mineo(マイネオ)MNP転入7つの注意点

mineo(マイネオ)のMNP転入は電話が利用できない空白時間が約30分だけで済みます。インターネット申し込みの格安SIMのMNP転入では空白時間が2~3日もある場合もあるので、とても助かります。注意点をしっかり確認してスムーズにmineoへのMNP乗り換えを実現しましょう。

mineoのMNP転入時に注意すべき点は以下の7つです。

1.事前に準備する必要があるもの
2.現在利用中のキャリアで手数料が必要
3.MNP転入切替の手続きが必要
4.電話が使えない時間が約30分ある
5.課金スタートは「MNP転入切替日」
6.次回MNP転出する時の解約違約金
7.店舗でMNPはできない

1.事前に準備する必要があるもの

mineoへMNP転入する為には、事前に以下の3つを準備する必要があります。

  • MNP予約番号(※有効期限が10日以上残ったもの)
  • 本人確認書類の画像データ
  • 本人名義のクレジットカード

MNP予約番号について

MNP予約番号は、現在利用中のキャリアにて発行してもらいます。

MNP予約番号の有効期限は、どのキャリアで発行しても予約当日を含めた15日間です。
mineoへのMNP転入の申し込みに利用できるMNP予約番号は、有効期限が10日以上残っている必要があります。有効期限の残りが9日以下になってしまった場合は、発行したキャリアでMNP予約番号の取り消し手続きをした後、もう一度MNP予約番号の発番をしなければなりません。

本人確認書類の画像データについて

運転免許証、パスポート、健康保険証、個人番号カードなどの本人確認書類を、携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、画像データとし、そのデータを必ずカラーでアップロードします。

アップロードの際は、住所・氏名・生年月日・有効期限・免許証の番号などが鮮明に写っているかを忘れずに確認しましょう。

本人名義のクレジットカードについて

初期費用の支払いや毎月の利用料金などの支払に、クレジットカードの登録が必須となっています。登録できるクレジットカードは、申し込み者の氏名と同一名義のものに限られます。

クレジットカードの表面にVISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナースのマークがあるカードであれば、基本的にmineoで利用可能です。

デビットカードの利用も一部可能です。通信料金の支払いのような月次支払いを許可しているデビットカードでなければ登録ができず、楽天銀行、ジャパンネット銀行、スルガ銀行のデビットカードがmineoの支払いに利用可能となっています。
また、mineoの運営会社の株式会社ケイ・オプティコムが運営するプロバイダのeo光ネットを利用しているユーザーのみ口座振替も可能となっています。プリペイドカードは利用不可です。

2.現在利用中のキャリアで手数料が必要

mineoへMNPする為には、現在利用中のキャリアに対して「MNP転出手数料」を支払う必要があります。また、キャリアの契約条件によっては、解約手数料が必要な場合もあります。

一方、転入時にmineoに対して支払うMNP転入に関する手数料は一切ありません。

■通信キャリア別のMNP転出手数料

キャリア MNP転出手数料
ドコモ 2,000円
au 2,000円
ソフトバンク 3,000円
ワイモバイル 新規ご契約月から6ヵ月以内 6,000円
新規ご契約月から7ヵ月目以降 3,000円

格安SIMからmineoへMNPする場合も、格安SIM事業者でMNP転出手数料を支払います。

■格安SIM主要6社のMNP転出手数料

事業者 MNP転出手数料
DMM mobile 3,000円
IIJ mio 3,000円
楽天モバイル 3,000円
OCN モバイル ONE 3,000円
NifMo 3,000円
BIGLOBE SIM 3,000円

3.MNP転入切替の手続きが必要

mineoへのMNP申し込み完了後、SIMカードが到着してから、「MNP転入切替の手続き」が必要になります。

手続きはとても簡単で、auプラン(Aプラン)、ドコモプラン(Dプラン)どちらもインターネットに接続しているパソコンなどから5分程度で切り替え可能です。

切替手続きが完了すると、切替前に使われていたキャリアの通信サービスは全て利用できなくなります。

mineoから送られてくるSIMカードに同封されている「mineoご利用ガイド」を見ながら手続きを進めれば、MNP転入切替の手続きは誰でも簡単にできる作業です。

4.電話が使えない時間が約30分ある

MNP転入切替手続き完了後、約30分間はmineoの回線も、切換え前の回線もどちらも利用できなくなります。

回線が停止してから30分程度で回線切替が完了するので、端末を再起動した後に、テストコール「111」(通話料無料)にダイヤルします。ガイダンスが流れるのが確認できたら、切替手続きは無事完了です。

5.課金スタートは「MNP転入切替日」

mineoへMNP転入した場合、利用料金が発生し始まるのは、MNP転入手続きが完了した「MNP転入切替日」からですが、切替手続きをしなかったとしても、以下の日からは強制的に利用料金が発生します。
・auプラン(Aプラン)の場合:MNP有効期限の前日
・ドコモプラン(Dプラン)の場合:MNP有効期限の前日またはSIMカード発送から10日後のいずれか早い方の日

現在利用中の通信会社で発番してもらうMNP予約番号には、予約当日を1日目として15日間の有効期限がありますが、「MNP有効期限の1日前」になると、その日から強制的にmineoの利用料金の課金がスタートします。

mineoでは、MNP転入した初月の利用料金は日割りです。例えば、MNP転入切替手続きを22時にするよりも、日付が変わるまで2時間待って翌日になってから切替手続きした方が少しだけお得です。もちろん時間的に余裕があればですが。

6.次回MNP転出する時の解約違約金

mineoへとMNPした回線には、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)どちらでも最低利用期間や解約違約金はありません。
ただし、利用開始翌月から12カ月以内に、他社へMNP転出した場合、MNP転出手数料11,500円がかかります(通常のMNP転出手数料は2,000円)。電話番号を使い続けたいユーザーにとっては実質的な縛り期間とも言えます。

7.店舗でMNPはできない

mineoでは、店舗での販売や申し込みは行っておらず、MNP転入もできません。(2015年10月現在)WebページからのMNP転入が、現時点で唯一の方法となっています。

(追記)
以下の2店舗で申し込みが可能になりました。
・mineoアンテナショップ(グランフロント大阪 北館3階)
・ヨドバシカメラ マルチメディア梅田

キャンペーン情報

800円×6カ月割引キャンペーン実施中!
申し込み期限は10月31日まで

キャンペーンのお申し込みはこちら

キャリア別(docomo・au・SoftBank・Y!mobile)のMNP予約番号の発番方法

現在利用中の携帯電話会社 電話から申し込み Webから申し込み
ドコモ 携帯電話 151 iモード i-menu → お客様サポート → お申込・お手続き → 各種お申込・お手続き
一般電話 0120-800-000 PCサイト My DoCoMo → ログイン → ドコモオンライン手続き → 携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)
受付時間 9:00〜20:00 受付時間 24時間 ※システムメンテナンス時間などは除く
au 携帯電話 0077-75470 EZweb TOP → auお客さまサポート → 申し込む/変更する → au携帯電話番号ポータビリティ(MNP)
一般電話  
受付時間 9:00〜20:00 受付時間 9:00〜21:30
ソフトバンク 携帯電話 *5533 Yahoo!
ケータイ※1
TOP → My SoftBank → 各種変更手続き → MNP予約関連手続き
一般電話 0800-100-5533  
受付時間 9:00〜20:00 受付時間 9:00〜21:30
ワイモバイル 携帯電話 116※3
151※4
My Y!mobile TOP → 料金&各種申込 → MNP予約 → MNP予約申込
一般電話 0120-921-156※3 PCサイト My Y!mobile→ログイン
0570-039-151※4
受付時間 9:00〜20:00 受付時間 24時間※4 ※システムメンテナンス時間などは除く
9:00~21:30※2

※1 iPhone、SoftBankスマートフォンでは申し込みできません。
※2 DIGNO C , Spray , Nexus 6 , DIGNO T , STREAM S , Neuxs 5 , ARROWS Sが対象となります。
※3 DIGNO C , Spray , Nexus 6 , DIGNO T , STREAM S , Neuxs 5 , ARROWS S , AQUOS PHONE ef , DIGNO DUAL 2 , AQUOS PHONE es , STREAM , DIGNO DUALが対象となります。
※4 STREAM Xおよび※2以外のスマートフォン、PHSを除くケータイが対象となります。

mineo(マイネオ)MNP転入の申込時に本人確認書類として利用できるもの

MNP転入申込時の本人確認書類として利用できるものには以下があります。

運転免許証、パスポート、被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)顔写真付き住民基本台帳カード、共済組合員証、在留カード、外国人登録証明書、 特別永住者証明証、年金手帳、身体障害者手帳、個人番号カード

※個人番号カードをご利用する場合は、表面のデータのみアップロードします。裏面は必要ありません。
※本人確認書類の記載住所が変更になっている場合は、発行日から3カ月以内で申し込み時に記載の現住所と一致する公共料金領収書または、届出避難場所証明書の内いずれか1点を本人確認補助書類としてアップロードします。

mineo(マイネオ)MNP転入の申し込み時に登録できるクレジットカード

MNP転入申込時に登録できるクレジットカードは以下になります。

VISA /Master/セディナ(OMC)/セディナ(CF) /イオンクレジットサービス/セゾンカード/NICOS/オリコ/MUFG(UFJ)カード/ユーシーカード/ジャックス/ライフカード/TS CUBIC CARD(TS3)/楽天カード・KCカード/ケイハンカード/アプラス/JCB/ダイナースクラブカード/アメリカン・エキスプレス
※デビットカード、プリペイドカードはご登録できない場合があります。

mineo MNP転入切替の手続き方法

受付時間は9:00~21:00です。ただし、ドコモプラン(Dプラン)へ切替の場合のみ、19:00以降のお申し込みは、翌日午前中の切替となります。

1. マイページにアクセスし、「eoID」「eoIDパスワード」を入力して、「ログイン」を選択します。

2. 「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択します。

3. SIMカード台紙記載の「ICCID/製造番号」の下4桁を入力後、「回線切替」を選択します。

4. 申込時に登録したメールアドレスに「回線切替受付メール」が届きます。

5. メール受信後、30分程度※で回線切り替えが完了するので、端末の電源を入れて、テストコール「111」(通話料無料)をダイヤルします。ガイダンスが流れるので確認をして切替手続は完了です。(※ドコモプランは1時間程度かかる場合あり)

切替手続き完了後、携帯電話事業者が提供するキャリアメール(「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」「@softbank.ne.jp」等)は使用できなくなります。キャリアメールで登録したウェブサイト等は利用できなくなる場合があるので、引き続き利用するサービスは提供元に確認をして手続きを済ませておくようにしましょう。

回線切替後に新しい端末で、現在利用中のおサイフケータイ、LINE等のサービスや、ゲーム等のアプリを引き続き利用するためには、アカウントやID、データの移行が必要な場合があります。切替前端末での操作が必要となる場合もあるので、回線切替の前に、サービス提供元への移行手順等の確認を済ませておくようにしましょう。

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする