mineo”通話定額30/60″や”通話アプリ”で通話料金は半額まで安くなる

mineo(マイネオ)通話料一覧

・通常時:20円/30秒

・通話定額30 申込時:840円/30分
・通話定額60 申込時:1,680円/1時間

・通話アプリ「楽天でんわ」利用時:10円/30秒

・IP電話アプリ「LaLa Call」利用時:8円/3分から

各サービスを利用した際のメリットやデメリットについては、本文中にまとめていますので、是非ご一読ください。

キャンペーン情報

800円×6カ月割引キャンペーン実施中!
申し込み期限は10月31日まで

キャンペーンのお申し込みはこちら

mineoの通話料は国内発信時が20円/30秒、着信時は無料

mineoデュアルタイプは、090等の電話番号を利用した音声通話が可能です。(シングルタイプはデータ通信のみのプランです。)

090音声通話を日本国内で利用する際の通話料は以下の通りです。

国内通話料
発信時:20円/30秒
着信時:無料

上記の国内通話料は、ドコモプラン(Dプラン)とauプラン(Aプラン)で共通の料金となっています。

こちらから相手に電話をかけた場合(発信時)は、30秒経過ごとに20円の通話料が発生します。

相手からこちらに電話がかかってきた場合(着信時)は、通話料は発生しません。

国内通話では着信時の通話料は無料でしたが、海外で利用する場合は着信時も通話料が発生することがあります。

海外へ電話をかける場合と、海外から電話をかける場合の通話料は以下に詳しくまとめています。
mineo海外へかける”国際電話”と海外からかける”国際ローミング”の詳細と注意点

mineoの「通話定額30」とは?

mineo「通話定額30」は、月額840円の定額料金で30分間の通話ができるサービスです。

通話定額30:840円/30分

mineoの通話料は20円/30秒なので、30分通話すると1,200円かかりますが、「通話定額30」なら840円の支払いで済むので、最大で360円安い料金でお得に利用できます。

「通話定額30」はマイページから申し込みます。

mineoの「通話定額60」とは?

mineo「通話定額60」は、月額1,680円の定額料金で60分間の通話ができるサービスです。

通話定額60:1,680円/60分

「通話定額60」は「通話定額30」より月額料金も通話時間も2倍になっています。

通話料が20円/30秒のmineoで1時間通話すると本来なら2,400円かかりますが、「通話定額60」は月額1,680円で利用できます。最大720円安く利用できます。

「通話定額60」はマイページから申し込みます。

「通話定額30/60」のメリット、良い点

mineo「通話定額30/60」はプレフィックス方式を採用していない

他社SIMの類似サービスがプレフィックス方式である場合が多いので、mineoの「通話定額30」と「通話定額60」も当然プレフィックス方式だと思うかもしれませんが、プレフィックス方式を採用していません。

ここでプレフィックス方式とは、電話を発信する際に、相手の電話番号の前に特定の番号を付けて、サービス提供事業者の電話回線を経由させることで、通常よりも安い料金にすることができます。

後述もしていますが、mineo「通話定額30/60」はプレフィックス方式を採用していないので、通話定額サービスの中で料金は高めですが、以下のメリットがあります。

mineo「通話定額30/60」はキャリアの通信品質をそのまま利用できる

プレフィックス方式を採用している場合、サービス提供事業者の電話回線を通過することが原因で「通話品質」が問題になることがあります。

プレフィックス方式のかけ放題サービスも提供している場合など、サービス提供事業者が想定する以上の通話利用があると、相手の声が聞きづらくなったり、音声の遅延、通話の途切れなどが発生する場合があります。時間帯によって混雑する場合もあります。

実際にプレフィックス方式のかけ放題サービスを提供している格安SIMのユーザーからは、通話品質に関して上記の指摘を挙げる声がちらほらと聞こえてきます。

一方、プレフィックス方式を採用していないmineoの「通話定額30」と「通話定額60」は、ドコモ(Dプラン)またはau(Aプラン)の電話回線をそのまま利用するので、年末年始やイベント会場の近く、災害や震災があった場合を除いて、通話品質に関する心配はしなくて大丈夫です。

mineo「通話定額30/60」は専用アプリのダウンロードが不要

プレフィックス方式の通話を利用するには、電話をかける相手の電話番号の前に「0037-68」(楽天でんわ)のような特定のプレフィックス番号をプラスしなければなりません。

いちいち手動で番号を付けるのも大変なので、プレフィックス方式の通話サービスを提供する事業者が、プレフィックス番号を自動で付けられるアプリを提供しているので、それをダウンロードします。

電話をかける時に、アプリを起動しなければならないという、少しですが面倒な作業が生まれます。

また、アプリにはスマートフォンの電話帳を同期することができますが、プレフィックス事業者が設計したアプリの電話帳が自分には合わない可能性もあります。

その点、、プレフィックス方式を採用していないmineoの「通話定額30」と「通話定額60」は、新しくアプリをインストールする必要がないので、今までの環境そのままで利用できます。

「通話定額30/60」のデメリット、注意点

通話時間が「通話定額30」は30分、「通話定額60」は60分超過後は通常の通話料金が発生する

「通話定額30」は定額で通話できる最大30分を、「通話定額60」は定額で通話できる最大60分を、その月に利用した通話時間が上回った部分については、通話料20円/30秒が発生します。

mineoの通話定額サービスを利用する際は、それぞれのプランで決められた上限時間を超えないよう、月間の合計通話時間に注意を払っておく必要があります。

「通話定額30/60」の通話時間は30秒毎カウント、30秒未満は切り上げ

「通話定額30/60」では、通話時間が30秒ごとのカウントなので、30秒に満たない場合、切り上げて30秒としてカウントされてしまいます。

例えば、通話時間が3分38秒だった場合、4分としてカウントされ、「通話定額30/60」の定額通話時間の残りが4分間減ってしまいます。

30秒のカウントに合わせて通話を切るのは、ほぼ不可能です。

したがって、通話時間の30分と60分はあくまで最大値であり、通話時間を1回の通話で使い切ってしまわない限り、多少の損が生じることになります。

「通話定額30/60」の対象通話は国内通話に限られる

mineo 通話定額30および通話定額60において、最大30分間および最大60分間ある定額通話の対象になるものは、国内通話に限定されます。

国内から海外への国際電話、海外から国内または海外への国際ローミング、「0570+6桁」のナビダイヤル等の各種ダイヤルサービス、電報料は定額通話が適用外となります。

「通話定額30/60」を月の途中で申し込んでも月額料金は満額請求

mineo SIMカードの新規申し込みと同時に「通話定額30/60」を申し込んだ場合、申し込み月から利用開始します。
既にmineo SIMカードを利用中のユーザーが追加で「通話定額30/60」を申し込んだ場合、申込み月の翌月から利用開始になります。

利用開始が月の途中になった場合でも、「通話定額30/60」の月額料金は全額を支払います。

月末で残り日数が少ないタイミングで利用開始すると、通話時間を使い切れない可能性も出てくるので注意しましょう。
mineo通話定額30/60の契約初月(申し込み月)の月額料金と通話時間は日割り?

月の途中で利用開始した場合のプラン月額料金の請求額については以下をご確認下さい。
mineo(マイネオ)は初月日割り?初月無料?初期費用は何円?

新規契約と同時に「通話定額30/60」を申し込む場合、SIMカードが到着するまでの日数を考慮する必要があります。
mineo(マイネオ)の到着日数 申し込み後の発送から届くまで

「通話定額30/60」で余った通話分は繰り越しできない

通話定額30は月間30分、通話定額60は月間60分の通話分が使い切れずに余った場合でも、翌月へ繰り越すことはできません。

mineoプランの月間高速データ容量が余った場合の取り扱いは以下にまとめています。
mineoデータ容量の翌月繰り越し・期限・上限・最大・ギフト・シェア

「通話定額30/60」は他社の類似サービスに比べて料金が割高

mineoの「通話定額30」と「通話定額60」は、それぞれのプランで決まった時間分だけ定額料金で通話ができるサービスでしたが、mineo以外にも同種のサービスを提供している格安SIMがあります。

プラン名 通話時間 月額料金
mineo 通話定額30
mineo 通話定額60
30分
60分
840円
1,680円
BIGLOBE 通話パック60 60分 650円
U-mobile でんわパック 60 60分 800円

通話定額サービスを提供している格安SIMには、BIGLOBE SIM と U-mobile があります。

BIGLOBE SIMの「BIGLOBE でんわ 通話パック60」は、60分の通話が月額650円で利用でき、U-mobileの「でんわパック 60」は、60分の通話が月額800円で利用できます。

mineoは60分が1,680円なので、上記2社の通話定額サービスに比べると2倍以上高くかなり割高な料金設定に思えます。

mineoの料金が高いのには理由があります。
mineo「通話定額30/60」がドコモやauと同等の通話方式なのに対して、BIGLOBE でんわ 通話パック60」とU-mobile「でんわパック 60」は、プレフィックス方式となっています。
したがって、mineoより通話品質が不安定になる可能性があるのと、電話をかける際はアプリを起動しなければならない手間があります。

格安SIMにも通話かけ放題サービスがある

mineoの「通話定額30/60」は最大30分または60分の通話を定額で利用できるサービスでしたが、他社の格安SIMには、1回の通話時間に制限があるサービスが中心となりますが、通話かけ放題のサービスもあります。

サービス名 月額料金 対象通話 回数 アプリ 
DTI SIM
「でんわかけ放題」
780円/月 5分以内の通話 回数無制限 不要
楽天モバイル
「楽天でんわ 5分かけ放題オプション」
850円/月 5分以内の通話 回数無制限 必要
OCN モバイル ONE
「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」
850円/月 5分以内の通話 回数無制限 必要
IIJmio
「通話定額オプション(1回の通話時間が短い方向け)」
600円/月 3分以内の通話
10分以内の家族通話
回数無制限 必要
IIJmio
「通話定額オプション(1回の通話時間が長い方向け)」
830円/月 5分以内の通話
30分以内の家族通話
回数無制限 必要
FREETEL SIM
「FREETELでんわ 1分間かけ放題」
399円/月 1分以内の通話 回数無制限 必要
FREETEL SIM
「FREETELでんわ 5分間かけ放題」
840円/月 5分以内の通話 回数無制限 必要
もしもシークス
「かけたい放題ライト」
850円/月 5分以内の通話 回数無制限 必要
もしもシークス
「かけたい放題フル」
1,800円/月 時間無制限 回数無制限 必要
Y!mobile スマホプラン S/M/L 0円/月 10分以内の通話 300回まで 不要
Y!mobile スマホプラン S/M/L
「スーパーだれとでも定額」
1,000円/月 時間無制限 回数無制限 不要

5分以内の通話かけ放題サービスではDTI SIMの料金が安くておすすめです。DTI SIMは通話SIMカードの月額料金も最安クラスなので、総額でも楽天モバイルOCNモバイルONEIIJmioより安く利用できます。

また、mineoの「通話定額30/60」と同じで、DTI SIMの「でんわかけ放題」もプレフィックス方式を採用していないので、通話品質がより安定していて、発信時に専用アプリを起動する必要がありません。

DTI SIM「でんわかけ放題」の詳しい情報は以下にまとめています。
DTI SIM音声プラン 通話料/でんわかけ放題/国際電話/留守番電話/キャッチホン

通話時間と回数どちらも無制限のかけ放題サービスを提供する格安SIMもあります。ドコモ、au、ソフトバンクの電話カケ放題プランと同じように利用できるサービスです。

もしもシークスは、通話プラン基本料金と「かけたい放題フル」月額料金の合計3,380円/月からかけ放題サービスが利用できます。通話時間と回数に制限無しのかけ放題サービスとしては、かなり安い料金設定となっています。

「通話定額30/60」のプラン変更、解約

通話定額30と通話定額60との間で、プラン変更が可能です。

プラン変更は、マイページから手続きを行います。

必要な通話時間に合わせて、30分と1時間を自由に変更できます。

ただし、変更後のプランに切り替わるのは、プラン変更を申し込んだ月の翌月からになります。

また、毎月末日20:00から翌月1日(終日)は、プラン変更の申し込みができません。
末日(30日または31日)の午後8時以降は変更手続きを受け付けてもらえません。時間に余裕を持って変更するようにして下さい。

「通話定額30/60」だけでなく、mineoとの契約そのものを解約したい場合の手順は以下をご確認下さい。
mineo(マイネオ)解約方法と最低利用期間・解約金・MNP転出手数料

特に「通話定額30/60」で利用しているデュアルタイプ(データ通信+090音声通話)の電話番号をそのまま他社へ乗り換える場合、通常より高額なMNP転出手数料が発生することがあるので注意しましょう。

公式サイト:mineo

通話アプリ「楽天でんわ」を利用すれば通話料は半額10円/30秒になる

mineoの通話料は20円/30秒と高いので、30分通話すると1,200円、1時間通話すると2,400円も料金がかかってしまいます。

通話定額プランはあるものの、最大30分の定額通話ができるプランが月額840円、最大1時間の定額通話ができるプランが月額1,680円と比較的割高な料金設定です。

そこで、電話アプリ「楽天でんわ」を利用して、mineoの通話料を50%OFFの10円/30秒まで安くすることができます。

楽天でんわは、楽天モバイルと同じ楽天グループの楽天コミュニケーションズ株式会社が提供するサービスです。

電話をかけるとき相手の電話番号の頭に「0037-68-」(プレフィックス番号)をつけることにより通話料が半額になります。「0037-68-」はアプリが自動的に付け足してくれます。

「プレフィックス(prefix)」とは、「接頭辞」を意味する英単語のことで、通話相手の電話番号の前に特定の番号を付け足してから発信するサービスをプレフィックス方式やプレフィックスアプリと呼んでいます。

楽天でんわの利用方法は、mineoと契約している電話番号で利用登録を行い、スマホに無料アプリをダウンロードするだけです。

月額料金などは発生せず、利用した通話料だけを支払います。
楽天と付いているので、楽天モバイルを契約していないと登録できないのではと思うかもしれませんが、mineoユーザーを含め誰でも登録可能です。

通話料の支払い方法はクレジットカード、楽天銀行およびスルガ銀行のデビットカードとなっています。mineoの支払に利用しているクレジットカードを登録すれば問題ありません。
支払った楽天でんわ通話料100円につき楽天スーパーポイント1ptが還元されます。

格安料金で通話できるIP電話がインターネット回線を使用するため通話品質が不安定なのに対して、楽天でんわは電話回線を使用するので通話品質が安定しています。

また、IP電話の場合は電話番号が050から始まる専用番号を別途使用しなければいけませんが、楽天でんわの場合はmineoの電話番号をそのまま使用できます。新しく電話番号を教える必要がありません。

楽天でんわアプリを起動して電話をかけるのをはじめは面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば問題ありません。
楽天でんわアプリとスマホの電話帳を同期できるので、不便はほとんど感じません。

フリーダイヤル、ナビダイヤル、110番、119番などの3桁番号には発信できない点には注意しましょう。
楽天でんわを経由せずmineoの通話SIMから発信すれば上記の番号につながります。楽天でんわアプリ上で発信する相手先の電話番号を長押しすることで楽天でんわを経由しない発信方法を選択できます。

30分1,200円、60分2,400円必要だったmineoの通話料金は、通話定額30/60に申し込むと30分840円、60分1,680円まで安くなりましたが、楽天でんわを利用すると30分600円、60分1,200円までさらに安くすることができます。

mineoデュアルタイプ契約者は楽天でんわの利用登録を必ずして、通話料を削減して欲しいです。
楽天でんわ

「楽天でんわ」と同種の通話料半額アプリ

通話料が半額になる楽天でんわと同じサービスの電話アプリは、他の格安SIM事業者でも提供しています。

サービス名 サービス提供者 通話料 プレフィックス番号 特徴
楽天でんわ 楽天コミュニケーションズ 10円/30秒 0037-68 誰でも申し込み可能、通話料100円につき楽天スーパーポイント1ptを還元
DMMトーク DMM mobile 10円/30秒 0037-692 誰でも申し込み可能
G-Call ジーエーピー 10円/30秒
(非課税)
0063 誰でも申し込み可能、通話料は非課税、固定電話に番号表示不能の場合あり
通話料いきなり半額 プラスワン・マーケティング 10円/30秒 00326035 誰でも申し込み可能、パッケージ版(390円)に500円分の無料通話が付与
みおふぉんダイアル IIJ 10円/30秒 0037691 IIJmioの音声通話対応SIMが対象、ファミリー通話割引との併用で通話料が8円/30秒に
OCNでんわ OCN 10円/30秒 003543 OCN モバイル ONE 音声対応SIMと5分かけ放題オプションの契約が必要、5分かけ放題オプション(月額850円)の5分を超えた分が10円/30秒の対象

mineo通話SIMのデュアルタイプ利用者がダウンロードできるプレフィックスアプリは、楽天でんわ以外にDMM mobileが提供する「DMMトーク」、ジーエーピーが提供する「G-Call」、プラスワン・マーケティングが提供する「通話料いきなり半額」の3つがあります。他の2つは利用が自社のSIMカードユーザーに限られていて、mineoユーザーは利用できません。

利用可能なものならどのアプリをダウンロードしても、mineoの通話料20円/30秒やmineoの通話定額30/60(月額840円/月額1.680円)を利用するよりもお得な料金で利用できますが、特に希望がない方には楽天でんわをおすすめします。

楽天でんわは大手のアプリなのでやはり安心できます。実際にプレフィックス方式の中でも音質が良いし、スマホやアカウントなどの電話帳と同期した楽天でんわアプリの電話帳が使いやすいです。

IP電話アプリ「LaLa Call」の利用で固定電話への通話料は8円/3分になる

mineoで30分の通話をする場合、通常は通話料1,200円、通話定額30に申し込むと月額840円、電話アプリの楽天でんわを経由すると通話料600円がかかりました。IP電話アプリ「LaLa Call」の場合は30分80円(固定電話)で済みます。

IP電話は大部分がインターネット網を通るので、電話回線網を通る場合に比べて接続料がかからないので、通話料金が安く利用できます。
その一方で、インターネット網の混雑具合によっては不安定になることがあります。
IP電話での通話が不安定になると、通話の途切れや遅れ、通話品質の悪化などが発生してしまいます。

「LaLa Call」の料金は、スマートフォン・携帯電話への通話料が18円/1分、一般加入電話(固定電話)への通話料が8円/3分となっています。また、LaLa Call同士は24時間いつでも無料です。

固定電話への通話はかなり安くなりますが、スマートフォンへの通話はプレフィックス方式の楽天でんわ(10円/30秒)の料金とあまり変わりません。

「LaLa Call」の月額基本料は、mineo契約中のユーザーは2017年1月31日まで無料ですが、2017年2月1日から月額基本料が100円になる予定です。月額基本料100円になると無料通話100円分が付いてきます。

フリーダイヤル、ナビダイヤル、110番、119番などの3桁番号は「LaLa Call」からかけられないので注意しましょう。

例えば飲み会の幹事役をよく引き受ける方のように、固定電話への通話を利用する機会が多いmineoユーザーは「LaLa Call」を利用するメリットがありますが、スマホへの通話を利用する機会が多いmineoユーザーには、通話品質なども考えると「LaLa Call」を利用するメリットがあまり無いように思います。月額基本料が有料になったらなおさらといったところです。

「通話定額30/60」の月額料金は翌月末に請求、通話料金は翌々月末に請求

「通話定額30/60」の月額料金は利用月の翌月末頃に請求されます。

「デュアルタイプ(データ通信+090音声通話付)」の通話料金と、「LaLa Call」の通話料金の2つは、利用月の翌々月末頃に請求されます。

mineoの支払いは基本的にクレジットカードになります。
mineoクレジットカード 種類・なし・名義・家族・変更

デビットカードでの支払いが可能な場合もあります。
mineoデビットカード支払い 楽天・ジャパンネット・UFJ・スルガ・りそな

なお、実際に現金を支払う日は、登録しているクレジットカードによって異なります。詳しくは以下をご確認下さい。
mineoの締め日と口座引き落とし日

まとめ

mineoの通話定額サービス「通話定額30」と「通話定額60」をあえて利用する必要はあまりないように思います。

どうしても通話定額がある格安SIMを利用したいのなら、BIGLOBE SIMの「通話パック 60」を契約した方がメリットが大きいです。

5分以内の通話かけ放題サービスなら、DTI SIM楽天モバイルOCNモバイルONEの3社から選べば間違いがありません。

通話定額やかけ放題サービスよりも、最大で1GBのデータ容量が毎月もらえるフリータンク、翌月へ繰り越されたパケットを最大5回線でシェアできるパケットシェア、mineoユーザーなら誰とでもデータ容量を分け合えるパケットギフト、パケットギフトを利用したデータ容量の無期限繰越しなど、mineoのサービスに魅力を感じているなら、mineoを契約して楽天でんわやLaLaCallなどのサービスを通話相手によって上手に組み合わせて利用する方法をおすすめします。

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする