ヨドバシカメラ ワイヤレスゲートSIMの初期費用、初月無料と初月日割り

ヨドバシカメラワイヤレスゲートSIMの初期費用は3,000円で、ヨドバシカメラの店頭や通販で販売されているSIMカードパッケージの代金として支払います。

パッケージ購入後、申し込み手続きが完了した日から月末までの期間を日割計算した料金が初月の月額料金になります。

ワイヤレスゲートSIM 初期費用 初月の月額料金
3,000円 初月日割り

ヨドバシカメラ ワイヤレスゲートSIMの初期費用

ワイヤレスゲートSIM 初期費用
3,000円

ワイヤレスゲートSIMの初期費用は3,000円です。

ワイヤレスゲートSIMはヨドバシカメラの店舗かヨドバシカメラのネット通販で購入できます。パッケージ代として支払う3,000円が初期費用となります。

ヨドバシカメラの通販で購入する場合は、ヨドバシ.comの「ワイヤレスゲート WiFi+LTE SIMカード・パッケージ」ページに行き、プランを選択してショッピングカートに入れて手続きを進めて行きます。3,000円+税金を決済して完了です。

SIMパッケージが手元に到着したら、SIMカードを端末に挿入してクレジットカード番号などの必要事項を入力すると利用できるようになります。

ヨドバシカメラSIMでは初期費用が必要ということですが、他社が発売している格安SIMには初期費用は必要なのでしょうか。また、初期費用が必要だとしてヨドバシカメラSIMの3,000円という金額は高くはないのでしょうか。

そこで、ヨドバシカメラのワイヤレスゲートSIMと他社の格安SIMとを初期費用で比較してみましょう。

■ワイヤレスゲートSIMと人気格安SIMの初期費用比較表

事業者 初期費用
ワイヤレスゲートSIM 3,000円
DMM mobile 3,000円
OCNモバイルONE 3,000円
IIJmio 3,000円
楽天モバイル 3,000円
NifMo 3,000円
BIGLOBE LTE・3G 3,000円

ワイヤレスゲートSIM以外の格安SIMには、人気のあるDMM mobile、OCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gを選択しました。

比較してみた結果、ワイヤレスゲートSIM以外でも全ての格安SIMで初期費用が必要でした。また、初期費用の金額も全ての格安SIMが3,000円となっています。ワイヤレスゲートSIMの初期費用は高くないとも分かりました。

ヨドバシカメラ ワイヤレスゲートSIMの初月無料と初月日割り

ワイヤレスゲートSIM 初月の月額料金
初月日割り

ヨドバシカメラワイヤレスゲートSIMでは、初月の月額料金を日割計算して請求します。4月3日から使い始めるたら28日分の月額料金を、4月22日から使い始めたら9日分の月額料金を支払います。

ヨドバシカメラの店舗や通販でワイヤレスゲートSIMカードパッケージを購入してから、利用を開始するためには申し込み手続きが必要になります。

データSIMの申し込み手続きは、SIMカードを端末に挿入してブラウザを立ち上げてからの必要事項の入力と専用アプリのインストールを行います。この手続きは、SIMカードパッケージに記載されている開通有効期限内に済ませなければなりません。

無事申し込み手続きが完了すると、データSIMでは完了日から利用開始となり、利用開始日から月末までを日割計算した月額料金を支払います。

音声通話SIMの申し込み手続きは、購入したパッケージにSIMカードは入っておらず申し込みページのURLが記載されているのでアクセスし、必要事項の入力と本人確認書類のアップロードを行ったのち、音声通話対応のSIMカードが送られてくるのでSIMカードを端末に挿入し、APN設定とアプリのインストールを行います。

本人確認後にワイヤレスゲートから送られてくるSIMカードの発送日を1日目として3日目が利用開始日となります。利用開始日から月末までを日割計算した月額料金を支払います。

また、音声通話SIMの申し込み手続きを店頭で行った場合はその日から課金がスタートします。

■ヨドバシカメラワイヤレスゲートSIMのプラン月額料金

容量 データSIM 通話SIM
0GB 445円 1,204円
3GB 852円 1,574円
5GB
1,278円
※SMS標準付帯
2,130円
8GB 2,297円
※SMS標準付帯
3,241円
10GB 5,084円
※SMS標準付帯

日割計算の対象となるのは上記のプラン月額料金、音声通話オプションの留守番電話サービス(月額料金300円)とキャッチホン(月額料金200円)の3つです。SMSサービスオプションの月額料金(139円)、通信量チャージオプションの料金、SMS送信料、通話料は日割計算の対象外です。データSIMの5GB、8GB、10GBではSMS機能がはじめから付いていて料金はプラン月額料金に含まれています。

ワイヤレスゲートSIM以外の格安SIMでは初月の月額料金をどのように処理し請求しているのでしょうか。初期費用の時のように他社の格安SIMと比較してみたいと思います。

■ワイヤレスゲートSIMと人気格安SIMの初月の月額料金比較表

事業者 無料/日割り/全額
ワイヤレスゲート 日割り
DMM mobile 日割り
OCNモバイルONE 無料
IIJmio 日割り
楽天モバイル 無料
NifMo 無料
BIGLOBE LTE・3G 無料

初期費用と同じように、他社の格安SIMにはDMM mobile、OCNモバイルONE、IIJmio、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gと人気SIMを集めました。

ワイヤレスゲートのように日割計算をする格安SIMにはDMM mobileとIIJmioがありました。

日割計算以外には、初月の月額料金を全額無料にする方法がありました。OCNモバイルONE、楽天モバイル、NifMo、BIGLOBE LTE・3Gは全額無料にする格安SIMです。

日割りよりも無料の方が当然に魅力的ですが、あくまでも初月のみのことなのであまり気にしなくて良いのかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする