mineoのテザリングできる機種まとめ(auプラン・ドコモプラン)

auプラン(Aプラン)、ドコモプラン(Dプラン)どちらでも、mineoでテザリングをしたいのなら、まずはスマホなど利用する端末のOSがandroid OSなのか、iPhone(iOS)なのかを確認しましょう。次は、利用する端末の発売元を確認します。発売元を確認して、大手キャリのdocomoやauから購入した端末なのか、それともSIMフリー端末なのかを判断します。
mineoのSIMカードを利用する端末が、docomo発売のaudroid端末、docomo発売のiPhone端末、au発売のandroid端末、au発売のSIMフリー端末、SIMフリーのandroid端末、SIMフリーのiPhone端末のどれにあてはまるかをしっかりと判断して、以下の表にあるテザリングの可否と照らしあわせてみて下さい。

■auプラン(Aプラン)

端末 テザリング 月額料金
au Android 無料
0円
iPhone ×
docomo Android ※1
iPhone ×
SIMフリー Android ※2
iPhone ×

※1 SIMロック解除が必要。優先するネットワーク設定を「LTE ONLY」にできる端末。
※2 Band 1(2.1GHz),Band 11(1.5GHz),Band 18(800MHz),Band 26(800MHz),Band 28 (700MHz)対応端末が対象。

■ドコモプラン(Dプラン)

端末 テザリング 月額料金
docomo Android ×※1 無料
0円
iPhone ※2(iOS 9)
SIMフリー Android
iPhone ※2(iOS 9)

※1 非公式の裏ワザあり
※2 iPhone 6s, 6s Plus, iPhone 6, 6 Plus, 5s, 5cで動作確認済

キャンペーン情報

800円×3カ月割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

テザリングとは

スマートフォンをアクセスポイント(親機)として、ノートPC、タブレットやゲーム機などをインターネットに接続する機能です。ノートPC、タブレットやゲーム機をmineoの格安SIMの入ったスマートフォンとつないでネット接続を楽しむことができます。

mineo(auプラン)のテザリング利用について

端末 テザリング 料金
au Android(1-1) 無料0円
iPhone(2-1) ×
docomo Android(1-2)
iPhone(2-2) ×
SIMフリー Android(1-3)
iPhone(2-3) ×

1. mineo(auプラン)SIMをandroid OS端末で利用している時のテザリング
 1-1. au発売のandroid端末でのテザリング
 1-2. docomo発売のandroid端末でのテザリング
 1-3. SIMフリーのandroid端末でのテザリング

2. mineo(auプラン)SIMをiPhone(iOS)で利用している時のテザリング
 2-1. au発売のiPhoneでのテザリング
 2-2. docomo発売のiPhoneでのテザリング
 2-3. SIMフリーiPhoneでのテザリング

1. mineo(auプラン)のSIMをandroid OS端末で利用している時のテザリング

1-1. au発売のandroid端末でのテザリング

au発売のandroid端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリングが可能です。

2015年11月19日からVoLTE対応SIMが発売され、au発売のandroid端末はほぼ全てでテザリングできるようになりました。
VoLTE対応SIMを利用するためには、端末のSIMロック解除が必須です。VoLTE対応端末のSIMロックの解除はWebサイトから無料でできます。
VoLTEについて、詳しくは以下でまとめています。
mineo au VoLTE対応SIM発売!対応端末は?

au発売のアンドロイド端末とmineoの格安SIM(auプラン)の組み合わせでは、VoLTE非対応機種でテザリングが可能です。
VoLTE対応機種(auから2014年12月以降発売した主な機種)およびauから2015年7月以降に発売したタブレット(XperiaZ4 Tablet SOT31、Qua tab 01)については、現時点でmineoの格安SIMが利用できないので、テザリングもできません。

1-2. docomo発売のandroid端末でのテザリング

docomo発売のandroid端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリング可能です。ただし条件があり、テザリングできるのは、SIMロックを解除した、優先するネットワーク設定を「LTE ONLY」にできる端末のみに限定されます。

android端末テザリング条件の『SIMロックを解除』と『優先するネットワーク設定を「LTE ONLY」にできる』について詳しく見ていきましょう。

SIMロックを解除

ドコモのSIMロック解除は「2011年4月~2015年4月に発売された機種」と「2015年5月以降に発売された機種」で手続きが違います。

2011年4月~2015年4月に発売された機種のSIMロック解除は、ドコモショップでSIMロック解除手数料3000円を支払って申し込みます。中古で購入した(白ロム)端末もSIMロックを解除できますが、ドコモと回線契約がない端末のSIMロック解除には本人確認書類が必要です。

2015年5月以降に発売された機種のSIMロック解除は、ドコモ契約者であればパソコン(My docomo)、電話、ドコモショップから可能で、パソコンからの申し込みならSIMロック解除手数料が無料になります。ドコモ解約後に手続きできるのはドコモショップのみで、SIMロック解除手数料3,000円が必要です。また、SIMロックの解除ができるのは、本人が購入した端末のみとなりました。(白ロム不可)

■SIMロック解除の手順(ドコモショップで解除する場合)
 1.ドコモショップに行き「SIMロックの解除手続きがしたい」と伝えます。
 2.端末の確認とSIMロック解除の説明を受けます。
 3.本人確認を含めたSIMロック解除のための手続きを行います。
 4.店員さんがSIMカードを挿して解除コードを入力。目の前でロックを解除してくれます。(5分ほどかかりました。)
 5.SIMロック解除手数料3000円を支払って完了です。

優先するネットワーク設定を「LTE ONLY」にできる

SIMロックを解除した端末にmineoの格安SIMを差し込んでも電波を拾ってくれません。優先するネットワーク設定を「LTE Only」にすると電波を拾って使えるようになります。一部機種では「LTE Only」の設定が無い場合もあります。

■優先するネットワーク設定を「LTE Only」にする手順
 1.「*#*#4636#*#*」にダイヤルします。
 2.テスト中の画面が表示されたら、「携帯電話情報」をタップします。
 3.表示された「携帯電話情報」を下へスクロールして、「優先するネットワーク設定」を「LTE/WCDMA」から「LTE Only」に変更します。

1-3. SIMフリーのandroid端末でのテザリング

SIMフリーのandroid端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリング可能です。ただし、au回線のBand(周波数帯)に対応した端末に限定されます。

mineo(auプラン)が利用しているau回線は、世界的に見るとマイナーなBandなので、グローバルモデルのSIMフリー端末だと対応していないことがあります。また、国内では主にドコモ回線のBandに対応したSIMフリー端末が多いので、ドコモとは一部のBandが異なるau回線では利用できないこともあります。
mineo(auプラン)のようなau回線の格安SIMでSIMフリー端末を利用する場合には、Bandに対する注意が必要です。

■au回線のBand(周波数帯)
 ・Band 1(2.1GHz)★
 ・Band 11(1.5GHz)
 ・Band 18(800MHz)★
 ・Band 26(800MHz)
 ・Band 28 (700MHz)

5つのBandのうち、最低1つ対応していれば、そのBandのエリアでは通信できますが、au回線のメインband(周波数帯)は、Band 1(2.1GHz)とBand 18(800MHz)なので、この2つに対応していれば、広い利用エリアで強力な電波が利用できます。

SIMフリー端末が対応しているBand(周波数帯)は、端末メーカーのホームページなどから確認できます。
例えば、人気SIMフリースマホの「ZenFone 2」が対応しているBandは、製造メーカーASUSのHP(https://www.asus.com)に載っています。確認してみると、au系のBand 1(2100MHz)、Band 18(800MHz)に対応していることがわかります。

mineoが格安SIMとセット販売しているSIMフリースマホも、テザリングはもちろんできます。
 ・LUCE KCP01K
 ・DIGNO M KYL22
 ・AQUOS SERIE SHL25

2. mineo(auプラン)のSIMをiPhone(iOS)で利用している時のテザリング

2-1. au発売のiPhoneでのテザリング

au発売のiPhone端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリング不可です。

裏技的方法として、iPhone5s/5cは、auと契約しているSIMで過去に一度でもテザリングの利用履歴があれば、mineoの格安SIMをセットした場合でもテザリングができるとの情報があります。
auのiPhone5s/5cを利用していてmineoへ乗り換えた方は、条件にあてはまるなら一度試してみても良いかもしれません。中古の白ロムも前の契約者がテザリングを利用していれば条件を満たすので可能性アリですね。また、過去のテザリングの利用条件が満たせない場合でも、auユーザーの家族や友だちにSIMカードを一瞬借りる手もあります。ただし、あくまでも過去情報なので現在も有効なのかはわかりません。また自己責任でお願いします。

2-2. docomo発売のiPhoneでのテザリング

docomo発売のiPhone端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリング不可です。

2-3. SIMフリーiPhoneでのテザリング

SIMフリーのiPhone端末は、mineo(auプラン)の格安SIMでテザリング不可です。

公式サイト:mineo

mineo(ドコモプラン)のテザリング利用について

端末 テザリング 料金
docomo Android(1-1) × 無料0円
iPhone(2-1) ※1(iOS 9)
SIMフリー Android(1-2)
iPhone(2-2) ※1(iOS 9)

1. mineo(ドコモプラン)のSIMをandroid OS端末で利用している時のテザリング
 1-1. docomo発売のandroid端末でのテザリング
 1-2. SIMフリーのandroid端末でのテザリング

2. mineo(auプラン)のSIMをiPhone(iOS)で利用している時のテザリング
 2-1. ドコモ発売のiPhoneでのテザリング
 2-2. SIMフリーのiPhoneでのテザリング

1. mineo(ドコモプラン)のSIMをandroid OS端末で利用している時のテザリング

1-1. docomo発売のandroid端末でのテザリング

docomo発売のandroid端末は、mineo(ドコモプラン)の格安SIMでテザリング不可です。

ドコモからmineoにMNP乗り換えして、それまで使っていたスマホを続けて使いたいユーザーや、古くなったドコモのスマホをmineoでインターネット専用スマホとして使いたいユーザーなど、mineoでドコモ発売の端末を使いたいユーザーは多いのでとても残念なのですが、テザリングはできません。ドコモショップでSIMロックを解除したSIMロック解除済み端末でもテザリングはできません。

テザリングできないのは、なぜ?

auプランではアンドロイド端末でテザリングができたのに、ドコモプランではなぜテザリングできないのでしょうか。
mineo(ドコモプラン)の格安SIMとdocomo発売のアンドロイド端末の組み合わせでテザリング接続をすると、端末のプログラムの影響で、APNがドコモSPモード契約者しか利用できない「dcmtrg.ne.jp」へ強制的に切り替わってしまいます。mineo(ドコモプラン)のAPNは「mineo-d.jp」なので「dcmtrg.ne.jp」には接続できず、テザリングができないというわけです。

裏ワザのroot化してテザリング

テザリングができない原因のSPモードAPN「dcmtrg.ne.jp」へ強制的に接続するプログラム部分をmineo(ドコモプラン)APN「mineo-d.jp」へ接続するようにプログラムを書き換えてテザリングできるようにする「root化」という方法があります。

「root化」は、可能な端末と不可能な端末があるので、自分の端末がroot化できるのかを判断する正確な情報収集が必要になります。また、root化をしてプログラムを改変した端末は、万一故障した場合に補償対象外となってしまいます。

デメリットを頭に入れた上で、気になる方は「端末名+root化」などで検索してみてください。

1-2. SIMフリーのandroid端末でのテザリング

SIMフリーのandroid端末は、mineo(ドコモプラン)の格安SIMでテザリング可能です。

APNが強制的に「dcmtrg.ne.jp」に切り替わる仕様は、ドコモ発売のアンドロイド端末だけなので、SIMフリーのアンドロイド端末にmineoの格安SIMをセットした場合では、問題なくテザリングができます。ただし、SIMフリーのアンドロイド端末がテザリング機能に対応している必要があります。
docomo発売のアンドロイド端末のSIMロックを解除してSIMフリーにしてもテザリングはできません。

2. mineo(auプラン)のSIMをiPhone(iOS)で利用している時のテザリング

2-1. ドコモ発売のiPhoneでのテザリング

docomo発売のiPhone端末は、mineo(ドコモプラン)の格安SIMでテザリング可能です。

以下の機種で、現時点で最新iOS9.2.1での動作確認が公式サイトで発表されています。
 ・iPhone 6s Plus
 ・iPhone 6s
 ・iPhone 6 Plus
 ・iPhone 6
 ・iPhone 5s
 ・iPhone 5c

2-2. SIMフリーのiPhoneでのテザリング

SIMフリーのiPhone端末は、mineo(ドコモプラン)の格安SIMでテザリング可能です。

以下の機種で、現時点で最新iOS9.2.1での動作確認が公式サイトで発表されています。
 ・iPhone 6s Plus
 ・iPhone 6s
 ・iPhone 6 Plus
 ・iPhone 6
 ・iPhone 5s
 ・iPhone 5c

docomoとSIMフリー共通で、iOSはアップデートするとテザリングなどの機能が利用できなくなる場合があります。安易にアップデートせず、mineoの公式ページで動作確認が済んだことを確認してからアップデートするようにしましょう。

公式サイト:mineo

テザリングの設定

■iPhoneの設定方法
 1.ホーム画面の「設定」を開きます。
 2.「インターネット共有」を開きます。
 3.「インターネット共有」をONにします。
 4.「インターネット共有」のタブの下に表示されるネットワーク名、パスワードを確認します。
 5.パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワーク名、パスワードを入力します。
 6.テザリングで子機と接続された場合、ホーム画面の上部などで「インターネット共有中」と表示されます。

■Androidの設定方法
 1.ホーム画面の「設定」を開きます。
 2.「ネットワーク設定」を開きます。
 3.「テザリングとアクセスポイント」を開きます。
 4.「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開いてネットワークSSID、パスワードを確認します。
 5.パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側でネットワークSSID、パスワードを入力します
 6.「テザリングとアクセスポイント」に戻って、「Wi-Fiテザリング」にチェックを入れると、テザリングが開始されます。

テザリングの種類

テザリングの種類(スマートフォンと機器の接続方法)はWi-Fi、Bluetooth®、USBの3種類あり、利用シーンに応じて使い分け可能です。

テザリングの種類 特長・メリット
Wi-Fiテザリング ・タブレット、ゲーム機、Wi-Fi対応デジカメなど対応機器が豊富
・複数の機器を同時に接続可能
・高速なデータ通信
Bluetooth® テザリング ・電池持ちがよい(消費電流がWi-Fiテザリングの約10分の1)
・設定が簡単 (パスワード入力不要)
USBテザリング ・PCからスマートフォンに給電しながらデータ通信が可能
(機種によってはUSB給電ができない場合があります)
・高速なデータ通信
・安定したデータ通信(電波の干渉が無い)

他社SIMのテザリング対応状況

事業者 docomo SIMフリー 料金
android iPhone android iPhone
mineo(auプラン) (au)
(au)
×
× 0円
mineo(ドコモプラン) × 0円
DMM mobile × 0円
IIJmio × 0円
楽天モバイル × 0円
OCNモバイルONE × 0円
UQ mobile (au)
(au)
×
× 0円
NifMo × 0円
BIGLOBE SIM × 0円
ぷららモバイルLTE × 0円
ワイヤレスゲート × 0円
BIC SIM × 0円
hi-ho LTE TypeD × 0円
PLAY SIM × 0円

mineoの月額料金・スペック

auプラン(Aプラン)

■プラン月額料金

容量 auプラン(Aプラン)
データSIM
※SMS標準装備
通話SIM
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
5GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円

参照:mineo(マイネオ)のプラン月額料金(データSIM・通話SIM)

初期費用 3,000円

■スペック

通信速度 専用アプリ 高速通信ON/OFF機能
au 4G LTE相当
(受信最大150Mbps、送信最大25Mbps)
3日制限 最低利用期間
直近3日間(当日を含まない)の通信量が3GBを超えると通信速度が制限される場合があります。 なし

ドコモプラン(Dプラン)

■プラン月額料金

容量 ドコモプラン(Dプラン)
データSIM  通話SIM
SMSなし SMSあり
500MB 700円 820円 1,400円
1GB 800円 920円 1,500円
3GB 900円 1,020円 1,600円
5GB 1,580円 1,700円 2,280円
10GB 2,520円 2,640円 3,220円

参照:mineo(マイネオ)のプラン月額料金(データSIM・通話SIM)

初期費用 3,000円

■スペック

通信速度 最低利用期間
Xi(クロッシィ)相当(受信最大225Mbps、送信最大50Mbps)
FOMA相当(受信最大14Mbps、送信最大5.7Mbps)
なし
3日制限 専用アプリ 高速通信ON/OFF機能
制限なし  ◯

テザリング中も節約ON/OFF切り替えOK!

mineoでは、アプリの「mineoスイッチ」で簡単に節約ON/OFFを切り替え可能です。他社では高速通信ON/OFF切り替え機能などと呼ばれています。アプリはAndroidとiOSのどちらにも対応しています。

スイッチを「節約OFF」にすると、auプランはau 4G LTE相当(受信最大150Mbps、送信最大25Mbps)、ドコモプランはXi相当(受信最大225Mbps、送信最大50Mbps)のデータ通信が利用でき、スイッチを「節約ON」にすると、auプラン、ドコモプランどちらも(最大)200kbpsのデータ通信に制限されます。

「節約ON」時はデータ容量が減りません。(最大)200kbpsでも十分に利用できるLINEやTwitterは「節約ON」にして、節約したデータ容量でWebや動画を「節約OFF」で楽しむことができます。節約ON/OFFの切り替えを駆使して余ったデータ容量は翌月末まで繰り越し可能。また、余ったデータ容量を家族や友人と分け合うことも可能です(パケットシェア、パケットギフト)。

節約ON/OFFの切り替えは、テザリング中も可能です。切り替えはSIM単位なので「節約ON」にするとテザリング親機も子機も(最大)200kbpsに制限されます。 

テザリング利用時は速度が遅くなるので注意

テザリングで接続した端末の通信速度は、10%から、状況によっては50%ほども遅くなることがあります。
したがって、通常時の通信速度がある程度速くなければ、テザリング接続しても使いものにならない事態が発生してしまいます。

mineoはauプラン(Aプラン)、ドコモプラン(Dプラン)のどちらも、格安SIMの中では通信速度が安定していて快適に利用できる方です。

auプラン(Aプラン)の速度実測

  8時台 12時台 18時台 22時台
1月 19.12Mbps 1.06Mbps 3.22Mbps 13.68Mbps
12月 2.25Mbps 0.43Mbps 1.92Mbps 1.76Mbps
11月 7.14Mbps 1.49Mbps 2.24Mbps 15.52Mbps
10月 4.97Mbps 1.04Mbps 4.91Mbps 21.33Mbps
9月 12.06Mbps 1.41Mbps 8.29Mbps 19.86Mbps
8月 25.45Mbps 1.22Mbps 10.69Mbps 22.03Mbps
7月 11.73Mbps 0.80Mbps 5.77Mbps 21.92Mbps

auプラン(Aプラン)は、昼の12時台がテザリング接続を快適に利用するには、速度が遅くて、厳しい時間帯です。

auプラン(Aプラン)速度計測の最新結果
mineoの速度実測(auプラン)

ドコモプラン(Dプラン)の速度実測

  8時台 12時台 18時台 22時台
1月 22.89Mbps 3.35Mbps 9.47Mbps 20.17Mbps
12月 7.63Mbps 1.13Mbps 5.25Mbps 12.02Mbps
11月 19.66Mbps 2.18Mbps 15.01Mbps 10.25Mbps
10月 10.97Mbps 1.83Mbps 12.50Mbps 5.16Mbps
9月 27.20Mbps 8.18Mbps 19.76Mbps 23.94Mbps

ドコモプラン(Dプラン)は、1日を通して速度が安定していて、テザリングも比較的快適に利用できます。

ドコモプラン(Dプラン)の速度計測の最新結果
mineoの速度実測(ドコモプラン)

テザリングでデータ通信量が増えても、mineoにはパケットシェア、パケットギフト、フリータンク、チップがある

テザリングを利用する回数や時間が増えると、当然データ通信の消費量も増えます。基本データ容量の多いプランへの変更も一つの手段ですが、その前にmineoのパケットシェア、パケットギフト、フリータンク、チップを有効活用してみましょう。

パケットシェア

繰り越したデータ容量を家族でシェアできる(契約者住所が同一の最大5回線まで)サービスです。
家族にmineoユーザーがいたら、余っている繰り越しデータ容量を融通してくれないか聞いて確認してみましょう。

パケットギフト

余っているデータ容量を誰とでも分け合えるサービスです。
友人や同僚、知人にmineoユーザーを探して、余っているデータ容量をもらえないか聞いてみましょう。

フリータンク

全国のmineoユーザーの余ったデータ容量を大きなタンクに入れて、データ容量が必要なユーザーが使えるサービスです。
データ容量を引き出す(もらう)場合は、10MBから1000MBまでの必要なデータ容量を月2回まで引き出し可能です。全国のmineoユーザーが助け合いの気持ちで入れてくれたデータ容量がタンクにあれば、月2GBまでは融通できます。

チップ

mineo(マイネオ)のコミュニティサイト「マイネ王」の質問コーナーなどで、質問者の疑問を解決すると、10MBのチップがもらえます。

WiMAXルーターにmineoのSIMカードをセットすれば、最大10台までテザリング可能

mineo(auプラン)のSIMカードは、UQ WiMAXのモバイルルーターで利用可能です。
au 4G LTE通信とWiMAX2+通信が両方利用できる「Speed Wi-Fi NEXT W01」と「Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15」の2つの機種がおすすめです。どちらもヤフオクで5,000円位出せば状態の良い中古機種が手には入ります。
どちらのWiMAXルーターも最大で10台の端末と同時にテザリング接続が可能です。

mineo(auプラン)でWiMAXルータを利用するための手順、注意事項、メリットなどの詳しい情報は以下でまとめています。
mineoでWiMAX2+ルーターが使える手順と注意点

「そのまま、安く、乗り換えよう」キャンペーン!

2016年3月31日(木)まで、「そのまま、安く、乗り換えよう」キャンペーンが開催されています。

キャンペーンの内容は、期間中にキャンペーンページから、データ通信+090音声通話のデュアルタイプのプランに申し込むと、
 ・3ヵ月基本料金から800円割引
 ・12ヵ月データ基本容量に2GB追加

の2つの大変お得な特典を受け取ることができます。

mineo史上最大のキャンペーン!

キャンペーンは終了しました。

2015年8月18日(火)~2015年10月31日(土)まで、mineo史上最大のキャンペーンが実施されています。

auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)の両プランで、6ヵ月間、月額基本料金から800円が割引きされます。6ヵ月間利用した場合、合計4,800円の割引きになります。800円より安い月額基本料金の場合、割引額はその月額基本料金が上限となります。

さらに、auプラン(Aプラン)でAQUOS SERIEをセット購入すると、6カ月×800円割引に加えて、24ヵ月間、月額基本料金から800円が割引きされます。24ヵ月間利用した場合、割引額の合計は4800円+19,200円=24,000円になります。

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする