楽天モバイルのWi-Fiスポット

格安SIMカードのなかには付加サービスとしてWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が無料で利用できる特典をウリにしているSIMもありますが、楽天モバイルにはこのような特典はあるのでしょうか?

また、Wi-Fiスポットを追加料金無しで利用できる格安SIMとくらべて楽天モバイルSIMの料金は安いのでしょうか?

残念ながら、楽天モバイルSIMの契約者が無料で利用できるWi-Fiスポットはありません。

Wi-Fiスポットを使いたい場合は、

・楽天モバイル以外のWi-Fiスポットを追加料金無しで利用できる格安SIMを契約する
・有料Wi-Fi(有料公衆無線LAN)サービスに申し込む

どちらかの方法がありますが、本文中でしているように、楽天モバイルSIMと無料Wi-Fiスポット付きSIMの月額料金を比較すると、無料Wi-Fiスポット付きSIMを契約するほうがお得です。
Wi-Fiスポットを無料で利用できるからその分料金が高いという訳では無いとわかりました。

無料Wi-Fiスポット付き格安SIMカード

格安SIM事業者 利用できるWi-Fiスポット(スポット数)
OCN モバイル ONE 「OCN モバイル ONE Wi-Fiスポット」(約38,000)
BIG SIM 「BBモバイルポイント」「Wi2-300」
「UQ Wi-Fi」(国内最大級のスポット数)
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 「BBモバイルポイント」「Wi2-300」
「eoモバイル」(合計40,000以上)
NifMo 「BBモバイルポイント」(約5,200)
BIGLOBE LTE・3G 「BBモバイルポイント」(約5,200)

Wi-Fiスポットを追加料金無しで利用できる格安SIMは5事業者が発売しています。

5枚の格安SIMの中でスポット数では「BIG SIM」「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE」が多いです。「OCN モバイル ONE」のスポット数も健闘しています。

楽天モバイルSIMとWi-Fiスポット付SIMの月額料金を比較

楽天モバイルSIMとWi-Fiスポット付SIMの中からスポット数の多いBIG SIM、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE、OCN モバイル ONEのSIMを月額料金で比較してみます。

比較する月額料金は、データ専用(SMSなし)プランなのですが、ワイヤレスゲートの5GB・10GBはSMSなしプランが無いのでSMSありプランの月額料金を採用しています。
容量は楽天モバイルにある容量だけを比較していますので、楽天モバイル以外のSIMにはここに載っていないプランがあるSIMもあります。
容量3.1GBでは楽天モバイル以外のSIMは3GBの料金を記載し、括弧内に1GBあたりの料金を記載しています。

  楽天モバイル BIG SIM ワイヤレスゲート OCN モバイル ONE
0GB 525円 445円
3.1GB 900円
(@290円)
900円/3GB
(@300円)
852円/3GB
(@284円)
1,100円/3GB
(@367円) 
5GB 1,450円 1,520円 1,278円(SMSあり) 1,450円 
10GB 2,260円 2,560円 5,080円(SMSあり)

10GBに限っては楽天モバイルが最安ですが、0〜5GBでは楽天モバイルよりWi-Fiスポット付SIMの方が安いとわかりました。

高速データ容量0GBではWIRELESS GATEの方が80円安いですし、3GBでもWIRELESS GATEの方が1GBあたり6円安く、5GBではOCN モバイル ONEが同額で、ワイヤレスゲートはSMSありにもかかわらず172円安いです。

有料のWi-Fiスポットサービス

楽天モバイルのSIMカードを使いながらWi-Fiスポットも使いたいという場合は、有料のWi-Fiスポットサービスへの申し込みが必要です。残念ながら楽天系列のWi-Fiスポットサービスはありませんでした。

サービス名 事業者 月額料金
Wi2 300 ワイヤ・アンド・ワイヤレス 380円
ワイヤレスゲートWi-Fi ワイヤレスゲート 390円
BBモバイルポイント ソフトバンクテレコム 540円 / 216円(Yahooプレミアム会員)
フレッツスポット NTT東日本・西日本 972円 / 216円(フレッツ光契約者)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする