楽天モバイルの通信速度制限(3日間制限・72時間制限・1ヵ月間制限)

プラン 3日間制限 1ヵ月間制限
合計通信量 制限後の速度 合計通信量 制限後の速度
ベーシック(0GB)
3.1GBパック 540MB/3日 非公開 3.1GB/月 200kbps
5GBパック 1GB/3日 非公開 5GB/月 200kbps
10GBパック 1.7GB/3日 非公開 10GB/月 200kbps

楽天モバイルの通信速度制限には、「3日間の合計通信量が各プランで定められた通信容量を超えた場合(3日制限)」と「1カ月間の合計通信量が各プランの高速通信容量を超えた場合(1ヵ月間制限)」の2つがあります。

3日制限の制限後の通信速度は非公開、1ヵ月間制限の制限後の通信速度は200kbpsです。

楽天モバイルの4つプランのなかで、3.1GBパック、5GBパック、10GBパックの3つが、3日制限と1ヵ月間制限の対象になります。

ベーシックプランは高速通信容量がゼロで、200kbpsの低速通信のみができるプランです。

楽天モバイルの3日間(72時間)制限

プラン 3日間制限
合計通信量 制限後の速度
ベーシック(0GB)
3.1GBパック 540MB/3日 非公開
5GBパック 1GB/3日 非公開
10GBパック 1.7GB/3日 非公開

楽天モバイルでは、3.1GBパック、5GBパック、10GBパックの3つのプランに3日間(72時間)制限があります。

ベーシックは月間高速通信容量が0GBで、通信速度は一律200kbpsのプランです。ベーシックは容量チャージもできません。

3.1GBパックの3日制限

3.1GBパックでは、3日間の合計通信量が540MBを超えると、通信速度が制限されます。

540MBは、YouTubeを約4時間30分視聴、Yahooトップページに約2288回アクセス、Gmail(テキストメール)を約10万8千通送信、Google Mapで東京23区を約737回表示できる通信量です。

5GBパックの3日制限

5GBパックでは、3日間の合計通信量が1GBを超えると、通信速度が制限されます。

1GBは、YouTubeを約8時間20分視聴、Yahooトップページに約4237回アクセス、Gmail(テキストメール)を約20万通送信、Google Mapで東京23区を約1366回表示できる通信量です。

10パックの3日制限

10GBパックでは、3日間の合計通信量が1.7GBを超えると、通信速度が制限されます。

1.7GBは、YouTubeを約14時間10分視聴、Yahooトップページに約7203回アクセス、Gmail(テキストメール)を約34万通送信、Google Mapで東京23区を約2322回表示できる通信量です。

データ容量1GBでできることは?1GBでどのくらい?

3日制限後の通信速度

楽天モバイルの3日制限後の通信速度は公表されていませんが、高速通信容量が0GBのベーシックに3日制限が適用されていない点から、制限後の速度は200kbps以下と推測できます。

3日制限の解除

楽天モバイル3.1GBパック、5GBパック、10GBパックの3日制限は、3日間の合計通信量が各プランの上限値(3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GB)を超えると通信速度が制限されるので、3日間の合計通信量が各プランの上限値を下回れば、速度制限は解除されます。

その他注意事項

ファイル交換(P2P)アプリケーションやWindowsアップデートなど連続した大量のデータ通信には利用できません。

利用端末に割り当てられるIPアドレスはプライベートIPとなるので、アプリケーションによっては利用できない場合があります。

全体的なトラフィックが増えた場合、速度制限が実施されることがあります。

楽天モバイル以外の格安SIMの3日間(72時間)制限

事業者 制限内容
楽天モバイル 各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。

楽天モバイルの格安SIMには3日間制限(72時間制限)があるとわかりましたが、他社の格安SIMには3日間制限はあるのでしょうか?ないのでしょうか?

DMM mobile、IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、NifMo、BIGLOBE SIMの人気格安SIM6社の3日間制限(72時間制限)の内容をまとめてみました。

事業者 制限内容
DMM mobile SIMカード毎に、高速通信超過時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
直近3日間(当日を含まない)の通信量の合計が366MBを下回るまで制限が続く場合があります。
IIJmio SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が上記の規定値を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
OCNモバイルONE 3日間制限なし
ネットワークの輻輳状態が継続される事を避けるため、輻輳制御を行う場合があります。
mineo auプラン:ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を含みません)に3GB以上のご利用があったお客様については、KDDI社より通信速度が終日制限される場合があります。
ドコモプラン:3日間制限なし
NifMo 直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:500MB→650MB以上、5GBプラン:800MB→1,100MB以上、10GBプラン:1,200MB→2,200MB以上)を設定しており、通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限させていただきます。
直近3日間の通信量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。
BIGLOBE SIM

以下の特にご利用の多いお客さまに対して、通信速度を制限する場合があります。
―音声通話スタートプラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が120MB→200MB以上
―エントリープラン:直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MB→600MB以上

ライトS以上のプランの3日間の通信量制限は撤廃。無制限。

3日制限のある格安SIM

楽天モバイルと同じように、3日制限のある格安SIMには、mineo(auプラン)、NifMo、BIGLOBE SIM(音声通話スタートプラン・エントリープラン)の3枚がありました。

楽天モバイルの3.1GBパックは3日間の合計通信量が540MBを超えると速度制限がかかりますが、NifMoの3GBプランは650MBで、BIGLOBE SIMのエントリープランは600MBと、楽天モバイル3.1GBパックの3日制限は若干厳しい条件だとわかりました。

5GBでも楽天モバイルが1000MBでNifMoは1100MB、10GBは楽天モバイルが1700MBでNifMoは2200MBになっていて、5GBと10GBも楽天モバイルの3日制限は若干厳しい条件でした。

200kbps通信時のみ3日制限のある格安SIM

200kbps通信時のみ3日制限のある格安SIMもありました。

DMM mibileとIIJmioの2枚の格安SIMでは、通信速度200kbpsの低速通信時だけが、3日間(72時間)制限の対象になる通信量としてカウントされます。

DMM mibileとIIJmioでは、通信速度(下り最大)225Mbpsの高速通信のON/OFF切り替えができ、高速通信ON時のデータ通信は3日制限の対象にならず、高速通信OFF時のデータ通信だけが3日制限の対象になります。

楽天モバイルには今のところON/OFF切替え機能はありません。

3日制限のない格安SIM

3日制限のない格安SIMもありました。

mineo(ドコモプラン)とOCNモバイルONEとBIGLOBE SIM(ライトS以上のプラン)の3枚の格安SIMには、3日制限(72時間制限)がありません。

楽天モバイルには3日制限が残っていますが、2014年12月22日からNTTドコモが、Xi端末にて直近3日間で1GB以上連続して通信した際に、翌日に速度制限をかける場合があるルールを撤廃したので、mineo(ドコモプラン)とOCNモバイルONEとBIGLOBE SIM(ライトS以上のプラン)のように格安SIMでも3日制限は無くなりつつあります。

楽天モバイルの1ヵ月間制限

プラン 1ヵ月間制限
合計通信量 制限後の速度
ベーシック(0GB)
3.1GBパック 3.1GB/月 200kbps
5GBパック 5GB/月 200kbps
10GBパック 10GB/月 200kbps

楽天モバイルでは、1ヵ月間に利用できる高速通信容量別に4つのプランがあります。

高速通信容量が0GBのベーシック、プラン名の通り高速通信容量が3.1GBの3.1GBパック、高速通信容量が5GBの5GBパック、高速通信容量が10GBの10GBパックの4つです。

楽天モバイルの月額料金(データSIM・通話SIM)

3.1GBパック、5GBパック、10GBパックの通信速度は(下り最大)150Mbps(上り最大)50Mbpsです。

ベーシックの通信速度は(下り上り最大)200kbpsです。ベーシックでは後述する容量追加パック(チャージ)を申し込むこともできません。(下り最大)150Mbpsの高速通信は一切使えません。

4つのプランのなかで1ヵ月間制限があるのは、3.1GBパックと5GBパックと10GBパックの3プランです。

1ヵ月間制限

楽天モバイルの3.1GBパック、5GBパック、10GBパックでは、各プランの高速通信容量を使い切って残高がゼロになると、通信速度が200kbpsに制限されます。

制限後の通信速度200kbps

楽天モバイルの1ヵ月間制限後の通信速度(最大)200kbpsは、制限前の通信速度(下り最大)150Mbpsの750分の1の通信速度です。

750分の1と聞くと、制限後の200kbpsでインターネットに接続できるのか不安になるかもしれません。

ただし750分の1はあくまでも最大値の話で、制限後の通信速度200kbpsでも、

・Yahoo! Japanトップページへのアクセス
・Gmail(テキスト)の送受信
・LINE
・Twitter
・Facebook
・EVERNOTE
・LINE電話(IP電話)
・radiko

などなど、ほとんどがほぼ問題なく利用できます。

ただし、YouTubeやHuluなどでの動画の視聴は厳しく、200kbpsでは不向きです。

200kbpsでできること・できないことまとめ

契約初月の高速データ量

楽天モバイルの契約初月のプラン月額料金は無料です。無料で高速通信容量が付与されます。

楽天モバイルの初期費用と初月月額料金

楽天モバイル以外の格安SIMの制限後の速度は?

楽天モバイルの1ヵ月制限後の速度は200kbpsでしたが、この速度は遅いのでしょうか?厳しい制限なのでしょうか?

楽天モバイルと人気格安SIMのDMM mobile、IIJmio、OCNモバイルONE、mineo、NifMo、BIGLOBE SIMの制限後の速度を比較してみましょう。

事業者 制限後の速度
楽天モバイル 200kbps
DMM mobile 200kbps
IIJ mio 200kbps
OCNモバイルONE 200kbps
mineo 200kbps
NifMo 200kbps
BIGLOBE SIM 200kbps

全7社の制限後の速度が200kbpsとなっていました。楽天モバイルの制限後の速度はごくごく一般的だとわかりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする