mineoを家族みんなで一番お得に契約する方法【家族割引+α】

この記事では、「mineoを家族みんなで一番お得に契約する方法」を紹介します。

この記事を読めば、mineo(マイネオ)を家族で利用するメリットを最大限に受けることが可能です。

 

キャンペーン紹介:

【5/31まで】月額料金 <1,188円 割引>キャンペーン

【限定】時間無制限かけ放題 <1年間 割引>キャンペーン

【限定】パケット放題 Plus <無料>キャンペーン

 

※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。
※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

mineo(マイネオ)

 

 

あわせて読みたい記事:

mineo(マイネオ)を一番損しないタイミングで申し込みする方法

 

 

この記事の目次:

家族のeoID
・家族は別eoIDがオススメ
 ・eoIDとは
・家族を別eoIDにするメリット
・一人で複数のeoIDを作成する方法
・家族に18歳未満の子供がいる場合
 ・利用者登録

家族の割引
・家族割引
 ・割引額は55円/月
 ・マイページから申請が必要
 ・割引は申請の翌月から
 ・別eoIDの回線が条件
 ・同一名義でも家族割
 ・住所や姓が異なる家族も対象
 ・シングルタイプも対象
 ・申し込み手続き
 ・解約手続き

・複数回線割引
 ・割引額は55円/月
 ・申請は不要
 ・割引は利用開始日の翌月から
 ・同一eoIDの回線が条件

・「複数回線割引」より「家族割引」が優先される

家族のパケットギフト
・余ったデータ容量を家族に贈れる

家族の紹介アンバサダー
・紹介アンバサダー制度
・別eoIDが条件

家族のエントリーコード使用
・「エントリーコード」と「紹介アンバサダー」は併用OK

家族がお得な契約申し込みタイミング
 ・月の後半の申し込みがお得
 ・基本データ容量は20GBがお得

mineo(マイネオ)を家族で契約する際のQ&A
・Q.家族同士の通話は無料になりますか?
・Q.クレジットカードを持っていない大学生の子供は契約できますか?
・Q.子供を利用者登録した回線もフリータンクから1GBを引き出せますか?
・Q.家族の支払いは1つにまとめられますか?
・Q.子供が18歳になったのですが、本人名義に変更できますか?

家族のeoID

家族は別eoIDがオススメ

家族でmineoを契約する場合、eoIDは分けることをおすすめします。

eoIDとは

eoIDは「オプテージ(mineoの運営会社)」が提供するサービスを利用するための専用IDです。

eoIDを持っていない方(過去にオプテージのサービスを利用したことがない方)は、mineoを申し込みする際に新規作成します。

家族を別eoIDにするメリット

それぞれの家族が別eoIDでmineo回線を契約すると、紹介特典がもらえるメリットがあります。

  別eoID 同一eoID
家族の割引 家族割引
(-50円)
複数回線割引
(-50円)
家族間のパケットギフト ギフトOK ギフトOK
家族間の紹介特典 紹介OK 紹介NG

一人で複数のeoIDを作成する方法

eoID毎に異なるメールアドレスを登録すれば、一人で複数のeoIDを作成することができます。

家族に18歳未満の子供がいる場合

18歳未満の方はmineoを契約できません。

18歳以上の方(お父さん、お母さんなど)が契約し、利用者登録する必要があります。

利用者登録

mineo 利用者登録

契約申し込み時に「ご利用者さま」、「ご契約者さまとの関係」、「氏名」、「性別」、「生年月日」、「職業」を登録します。

また、契約後にマイページから登録することもできます。

家族の割引

mineoを家族で契約する場合に適用対象となる割引には「家族割引」と「複数回線割引」があります。

別eoIDにするなら「家族割引」、同一eoIDにするなら「複数回線割引」となります。

2つの割引を併用することはできません。

家族割引

三親等以内の家族がmineoを契約する場合に、各回線(5回線まで)の月額基本料金から55円割り引くサービスです。

割引額は55円/月

家族割引は、1回線につき月額基本料金から毎月55円を割り引くサービスです。

家族割引のグループに入っている回線は、主回線も含めた全回線(最大5回線)に割引が適用されます。

マイページから申請が必要

家族割引が適用されるには、マイページから申し込みが必要です。

同じ家に住む家族であっても、申し込みをしない限り家族割引は適用されません。

割引は申請の翌月から

マイページから家族割引を申し込みした後、mineoが申し込みを承諾した月の翌月から割引が適用となります。

申し込み月は割引が適用とはなりませんので、ご注意ください。

別eoIDの回線が条件

家族割引を適用させるためには、別eoIDの回線であることが条件です。

同一eoIDの回線と家族割引のグループを組むことはできません(後述する「複数回線割引」が適用されます)。

同一名義でも家族割

別eoIDの回線なら、同一名義でも家族割引が適用されます。

異なるメールアドレスを登録すれば別eoIDが作成できます。

住所や姓が異なる家族も対象

主回線者から三親等以内なら、住所や姓が異なる家族も割引対象となります。

また、同性パートナーや事実婚等の方も家族割引の対象です。

シングルタイプも対象

音声通話ができるデュアルタイプだけでなく、データ通信のみのシングルタイプでも家族割引が適用されます。

どちらのタイプも割引額は同じ55円なので、料金が安いシングルタイプの方がお得度は高いです。

申し込み手続き

マイページにログインし、「ご契約サービスの変更」から「家族割引お申し込み・変更」を選択します。

mineo 家族割引お申し込み・変更

「グループ追加する」ボタンを押します。

mineo 家族割引 グループ追加する

「ご利用番号」と「ご契約者さまとの続柄」を入力してください。

mineo 家族割引 「ご利用番号」 「ご契約者さまとの続柄」

さらに追加したい場合は「グループ追加する」ボタンを押すと、入力欄「家族回線2」が増えます。

mineo 家族割引 入力欄を増やす

「同一住所かつ同一姓」以外の場合(契約者と家族の住所や姓が異なる場合)、家族関係書類のアップロードが必要です。

mineo 家族割引 家族関係書類のアップロード

入力が完了したら、「次へ進む」を押します。

入力内容に誤りがなければ、「申し込む」を押しましょう。

申し込み内容の審査が行われ、結果がメールで届きます。

審査完了の翌月から家族割引が適用開始となります。

解約手続き

「主回線(代表回線)以外」を解約する場合、残りの回線で引き続き家族割引を利用できます。

「主回線(代表回線)」を解約する場合、家族割引も解約(グループ解散)となります。

残りの回線で引き続き家族割引を利用するためには、別の方が主回線(代表回線)となり、改めての申し込みが必要です。

複数回線割引

mineoを複数回線契約する場合に、各回線(10回線まで)の月額基本料金から55円割り引くサービスです。

割引額は55円/月

複数回線割引は、1回線につき月額基本料金から毎月55円(家族割引と同額)を割り引くサービスです。

割引回線は最大10回線まで。1回線目も含めて割引が適用されます。

申請は不要

家族割引は申し込みが必要でしたが、複数回線割引は申し込み不要です(自動適用されます)。

解約によって単独回線となった場合は、割引が自動的に適用除外となります。

割引は利用開始日の翌月から

複数回線割引は2回線目以降の利用開始日が含まれる月の翌月から適用となります。

同一eoIDの回線が条件

同一eoIDの回線が複数回線割引の適用対象となります。

家族割引は別eoIDの回線が適用対象です。

「複数回線割引」より「家族割引」が優先される

同一回線での家族割引と複数回線の併用はできません。

2つの割引の対象となった回線では、家族割引の適用が優先されます。

2回線を契約している方の「回線①」で家族割引が優先適用となった場合でも、「回線②」は複数回線割が適用されます。

家族のパケットギフト

余ったデータ容量を家族に贈れる

mineoには「パケットギフト」というサービスがあります。

余っているデータ容量をギフトとして他の回線に贈ることができます。もちろん、家族の回線にもデータ容量が贈れます。

以前は同一eoIDの回線にパケットギフトが贈れなかったのですが、現在は贈れるようになりました。

また、パケットギフトにはデータ容量の有効期限がギフト受取日の翌月末までとなるルールがあります。

有効期限が近づいたデータ容量は家族にギフトすれば、何度でも有効期限が延長できるので、無駄なくデータ容量を使い切ることができます。

>> mineo無限繰越の方法!パケットギフトとダンジョン2つの方法を紹介

家族の紹介アンバサダー

紹介アンバサダー制度

家族やご友人にmineoを紹介すると特典がもらえる制度です。

【紹介する方の特典】

  • 2GBのパケット(紹介人数にかかわらず、ひと月2GBが上限)
  • 抽選で1,500円~3,500円分/件の電子マネーギフト

【紹介された方の特典】

  • 契約事務手数料無料
  • 端末購入で2000円分の電子マネーギフト

別eoIDが条件

別eoID回線が紹介特典の対象となります。

紹介アンバサダー制度では、同一eoID回線の家族を紹介することはできません。

家族のエントリーコード使用

mineoを申し込みする時は、エントリーコードを使用しましょう。

amazonにて「mineoエントリーパッケージ(ダウンロード版:350円)」を購入し、エントリーコードを受け取ります。

mineo公式サイトの申込画面にて「エントリーコード(16桁)」を入力します。

新規申し込み時の「契約事務手数料3,300円」が無料になります。

エントリーコードを入力しても、「SIMカード発行料440円」はかかります(無料になりません)。

「エントリーコード」と「紹介アンバサダー」は併用OK

「エントリーコード」と「紹介アンバサダー」は一緒に利用可能です。

家族がお得な契約申し込みタイミング

月の後半の申し込みがお得

mineo(マイネオ)では、「基本データ容量付与日」と「課金開始日」にタイムラグが発生します。

  • 「基本データ容量付与日」=「SIMカード発送日」
  • 「課金開始日」=「利用開始日」

「SIMカード発送日」から「利用開始日」までに月をまたぐと、2ヵ月分の基本データ容量がもらえます。

例えば、

  • 「SIMカード発送日(4月25日)」:<4月分>の基本データ容量付与
  • 「利用開始日(5月1日)」:<5月分>の基本データ容量付与

上記の場合、支払いは<5月分>のプラン料金からスタートします。

mineoの利用開始日のタイミングは下記の通りです。

▼ 新規契約(MNPしない方)の利用開始日

新規契約(MNPしない方)の利用開始日は、

  • ①:初回パケット発生日(※1)
  • ②:SIMカード発送日の10日後

①、②いずれか早い方の日です。

(※1)20時以降かつ10MB未満のパケットは、翌日が利用開始日になる場合があります。

▼ のりかえ(MNPする方)の利用開始日

のりかえ(MNPする方)の利用開始日は、

  • ①:MNP転入の切替日
  • ②:MNP予約番号有効期限前日

①、②いずれか早い方の日です。

具体的なタイミング(申込日は〇月〇日がお得)を下記ページで紹介しています。

>> mineo(マイネオ)を一番損しないタイミングで申し込みする方法

基本データ容量は20GBがお得

家族でmineoを利用する場合、申し込みする時の基本データ容量はとりあえず「20GB」にしておきましょう。

▼ mineo 料金プラン
基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円

※価格は税込み
※Aプラン(au回線)、Dプラン(ドコモ回線)、Sプラン(ソフトバンク回線)で料金は同じ

基本データ容量が使い切れなかった場合も、他の家族にパケットギフトで贈れます。

>> mineo無限繰越の方法!パケットギフトとダンジョン2つの方法を紹介

mineo(マイネオ)を家族で契約する際のQ&A

Q. 家族同士の通話は無料になりますか?

残念ながら、mineo(マイネオ)には家族同士の通話が無料になるサービスはありません。

以下サービスをうまく利用することで、家族間の通話がお得になります。

国内通話料 ・22円/30秒
・一般的な国内通話です。
mineoでんわ ・10円/30秒
・専用アプリ「mineoでんわ」から発信するだけで国内通話料が半額になります。
・専用アプリ「mineoでんわ」以外から発信した場合は20円/30秒がかかります。
10分かけ放題 ・550円/月
・10分以内の国内通話が誰とでも何度でもかけ放題に。
・専用通話アプリ不要。
時間無制限かけ放題 ・1,210円/月
・国内通話が誰とでも何度でもかけ放題に。
・専用通話アプリ不要。
LaLa Call ・110円/月
・IP電話アプリ。050で始まる電話番号がもらえます。
・携帯電話への通話料は8.8円/30秒。
・一般電話への通話料は8.8円/3分。
・LaLa Call同士の通話料は無料。
・mineo利用者はデータ消費なし。
・mineo利用者は毎月110円分の無料通話付き。
LINE ・無料通話・メッセージアプリ。
・LINE同士の通話料は無料。

Q.クレジットカードを持っていない大学生の子供は契約できますか?

クレジットカードを持っていない方はmineo(マイネオ)を契約できません。

学生向けのクレジットカードを作成するか、お父さんやお母さんが契約したmineo(マイネオ)回線に大学生のお子様を利用者登録するかのどちらかです。

Q.子供を利用者登録した回線もフリータンクから1GBを引き出せますか?

お子さんを利用者登録した回線もフリータンクから毎月1GBまで引き出しできます。フリータンクは1回線につき1GBまで引き出しできます。

フリータンクを利用するには、まずeoIDとマイネ王アカウントを連携します。マイネ王アカウントは1人1つ作成できます。

お子さん用のマイネ王アカウントを作ってeoIDと連携させます。お母さんと共通eoIDで問題ありません。連携時にお子さんの回線番号を選択したらOKです。

  • お母さんのマイネ王アカウント ー お母さんのeoID ー お母さんの回線番号
  • お子さんのマイネ王アカウント ー お母さんのeoID ー お子さんの回線番号

フリータンクの引き出し(OUT)ルール

・累計OUT量 ≧ 累計IN量の方は、残容量が500MB以下になるとOUTできる
・1回のOUT容量は500MBまで
・1ヵ月のOUT容量合計1,000MBまで
・1ヵ月の利用回数2回まで

Q.家族の支払いは1つにまとめられますか?

契約時はmineo(マイネオ)申込者の名義とクレジットカードの名義が完全一致している必要があります。契約申し込み時は家族の支払いを1つにまとめられません。

契約成立後にクレジットカードを変更する際は他人名義でもOKです。契約後なら家族の支払いを1つにまとめられます。

Q.子供が18歳になったのですが、本人名義に変更できますか?

お子供さんの名義に変更したい場合は名義変更(譲渡)を申し込みます。家族間(三親等以内)の変更では契約譲渡手数料3,000円が無料になります。

名義変更(譲渡)を申し込みする際にはお子さん名義のクレジットカードが必要なので、事前に準備しておきましょう。

利用者登録していたので複数回線割引が適用されていたはずですが、名義変更(譲渡)すると割引適用外となります。代わりに家族割引が適用となりますが、こちらは申し込みが必要です。

▼用意するもの
  • 同意書
  • お子さんの本人確認書類
  • お子さん名義ののクレジットカード

▼名義変更の流れ
  • 「お父さん(譲渡人)」がmineoサポートダイヤルへ電話
  • 「お父さん(譲渡人)」に同意書が届く。
  • 記入した同意書と本人確認書類を返送用封筒に入れて返送。ショップへの来店は不要。

公式サイト:

>> mineo(マイネオ)

 

あわせて読みたい記事:

>> mineo(マイネオ)を一番損しないタイミングで申し込みする方法