mineo(マイネオ)を家族みんなで一番お得に契約する方法

mineo(マイネオ)を家族で利用したいと考えている方が、どこよりもお得に申し込みできる方法をご紹介しています。

キャンペーンのご案内:

・月額800円×6ヵ月 割引キャンペーン実施中!
・データ容量1GB増量×6ヵ月キャンペーン実施中!

>>>キャンペーンのお申し込みはこちら

※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。
※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)を家族みんなで一番お得に契約する方法

方法1:家族のeoIDは2つ以上に分ける

家族みんなでmineo(マイネオ)の契約を考えている方は、家族のeoIDを分けて申し込みするべき!家族のeoIDを分けると紹介特典をもらえるメリットがあるからです!!

  家族のeoIDをまとめる場合 家族のeoIDを分ける場合
家族間のパケットギフト ギフト贈れる ギフト贈れる
家族間の割引 複数回線割引(-50円) 家族割引(-50円)
家族間の紹介特典 特典もらえる 特典もらえない

eoIDとは?

eoIDはオプテージ(mineoの運営会社)が提供するサービスを利用するための専用ID。

eoIDを持っていない方(いままでオプテージのサービスを利用したことがない方)は、mineoの申し込み時に必ずeoIDを新規作成します。

eoIDをまとめる…とは?

お父さん、お母さん、お子さん(18歳未満)の3人家族がmineo(マイネオ)を契約する場合で考えてみます。

「お父さん」のeoIDで家族全員分3回線を契約します。「お父さん」が契約した回線に、「お母さん」と「お子さん」を利用者登録をします。使用するeoIDは1つだけです。

eoIDを分ける…とは?

「お父さん」と「お母さん」がそれぞれ回線を契約します。18歳未満の「お子さん」はmineo(マイネオ)を契約できません。そこで「お母さん」のeoIDに1回線追加して「お子さん」を利用者登録します。使用するeoIDは2つになります。

利用者登録とは?

mineo(マイネオ)を申し込みする際にSIMの利用者をたずねられます。契約者と利用者が異なる場合は次の5つを入力します。「1.ご契約者様との関係(父/母/妻/夫/子/祖母/祖父/孫/その他)」「2.氏名」「3.性別」「4.生年月日」「5.職業」。

契約成立後に新しく利用者を登録する場合や、利用者を変更する場合はマイページから手続きします。

家族間でパケットギフトが贈れる

mineo(マイネオ)では、ギガが不足している家族にデータ容量をプレゼントできます(「パケットギフト」機能)。

なお、家族に限らずmineoユーザなら誰とでもパケットギフトが贈り合えます。

家族間でパケットシェアができる

mineo(マイネオ)では余った基本データ容量は翌月に自動的に繰り越され、シェアグループの家族みんなで使えます。(「パケットシェア」無料オプションサービス)。当月の基本データ容量はシェアできません。

シェアメンバーは家族以外の誰でもOK。最大10回線までグループに参加できます。

家族契約におすすめデータ容量

mineo(マイネオ)は基本データ容量の大きいプランの方がお得な料金設定となっています。

お父さん3GB、お母さん3GB、お子さん3GBで契約するより、お父さん10GB、お母さん0.5GB、お子さん0.5GBで契約するの方が料金も合計データ容量もお得です。基本データ容量のかたよりはパケットギフトとパケットシェアでやりくりすればOKです。

では、Aプラン(au回線)の実際の料金で確認してみましょう。

  • 3,220円(3GB) + 3,220円(3GB) + 3,220円(3GB) = 9,390円(9GB)
  • 6,510円(10GB) + 1,310円(0.5GB) + 1,310円(0.5GB) = 9,130円(11GB)

>>>Dプラン、Sプランの料金を確認する

家族が利用できるmineoの割引

mineoには「家族割引」と「複数回線割引」があります。どちらも割引額は50円と同額です。

家族がmineoを契約した場合、「家族割引」または「複数回線割引」のどちらかが対象となります。

家族割引とは?

三等身以内の家族が契約している場合に、各回線の基本料金から50円割り引いてくれるサービスです。申し込み必要。

複数回線割引とは?

一人が複数回線を契約している場合に、各回線の基本料金から50円割り引いてくれるサービスです。申し込み不要(自動適用)。

mineoを家族で契約する場合に関係してくる割引のルールが2つあります。

1つ目は「1eoIDの中で家族割引が適用されるのは最大1回線まで」。2つ目は「同一eoID内の回線と家族割引を組むことはできない」です。

したがって、「お父さん」と「お母さん」がそれぞれ回線を契約。「お母さん」のeoIDに1回線追加して「お子さん」を利用者登録した3人家族場合、下記の割引が適用となります。

  • お父さんの回線  → 家族割引が適用
  • お母さんの回線1 → 家族割引が適用
  • お母さんの回線2 → 複数回線割引が適用

方法2:追加する家族は紹介アンバサダー制度を利用する

mineo(マイネオ)には「紹介アンバサダー制度」があり、家族や友達を紹介すると「紹介特典」がもらえます。

紹介アンバサダー制度とは?

紹介する方は、抽選で電子マネーギフト(1,500円~3,500円/1件)がもらえます。抽選に外れた方ももれなくデータ容量2GBがもらえます。

紹介された方は、必ず電子マネーギフト(1,000円)がもらえます。

当サイトでは「家族のeoIDは分けましょう」とおすすめしています。

  • お父さん:自分のeoIDで回線契約
  • お母さん:自分のeoIDで回線契約
  • お子さん:お母さんのeoIDで回線契約 → お子さんを利用者登録

まず、「お父さん」がmineoを契約します。家族の中で最初の契約なので、この時点ではまだ「お父さん」を紹介できる家族がいません。

つぎに、「お父さん」が「お母さん」を紹介します。「お子さん」を利用者登録する回線も「お父さん」が紹介できます。

その結果、「お父さん」は<抽選で電子マネーギフト(1,500円~3,500円)>または<データ容量2GB>を2回線分もらえます。
「お母さん」は<電子マネーギフト(1,000円)>を2回線分もらえます。

このように、一家で最大9,000円もらえるチャンスがあります。家族でmineoを契約するのなら、紹介アンバサダー制度を利用しない手はないですね。

方法3:家族全員がエントリーコードを利用する

mineo(マイネオ)申し込み時に16桁のエントリーコードを入力すると、契約事務手数料3,000円が無料になります。エントリーコードはamazonなどで買えます(ダウンロード版:350円)。なお、SIMカード発行料400円はそのままかかります。

1回の申し込みで、「紹介特典」と「エントリーコード」の両方を利用できます。

紹介URLからmineo申し込みページへ進み、<エントリーコードで申し込み>を選択、16桁のコードを入力します。

3人家族なら7,950円を節約できます。mineoを申し込みする際は家族全員分のエントリーコードを準備しましょう。

方法4:家族全員が基本データ容量30GBで申し込む

mineo(マイネオ)を申し込みする家族全員の基本データ容量は「30GB」にするとお得です。

私は3GBで十分足りるよ…という方も申し込み時は30GBを選択すべき。その際、利用開始日は「24日」が一番お得です。

30GBでの申し込みがお得な理由は、mineo(マイネオ)では利用開始月の月額料金は日割りされ、基本データ容量は日割されない(全データ容量がもらえる)からです。そして、翌月に間に合うよう希望の基本データ容量に変更しておけばOKとなります。

この際、「課金開始日」がいつになるかと、「基本データ容量変更」がいつまで申し込みできるかをよく確認しておく必要があります。

課金開始日(web申し込み)

新規契約する方(MNPしない方)の課金開始日は、「SIMカードを発送した日の翌日を1日目とし10日目の日」もしくは「初回パケット発生日」のいずれか早い方の日となります。ただし、利用開始が20時以降かつ通信量が10MB未満の場合その翌日が課金開始日となる可能性があります。

MNPする方の課金開始日は、MNPの切り替えを実施した日(切替日)です。

MNP受付時間
・auプラン(Aプラン):9時~21時
・ドコモプラン(Dプラン):9時~21時
・ソフトバンクプラン(Sプラン):10時~19時
※auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)は20時以降、ソフトバンクプラン(Sプラン)は18時以降の切り替え手続きについては翌日になることがあります。

MNPの切り替えをしなかった場合は、MNP予約番号の有効期限前日に切替手続きが強制的に実施されます。有効期限は取得当日を含めて15日間です。mineoを申し込みする際にMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。

基本データ容量変更

基本データ容量変更の申し込み手続きは毎月25日まで受付。翌月から適用となります。ただし、利用開始当日は申し込みができないのでご注意ください。

基本データ容量変更に受付期限があるので、24日に利用開始日をむかえ、25日に基本データ容量の変更の申し込みをするのがベスト。1,000円ちょっとの支払いでデータ容量30GBをゲットできます。

なお、SIMカードが届くまでの期間は混雑状況にもよりますが、4~5日程度を見ておきましょう。

また、キャンペーンの月額料金の割引は、利用開始月の翌月から適用となります。

データ容量が30GBもあっても余らせちゃうと思うかもしれませんが大丈夫!mineoのデータ容量はパケットギフトで誰かに贈ると有効期限が翌月末まで延びるからです。

今月末で有効期限をむかえるデータ容量は家族にパケットギフトして、有効期限を翌月末まで延ばしましょう。なお、これを繰り返せば有効期限はいつまでも無限に延長できます。

公式サイト:

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)を家族で契約する際のQ&A

Q.mineo(マイネオ)を契約している家族間の通話は無料になりますか?

残念ながら、mineo(マイネオ)には家族間の通話が無料になるサービスはありません。

以下サービスをうまく利用することで、mineo(マイネオ)でもお得に家族間の通話ができます。

  料金 詳細
国内通話料 20円/30秒
mineoでんわ 10円/30秒 ・専用アプリ「mineoでんわ」から発信するだけで国内通話料が半額になります。
・専用アプリ「mineoでんわ」以外から発信した場合は20円/30秒がかかります。
10分かけ放題 850円/月 ・10分以内の国内通話が誰とでも何度でもかけ放題になります。
・専用アプリ「mineoでんわ」以外から発信した場合は20円/30秒がかかります。
通話定額30 840円/月 ・月間最大30分間、定額で国内通話ができます。
・30分超過後は20円/30秒がかかります。
通話定額60 1,680円/月 ・月間最大60分間、定額で国内通話ができます。
・60分超過後は20円/30秒がかかります。
LaLa Call 100円/月 ・IP電話アプリ。050で始まる電話番号がもらえます。
・携帯電話への通話料は8円/30秒。
・一般電話への通話料は8円/3分。
・LaLa Call同士の通話料は無料。
・mineo利用者はデータ消費なし。
・mineo利用者は毎月100円分の無料通話付き。
LINE 無料 ・無料通話・メッセージアプリ。
・LINE同士の通話料は無料。
・LINE Out(コールクレジット)は固定電話3円/1分、携帯電話14円/1分

Q.18歳未満の子供にmineo(マイネオ)を持たせたいのですが?

18歳未満の方はmineo(マイネオ)を契約できません。利用は問題ありません。

お父さんまたはお母さんが契約したmineo(マイネオ)回線に18歳未満のお子様を利用者登録したらOKです。

Q.クレジットカードを持っていない大学生の子供がmineo(マイネオ)を契約したいのですが?

クレジットカードを持っていない方はmineo(マイネオ)を契約できません。

学生向けのクレジットカードを作成するか、お父さんやお母さんが契約したmineo(マイネオ)回線に大学生のお子様を利用者登録するかのどちらかです。

Q.子供を利用者登録した回線もフリータンクから1GBを引き出せますか?

お子さんを利用者登録した回線もフリータンクから毎月1GBまで引き出しできます。フリータンクは1回線につき1GBまで引き出しできます。

フリータンクを利用するには、まずeoIDとマイネ王アカウントを連携します。マイネ王アカウントは1人1つ作成できます。

お子さん用のマイネ王アカウントを作ってeoIDと連携させます。お母さんと共通eoIDで問題ありません。連携時にお子さんの回線番号を選択したらOKです。

  • お母さんのマイネ王アカウント ー お母さんのeoID ー お母さんの回線番号
  • お子さんのマイネ王アカウント ー お母さんのeoID ー お子さんの回線番号

フリータンクの引き出し(OUT)ルール

・累計OUT量 ≧ 累計IN量の方は、残容量が500MB以下になるとOUTできる
・1回のOUT容量は500MBまで
・1ヵ月のOUT容量合計1,000MBまで
・1ヵ月の利用回数2回まで

Q.mineo(マイネオ)を契約する家族の支払いを1つにまとめたいのですが?

契約時はmineo(マイネオ)申込者の名義とクレジットカードの名義が完全一致している必要があります。契約申し込み時は家族の支払いを1つにまとめられません。

契約成立後にクレジットカードを変更する際は他人名義でもOKです。契約後なら家族の支払いを1つにまとめられます。

Q.子供が18歳になったので本人の名義に変更したいのですが?

お子供さんの名義に変更したい場合は名義変更(譲渡)を申し込みます。家族間(三親等以内)の変更では契約譲渡手数料3,000円が無料になります。

名義変更(譲渡)を申し込みする際にはお子さん名義のクレジットカードが必要なので、事前に準備しておきましょう。

利用者登録していたので複数回線割引が適用されていたはずですが、名義変更(譲渡)すると割引適用外となります。代わりに家族割引が適用となりますが、こちらは申し込みが必要です。

Q.家族がmineo(マイネオ)を申し込みする際、紹介特典とエントリーコードの併用はできますか?

あなたの紹介URLから家族がmineo(マイネオ)を申し込みする際は、エントリーコードも同時に使用できます。紹介特典とエントリーコードの併用が可能です。

紹介URLからmineo(マイネオ)の申し込みページへと進み、「エントリーコードで申し込み」にチェックを入れ、16桁のコードを入力したらOKです。

公式サイト:

mineo(マイネオ)

あわせて読みたい記事:

mineo(マイネオ)の評判は?デメリットもズバリ教えます!
mineoの契約で絶対に損しないために!申し込み日のタイミングはいつにすべきか?