未成年や18歳未満の子供はmineoを契約できますか?

mineoでは、未成年(18歳・19歳)は本人名義で契約できますが、親権者の同意が必要で、
未成年(18歳未満)は本人名義で契約できないので、親権者名義で契約した回線に未成年(18歳未満)名義の利用者登録をして、利用することになります。

キャンペーン情報

900円×12カ月割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

未成年(18歳未満)は申し込みできないが利用者登録が可能

18歳未満はmineoの申し込みができません。
親権者が申し込みをした上で、18歳未満を利用者登録することで、利用できるようになります。

利用者登録の手順

  1. マイページにログインし、下へスクロールします。
  2. 「利用者登録情報照会・変更」→「ご利用者情報を変更する」を選択します。
  3. ご利用者様の「本人以外」にチェックを入れます。
  4. 表示される「契約者様との関係(父/母/妻/夫/子/祖母/祖父/孫/その他)」、「氏名」、「性別」、「生年月日」、「職業」を入力し、「変更する」を選択して完了です。

利用者登録の詳細や注意事項は以下のページをご参照ください。
mineo(マイネオ)利用者登録とは?利用者登録はなぜ必要?

複数回線を契約した場合に適用される「複数回線割(-50円・申し込み不要)」または、他の家族にmineoユーザーがいれば、家族で契約する場合に適用される「家族割(-50円・申し込み必要)」を受けられます。(複数回線割と家族割の併用はできず、複数回線割の適用回線を家族割の回線として登録する場合、その回線は家族割の適用が優先されます。)

複数回線割、家族割について詳しくは以下をご確認ください。
mineo家族割と複数回線割の違い・申込方法・書類・パケットシェア

親権者と18歳未満の登録した住所が同じであれば、家族の繰り越した分のパケット(データ容量)を分け合える「パケットシェア」は利用できますが、余ったパケットを誰とでも分け合える「パケットギフト」は同一eoID間なので利用できません。
※2016年8月24日、同一住所のメンバーだけでなく、別住所のメンバーともパケットシェアが可能になりました。離れて暮らす家族や友達ともシェアができます。

パケットシェアについて詳しくは以下をご確認ください。
mineoパケットシェアの方法・当月・解除・いつから・できない

パケットギフトについて詳しくは以下をご確認ください。
mineoパケットギフトの期限・繰越・交換・取り消し・上限

同一eoID間でパケットギフトできない件については以下をご確認ください。
mineoパケットギフトは、同一eoIDの相手にも贈れますか?

未成年(18歳・19歳)の契約には親権者の同意が必要

18歳(高校生含む)、19歳はmineoを契約できますが、契約には親権者の同意が必要になります。

親権者の同意の手順
申込時に表示される「ご親権者様確認事項」を親権者本人が確認して、「同意する」にチェックを入れ、「ご親権者様情報入力」欄に氏名、住所、続柄、生年月日、郵便番号、住所、電話番号を入力します。

家族にmineoユーザーがいれば、「家族割(-50円・申し込み必要)」が適用されます。家族と未成年(18歳・19歳)が別eoIDになると、「複数回線割(-50円・申し込み不要)」は適用外になります。

また、その家族とは「パケットギフト」が可能で、同一住所に住んでいれば「パケットシェア」も可能です。
※2016年8月24日、同一住所のメンバーだけでなく、別住所のメンバーともパケットシェアが可能になりました。離れて暮らす家族や友達ともシェアができます。

契約には自分名義のクレジットカードが必要

mineoの支払い方法は基本的にクレジットカードのみとなっています。したがって、契約時にクレジットカードの登録が必要となります。
18歳・19歳が親権者の同意を得て契約する場合にも、本人名義のクレジットカードが必須です。親権者のクレジットカードは利用できません。
なお、デビットカード、プリペイドカードでは登録できない場合があります。
各社デビットカードの登録可否については以下のページをご参照ください。
mineoデビットカード支払い 楽天・ジャパンネット・UFJ・スルガ・りそな

クレジットカードは18歳から作成できます。学生さんなら、収入があまり無くても審査の優しい学生カードを作成することができます。また、両親に家族カードを追加作成してもらっても自分名義のクレジットカードが持てます。
mineoで利用できるクレジットカードは以下のページをご参照ください。
mineoクレジットカード 種類・なし・名義・家族・変更

親権者名義で契約をしていた電話番号を、MNP乗り換えして、未成年(18歳・19歳)が引き継ぐには名義変更が必要

いままで18歳未満ということで、親権者名義で契約をしていた電話番号を、mineoでもそのまま利用し続けたい場合は、親権者から本人に名義変更をしてから、mineoへのMNP乗り換え手続きをする必要があります。

mineoへのMNPは、現在利用中の電話番号の契約名義とmineoの申し込み者の氏名が同一であることが必要です。

名義変更は、譲り渡す方と譲り受ける方の本人確認書類と、2,000円程度の手数料で変更可能です。

名義変更せずに親権者名義でmineoにMNPしてしまうと名義変更ができなくなってしまいます。mineoでは名義変更ができません。mineoでは結婚などで姓が変わった場合などを除いて名義変更が不可となっています。

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする