ぷららモバイルLTEの最低利用期間と解約手数料・解約違約金

■ぷららモバイルの最低利用期間と解約手数料(解約違約金)

  データSIM 通話SIM
最低利用期間 なし 6か月
解約手数料
(解約違約金)
なし 8,000円

ぷららモバイルLTEのデータSIMには、最低利用期間も解約手数料(解約違約金)もありません。

通話SIMには、利用開始月の翌月から6ヵ月間の最低利用期間があります。最低利用期間内に解約をすると解約手数料(解約違約金)8,000円がかかります。

公式サイト:ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの最低利用期間

  データSIM 通話SIM
最低利用期間 なし 6ヵ月

ぷららモバイルLTEでは、データSIMには最低利用期間が無く、通話SIMには6ヵ月の最低利用期間があります。

データSIMの最低利用期間

データSIMには最低利用期間の規定はありません。いつでも解約手数料(解約違約金)なしで解約可能です。

ぷららモバイルLTEのSIMカードは、公式ページの「お申し込み」からプラン選択 > お客さま情報入力 > 確認 > 完了と必要事項を入力して行くと購入・契約できます。

ぷららモバイルLTEでは、利用開始月の月額料金が無料(キャンペーン中)です。
月額料金が無料の利用開始月は、利用開始日から月末までの期間で、利用開始日は、購入・契約手続き完了後のSIMカードの到着日(手続き完了から数日程度)を指します。

ぷららモバイルLTEの解約は、会員マイページから手続きができます。
解約月の月額利用料金は、日割計算されずに全額がかかります。SIMカードは解約月末まで利用できます。

通話SIMの最低利用期間

通話SIMには利用開始月の翌月から6ヵ月間の最低利用期間があり、最低利用期間内に解約をすると解約手数料(解約違約金)がかかります。

通話SIMもデータSIMと同じように、公式ページから購入・契約します。通話SIMでは本人確認書類の提出が必須となりますが、その他の手続きはデータSIMと同じです。

通話SIMでも利用開始月(利用開始日から月末)の月額料金は無料ですが、通話SIMではSIMカードの到着までに1週間程かかります。

通話SIMの解約手続きも会員マイページからできます。
解約月の月額利用料金は全額かかります(日割り計算は行いません)。SIMカードは解約月の末日まで利用できます。

公式サイト:ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの最低利用期間は長い?短い?

ぷららモバイルLTEの最低利用期間は長いのか、短いのかを判断するために、ぷららモバイルLTEの最低利用期間と人気格安SIMのIIJmio、DMM mobile、楽天モバイル、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIMの最低利用期間を比較してみました。

■格安SIMの最低利用期間比較表

事業者 データSIMの最低利用期間 通話SIMの最低利用期間 その他
ぷららモバイルLTE なし 6ヵ月 ・利用開始月の月額料金は無料
IIJmio 2ヵ月 12ヵ月 ・通話SIMの解約手数料は利用期間に応じて金額が変動
(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円
DMM mobile 1ヵ月 13ヵ月  
楽天モバイル なし 12ヵ月 ・利用開始月の月額料金は無料
OCNモバイルONE 1ヵ月 6ヵ月 ・利用開始月の月額料金は無料
NifMo 1ヵ月 7ヵ月 ・利用開始月の月額料金は無料
BIGLOBE SIM 1ヵ月 13ヵ月 ・利用開始月の月額料金は無料

データSIMの最低利用期間

ぷららモバイルLTEと同じように最低利用期間が無い格安SIMには、楽天モバイルがありました。

ぷららモバイルLTEよりもデータSIMの最低利用期間が長い格安SIMには、DMM mobile、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIMの1ヵ月とIIJmioの2ヵ月がありました。

7社中4社のデータSIMの最低利用期間が1ヵ月なので、ぷららモバイルLTEのデータSIMの最低利用期間0ヵ月は短いとわかりました。

通話SIMの最低利用期間

ぷららモバイルLTEの通話SIMの最低利用期間6ヵ月と期間が同じ格安SIMには、OCNモバイルONEがありました。

NifMoの通話SIMの最低利用期間は、ぷららモバイルLTEよりも1ヵ月長い7ヵ月でした。

IIJmioと楽天モバイルの通話SIMの最低利用期間は、ぷららモバイルLTEの2倍の12ヵ月でした。
IIJmioの通話SIMの最低利用期間は、利用期間に応じて解約手数料(解約違約金)が変動する方式を採用しています。

DMMmobileとBIGLOBE SIMの通話SIMの最低利用期間は、ぷららモバイルLTEよりも7ヵ月長い13ヵ月でした。

ぷららモバイルLTEの通話SIMよりも最低利用期間が短い格安SIMは無く、ぷららモバイルLTEの通話SIMの最低利用期間は短いとわかりました。

公式サイト:ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの解約手数料(解約違約金)

  データSIM 通話SIM
解約手数料
(解約違約金)
なし 8,000円

ぷららモバイルLTEの解約手数料(解約違約金)は、データSIMでは発生せず、通話SIMでは最低利用期間内に解約をすると8,000円の支払いが発生します。

データSIMの解約手数料(解約違約金)

ぷららモバイルLTEのデータSIMには、最低利用期間が無く、いつ解約をしても解約手数料(解約違約金)はかかりません。

解約をしたい場合は、「マイページ」内の「利用状況照会」から解約手続きを行います。
解約月の月額利用料金は全額かかります(日割り計算は行いません)。SIMカードは解約月の末日まで利用できます。

通話SIMの解約手数料(解約違約金)

ぷららモバイルLTEの通話SIMを利用開始月の翌月から6ヵ月の最低利用期間内に解約すると、8,000円の解約手数料(解約違約金)が発生します。

MNP

ぷららモバイルLTEから他社へ乗り換える場合には、MNP転出手数料3000円が発生します。

通話SIMの最低利用期間内にMNP転出をすると、通話SIMの解約手数料(解約違約金)8,000円+MNP転出手数料3000円の合計11,000円の手数料がかかります。

公式サイト:ぷららモバイルLTE

ぷららモバイルLTEの最低利用期間は高い?安い?

ぷららモバイルLTEの解約手数料(解約違約金)は高いのか、安いのかを判断するために、ぷららモバイルLTEの解約手数料(解約違約金)と人気格安SIMのIIJmio、DMM mobile、楽天モバイル、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIMの解約手数料(解約違約金)を比較してみました。

■格安SIMの解約手数料(解約違約金)比較表

事業者 解約手数料(解約違約金)
データSIM 通話SIM
ぷららモバイルLTE なし 8,000円
IIJmio なし 1,000円〜
12,000円
※  
DMM mobile なし 9,000円
楽天モバイル なし 9,800円
OCNモバイルONE なし 8,000円
NifMo なし 8,000円
BIGLOBE SIM なし 8,000円

※(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円

データSIM

データSIMの解約手数料(解約違約金)は、ぷららモバイルLTE、IIJmio、DMM mobile、楽天モバイル、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIMのすべてで無しでした。

データSIMでは、最低利用期間の有無にかかわらず、解約手数料(解約違約金)は発生しないという形態が一般的のようです。
最低利用期間がある格安SIMでは、期間内の月額料金は必ず支払う必要があります。

通話SIM

ぷららモバイルLTEの通話SIMの解約手数料(解約違約金)8,000円は、OCNモバイルONE、NifMo、BIGLOBE SIMと同額でした。

ぷららモバイルLTEの通話SIMの解約手数料(解約違約金)8,000円よりも解約手数料(解約違約金)が高い格安SIMには、DMM mobileの9,000円、楽天モバイルの9,800円がありました。

IIJmioの解約手数料(解約違約金)は利用期間に応じて金額が変動(1,000円〜12,000円)します。

公式サイト:ぷららモバイルLTE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする