So-net PLAY SIMの初期費用、初月無料と初月日割り

大手プロバイダSo-netが発売しているPLAY SIMの初期費用は3,000円(定価)です。初期費用はSIMカードのパッケージを購入時に支払います。amazon.co.jpで販売しているパッケージは、セール開催時には定価の50%以上の割引き価格で販売されていることもあります。

パッケージ購入後に申し込み手続きをした日から月末までの利用開始月の月額料金はPLAY SIMでは無料となっています。

PLAY SIM 初期費用 初月の月額料金
3,000円(定価)
※割引き価格アリ
初月無料

So-net PLAY SIMの初期費用

PLAY SIM 初期費用
3,000円(定価)
※割引き価格アリ

So-net PLAY SIMの初期費用はSIMカードのパッケージ代として3,000円が掛かります。

パッケージ代はネット通販のアマゾンや家電量販店で購入の際に支払います。Amazonでは定価の3,240円(税込)が割引き価格で販売されています。この記事を書いている時点での価格は20%OFFの2,598円(税込)で、タイムセール開催時は54%OFFの1,500円(税込)まで安くなっています。

PLAY SIMパッケージを手に入れたら利用開始の申し込み手続きをするとSIMカードが利用できるようになります。

PLAY SIMの初期費用は割引後の価格で1,500円(税込)でしたが、格安SIMの中でも1、2の人気があるDMM mobileの初期費用は3,000円で現時点では割引きなどはありません。PLAY SIMの1,500円はお得な価格です。

So-net PLAY SIMの初月無料と初月日割り

PLAY SIM 初月の月額料金
初月無料

So-net PLAY SIMでは最大1ヶ月間、初月の月額料金が無料になります。

無料になるのは、パッケージ購入後に申し込み手続きをした日から月末までの期間です。3月1日に手続きをしたら31日間、3月25日に手続きをしたら7日間です。

申し込み手続きは、パッケージご購入日を含めて14日以内またはSIM台紙記載の「有効期限」のうち、いずれか早い日までに必ず行わなければなりません。

■So-net PLAY SIMのプラン月額料金

容量 データSIM 通話SIM 販売場所
SMSなし SMSあり
140MB/日 880円 amazon.co.jp
200MB/日 1,278円
4GB/月 880円
2GB/月 780円 920円 ヨドバシカメラ
ビックカメラ
アプライド
6GB/月 1,680円 1,820円
10GB/月 2,480円

初月無料の対象となる料金は、上記表のプラン月額料金です。データSIM(SMSあり)のSMS機能の料金は対象となりますが、SMS送信料と追加チャージ料は対象となりません。

PLAY SIMでは利用開始初月の月額料金が無料となりますが、他社の格安SIMでも無料となるのでしょうか。

■So-net PLAY SIMと人気格安SIMの初月月額料金

事業者 無料/日割り/全額
PLAY SIM 無料
DMM mobile 日割り
OCNモバイルONE 無料
IIJmio 日割り
楽天モバイル 無料
NifMo 無料
BIGLOBE LTE・3G 無料

PLAY SIMと人気SIMのDMM mobile、OCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gが初月の月額料金をどのようにしているかを一覧にしてみました。

初月の月額料金を無料にする格安SIMは、PLAY SIM、OCNモバイルONE、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gの7社中5社がありました。

無料にする以外には日割計算をする格安SIMがあり、DMM mobile、IIJmioの7社中2社がありました。

初月の月額料金は無料にする格安SIMが多数派ですが、日割計算をする格安SIMもあるとわかりました。

ユーザー目線では日割りよりも無料の方が優れています。その点ではPLAY SIMはユーザー目線のSIMだと言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする