mineoは複数回線(2回線目以降)も初期費用がかかりますか?

2回線目以降を契約する場合も初期費用(契約事務手数料3,000円)がかかります。

mineo(マイネオ)で複数のSIMカードを契約する時は、SIMカードごとにeoIDを別にすることをおすすめします。

別のeoIDにすることで、契約中のSIMカード間でパケットギフトが贈れるようになります。

キャンペーン情報

900円×12カ月割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

複数回線(2回線目以降)の初期費用は3,000円

mineo(マイネオ)の初期費用は、契約事務手数料の3,000円です。

eo光ネットの預金口座振替払いを選択しているユーザー以外は、クレジットカードまたはデビットカードでの支払いになります。
mineoが対応している支払い方法を教えてください。支払い方法の変更はできますか?

VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースのクレジットカードが使用できます。
mineoクレジットカード 種類・なし・名義・家族・変更

デビットカードには種類によって使用できるカードと使用できないカードがあります。
mineoデビットカード支払い 楽天・ジャパンネット・UFJ・スルガ・りそな

初期費用は申し込みをした月の翌月末頃に登録したクレジットカードへ請求されます。

クレジットカードの振替日に口座から引き落とされます。振替日は発行会社により異なります。
mineoの締め日と口座引き落とし日

別eoIDで契約するとパケットギフトが贈れる

SIMカードごとに別のeoIDにする為には、申し込み時のメールアドレスを変えるだけです。
mineo複数回線を同一名義で契約するとeoIDは別々に分けられますか?

同一名義で最大5回線、同一住所で最大10回線までSIMカードが契約できます。
mineoで複数回線の契約はできますか?最大で何枚までSIMカードが同時に使えますか?

パケットギフトはSIMカード間でデータ容量が贈れるサービスです。
mineoパケットギフトの期限・繰越・交換・取り消し・上限

別のeoIDで契約したSIMカードは、家族割(−50円/月)の適用対象になります。
mineo家族割と複数回線割の違い・申込方法・書類・パケットシェア

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする