどれかで実施されます。
①マイページの「MNP開通申し込み」ボタンを押す
②電話でMNP開通受付窓口まで連絡する
上記の①も②も実施しなかった場合は、商品到着の翌々日の夕方以降に自動的に開通されます。
LINEモバイル開通手続きの流れ!開通時間は何分位かかりますか?

したがって、12月1日に利用開始日を合わせたい場合、11月29日か30日にSIMカードを受け取ります。28日以前に受け取ってはいけません。

LINEモバイルのSIMカードはヤマト運輸が届けてくれます。クロネコメンバーズを利用すれば荷物お問い合わせシステムからのお受け取り日時の変更が可能です。変更に必要なお問合せ伝票番号は、契約成立後のメールに記載されています。希望する開通完了日の2日前に日時指定をします。

LINEモバイルの申し込みに必要なもの

利用開始日を1日に合わせて初月無料期間を最大限に延ばすには、申し込みでもたついている余裕はありません。不備がないよう申し込みに必要なものを事前に確認しておきましょう。

LINEモバイルの申し込み時に必要なものは、本人様確認書類と本人名義のクレジットカードまたはLINE Payカード、連絡が可能なメールアドレス、MNP予約番号(MNP転入の場合)です。

申し込み内容を確認の上、LINEモバイルの審査基準により本人確認審査が行われます。審査の結果に応じて書類の再アップロードやフリーダイヤルによる架電確認、または申し込みがキャンセルされる場合があります。データSIMへの申し込みも審査対象となります。審査に落ちて申し込みがキャンセルされた場合エントリーパッケージのエントリーコードは無効になります。

LINEモバイルでのMNP(携帯電話番号ポータビリティ)転入方法

MNP(他社からのお乗り換え)で申し込みの場合、初月無料期間を最大限に延ばすために利用開始日を1日に合わせるには、SIMカードを2日前に受け取る必要があります。MNPの手順を確認しておきましょう。

他社からLINEモバイルへ電話番号を変更することなくMNP転入するには、下記の手順で行います。

1.MNP予約番号を取得する
・利用中の通信会社(LINEモバイル以外)の店頭・電話・WEBサイトなどで「MNP予約番号(10桁)」を取得します。
・各種窓口にて「MNP予約番号を取りたい」と伝えます。
・必ずMNP予約番号と有効期限をメモしてください。
2.申し込む
・申し込み画面で音声付きのプランを選択し、MNP予約番号を入力してください。
・有効期限が10日未満の場合は番号の再取得が必要になります。
3.SIMカードが到着するのを待つ
・SIMカード(端末セット購入の方は端末とSIMカード)が契約先の住所に送付されます。
4.SIMカード受取完了後、マイページよりMNP開通申し込みをする
・商品が手元に届いたら、マイページの契約情報確認にある「MNP開通申し込み」より手続きをします。
・申し込み後、数分〜1時間以内で開通完了となります。
・マイページから開通申し込みがない場合は、商品が届いた翌々日の午後以降に、自動的に切り替えが順次実施されます。

ドコモを解約してLINEモバイルに乗り換える場合の注意点

「カケホーダイプラン」「Xiデータプラン フラット にねん」などの料金プランを契約している場合や、「ひとりでも割50」「ファミ割MAX50」などの割引を受けいている場合、定期契約満了月の翌月と翌々月の2カ月間以外に解約すると解約金が発生します。基本的に解約金は9,500円に設定されています。解約をしなかった場合2年契約は自動更新されます。

ドコモの基本使用料は月末日締めとなっています。月の途中で解約した場合は利用日数分の日割り計算となります。

LINEモバイルの利用開始日を1日に合わせると、ドコモの解約日も1日になります。したがって、1日分の日割り料金が請求されます。

auを解約してLINEモバイルに乗り換える場合の注意点

auでは「誰でも割」「年割」「スマイルハート割」を契約している場合、契約更新月から2カ月間の更新期間以外に解約すると契約解除料9,500円が発生します。

auの料金の締め日は月末日となります。「誰でも割」や「スーパーカケホ」などに加入しているユーザーが月の途中で解約した場合、その月の基本使用料・インターネット接続料は日割りとならず、1カ月分の定額料がかかります。

auで1日に解約した場合はその月の月額がかからない「1日解約ルール」は廃止されました。

LINEモバイルの利用開始日を1日に合わせると、auの解約日も1日になります。したがって、多くのユーザーは1カ月分の料金が請求されます。

ソフトバンクを解約してLINEモバイルに乗り換える場合の注意点

ソフトバンクでは「ホワイトプラン」「通話し放題プラン」などに加入している場合、契約満了月の翌請求月、翌々請求月の2カ月間の契約更新期間以外に解約すると契約解除料9,500円が発生します。

ソフトバンクの締め日は、利用期間を1カ月間として「末日」「10日」「20日」の3通りがあります。契約書の控えやMy SoftBankで確認できます。

月の途中で解約した場合、スマ放題/スマ放題ライトプランは日割りされません。スマ放題/スマ放題ライトプラン以外は日割りされます。

LINEモバイルの利用開始日を1日に合わせると、ソフトバンクの解約日も1日になります。したがって、スマ放題/スマ放題ライトプランは1カ月分の料金が請求されます。

キャリアの契約更新月までしばらく期間がある場合

LINEモバイルへの乗り換えを考えていて、解約金が発生しないタイミングが半年後や1年後になる場合、解約金9,500円と、節約される毎月の料金(3,000円以上?)を考えると、思い切って早めにLINEモバイルに乗り換えてしまったほうがお得です。目安として解約金が発生しないタイミングまで3カ月以上の期間があるのなら、すぐに乗り換えてしまいましょう。

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする