mineo契約のタイミングはいつが損しない?

せっかく料金の安い格安SIMのmineoを契約するなら、損はしたくありません。
mineoには損せず一番お得に契約できるタイミングがあるので、契約前に必ずチェックしておくようにしましょう。チェックポイントは下記の通りです。

・利用開始月は、日割り料金で、1カ月分の基本データ容量がもらえるので、なるべく月末を課金開始日(利用開始日)にすべき
・基本データ容量30GBで申し込みし、利用開始月中に希望する基本データ容量への変更手続きをすべき
・ただし、基本データ容量30GBの数日分の日割り料金を支払う必要がある

・26日〜月末の間は基本データ容量の変更不可
・課金開始(利用開始)当日は基本データ容量の変更不可
・したがって、24日を課金開始日(利用開始日)にすべき

・MNP転入しない場合、「SIMカードを発送した日の10日後の日」または「初回パケット発生日」のいずれか早い方の日がが課金開始日(利用開始日)となる
・したがって、14日より前の申し込みはダメ
・24日に初回パケット発生が間に合うように、申し込みする

・MNP転入する場合、「MNP転入切り替えを実施した日」または「MNP予約番号有効期限の1日前」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となる
・MNP予約番号有効期限は予約当日も含めて15日間
・したがって、11日にMNP予約番号を発行すべき
・11日を過ぎてしまった場合は、24日にMNP転入切り替えが間に合うように、申し込みする

・SIMカードは最短翌日〜1週間前後で届く(余裕を持った申し込みを心がけること)

余分な基本データ容量はいらない。基本データ容量30GBの数日分の日割り料金は支払いたくないという方は、月末最終日を課金開始日(利用開始日)にして、希望するプランの、1日分の日割り料金で、1カ月分の基本データ容量をもらえるように申し込みします。

・MNP転入しない場合、「SIMカードを発送した日の10日後の日」または「初回パケット発生日」のいずれか早い方の日がが課金開始日(利用開始日)となる
・したがって、21日より前の申し込みはダメ(月末最終日が30日の月は20日)
・月末最終日に初回パケット発生が間に合うように、申し込みする

・MNP転入する場合、「MNP転入切り替えを実施した日」または「MNP予約番号有効期限の1日前」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となる
・MNP予約番号有効期限は予約当日も含めて15日間
・したがって、18日にMNP予約番号を発行すべき(月末最終日が30日の月は17日)
・18日を過ぎてしまった場合は、月末最終日にMNP転入切り替えが間に合うように、申し込みする
・SIMカードは最短翌日〜1週間前後で届く(余裕を持った申し込みを心がけること)

・キャンペーンの割引特典は利用開始翌月から適用される

キャンペーン情報

900円×6カ月 割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

※該当サービスのキャンペーンに関しましては、終了している場合がございます。
※キャンペーン詳細に関しましては、都度サービス公式ページにてご確認をお願い致します。

mineo契約で損しない為の6つのポイント
ポイント1:利用開始月のプラン月額料金は日割り計算する
ポイント2:利用開始月の基本データ容量は日割り計算しない
ポイント3:課金開始日(利用開始日)はコントロールできる
ポイント4:基本データ容量は課金開始(利用開始)翌日から変更できる
ポイント5:基本データ容量1GBあたりの料金は30GBプランが一番安い
ポイント6:使い切れなかった基本データ容量は翌月に繰り越しできる

【結論】mineo契約が一番お得になるタイミングとは
費用がとにかく安くなる申し込みタイミング
 ・新規(MNPなし)の場合の申し込み日は「20日」または「21日」
 ・MNP(あり)の場合の申し込み日は「17日」または「18日」
データ容量がいっぱいもらえる申し込みタイミング
 ・新規(MNPなし)の場合の申し込み日は「14日」
 ・MNP(あり)の場合の申し込み日は「11日」
解約するキャリアの日割りや締め日も考える必要がある

mineo契約で損しない為の6つのポイント

ポイント1:利用開始月のプラン月額料金は日割り計算する

mineoドコモプラン(Dプラン)、auプラン(Aプラン)の利用開始月の月額料金は日割り計算して請求されます。

容量 auプラン(Aプラン) ドコモプラン(Dプラン)
シングルタイプ
(データSIM)
※SMS標準装備
デュアルタイプ
(通話SIM)
シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ(通話SIM)
SMSなし SMSあり
500MB 700円 1,310円 700円 820円 1,400円
1GB 800円 1,410円 800円 920円 1,500円
3GB 900円 1,510円 900円 1,020円 1,600円
6GB 1,580円 2,190円 1,580円 1,700円 2,280円
10GB 2,520円 3,130円 2,520円 2,640円 3,220円
20GB 3,980円 4,590円 3,980円 4,100円 4,680円
30GB 5,900円 6,510円 5,900円 6,020円 6,600円

mineoオプションサービスの利用開始月の月額料金は日割り計算しない場合もある

mineoオプションサービスの利用開始月の月額料金は、さまざまな形式で請求されます。

日割り計算して請求されるオプションサービス

ドコモプランのSMS(月額120円)、割込通話サービス(月額200円)、端末安心保証サービス(月額370円)、mineo安心パック2(月額550円)の利用開始月の月額料金は、日割り計算して請求されます。
mineo安心パック2では、2018年1月31日まで、6カ月180円割引キャンペーンが実施されています。

全額が請求されるオプションサービス

mineoでんわ10分かけ放題(月額850円)、通話定額30(月額840円)、通話定額60(月額1,680円)の利用開始月の月額料金は、日割り計算されずに初月から全額が請求されます。

初月無料のオプションサービス

050IP電話アプリLaLa Call(月額100円)、ウイルスバスターモバイル月額版(月額270円)の利用開始月の月額料金は、初月無料になります。
050IP電話アプリLaLa Callでは、2018年1月31日まで、実質3カ月間月額基本料100円が0円キャンペーンが実施されています。
ウイルスバスターモバイル月額版(月額270円)は、2018年1月18日まで、6カ月無料キャンペーンが実施されています。

翌月から課金開始のオプションサービス

スマホ操作アシスト(月額500円)、持込み端末安心保証サービス(月額500円)は、申し込み日の翌月から課金開始となります。

初回2カ月無料のオプションサービス

スマート留守電(月額290円)、安心フィルタリング(月額350円)、安心バックアップ(月額500円)、ジュニアパック(月額200円)、シニアパック(月額200円)の利用開始月の月額料金は、初回申し込みの方は2カ月無料になります。
安心バックアップ(月額500円)では、2018年1月18日まで、12カ月無料キャンペーンが実施されています。

ポイント2:利用開始月の基本データ容量は日割り計算しない

mineoドコモプラン(Dプラン)、auプラン(Aプラン)の利用開始月の月額料金が、日割り計算して請求される一方で、基本データ容量は日割り計算されません。

利用開始月の基本データ容量は、課金開始日に、一括でもらいます。

ポイント3:課金開始日(利用開始日)はコントロールできる

新規(MNPなし)での申し込みの場合

mineoが「SIMカードを発送した日の10日後の日」、または「初回パケット発生日※」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

※利用開始が20時以降かつご利用開始当日の通信量が10MB未満の場合は、その翌日が課金開始日(利用開始日)となる場合があります。

新規での申し込みの場合は、どちらかといえば「初回パケット発生日」の方がコントロールしやすいです。

MNP(あり)での申し込みの場合

auプランの場合は「MNP転入切り替えを実施した日」または「MNP予約番号有効期限の1日前」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

ドコモプランの場合は「MNP転入切り替えを実施した日」、「MNP予約番号有効期限の1日前」または「SIMカード発送から10日後」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

契約申し込み者が自分でMNP転入切り替えを実施しなかった場合、MNP有効期限前日に、mineo側で強制的に切り替え手続きが実施されます。

MNPでの申し込みの場合、「MNP予約番号有効期限の1日前」が完全にコントロールできます。

mineo申し込み〜利用開始までの流れ

1.MNP予約番号の取得(MNP利用の場合のみ)

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)利用の場合、有効期限が10日以上残っているMNP予約番号が必要です。契約中の携帯電話会社(mineo以外の会社)で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

2.サービス選択

通信キャリア、基本データ容量、音声通話、mineo端末、SIMカードサイズ、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)、オプションなどを選択します。

3.契約者情報の入力・支払情報の入力

氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡用メールアドレスなどの入力と共に、eoIDとeoIDパスワードを設定します。続いてクレジットカード情報を入力します。クレジットカードは、契約者の氏名と同一名義のものに限ります。

4.本人確認書類の提出(デュアルタイプ<音声SIM>のみ)

運転免許証、パスポート、被保険者証などの本人確認書類を携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、そのデータをアップロードして提出します。

5.申し込み完了

登録したメールアドレスに「仮申し込みのお知らせメール」が届きます。メールに記載のURLにアクセスして申し込みを完了させてください。

6.審査

mineoの審査基準によって実施されます。提出した本人確認書類に不備は無いか、契約者名義のクレジットカードを使用しているか、一人で5回線まで、同一住所で10回線までの上限を超えていないかなどが審査されます。

審査には、数時間から2日前後かかる場合があります。通過した場合、審査が完了した旨のメールが届きます。

7.SIMカードの発送

東京と大阪にある配送センターから商品が発送されます。

シングルタイプでSIMカードのみを購入した場合は、普通郵便で届きます。その他の商品を購入した場合は、ゆうパックで届きます。

8.SIMカードの到着

通常の混雑状況であれば、申し込み完了からデータSIMは3〜4営業日、通話SIMは5〜6営業日で届きます。

ゆうパックは日本全国、発送日の翌日または翌々日に届きます(離島に住んでいる場合を除く)。

9.初期設定

9-1.SIMカードの取り付け
 受け取ったSIMカードを利用する端末に取り付けます。

9-2.MNP転入切替(MNP利用無しの方は不要)
 マイページからMNP転入切り替えを行ないます。
 手続き完了後、30分程度で回線が切り替わります。
 回線切替が完了するまで、転出元の回線は利用可能です。
  MNP受付時間は9:00~21:00です。

9-3.ネットワーク設定
 データ通信を行なうための設定を行ないます。

10.利用開始

mineoコミュニティサイト「マイネ王」への登録も忘れずにしてください。マイネ王アカウントとeoIDを連携することで、フリータンクなどが使えるようになります。

ポイント4:基本データ容量は課金開始(利用開始)翌日から変更できる

mineoの基本データ容量には、500MB、1GB、3GB、6GB、10GB、20GB、30GBのコースがあります。

希望の基本データ容量へ自由に変更できます。変更事務手数料は無料です。

基本データ容量変更の手続きは、マイページから手続きします。

毎月1日〜25日に基本データ容量変更を申し込みしたら、翌月1日からの変更となります。

26日〜月末までは変更を申し込みできません。また、課金開始(利用開始)当日も変更を申し込みできませんので、ご注意ください。

ポイント5:基本データ容量1GBあたりの料金は30GBプランが一番安い

mineoドコモプラン(Dプラン)、auプラン(Aプラン)の基本データ容量1GBあたりの月額料金を計算してみると、基本データ容量は30GBが一番安いとわかります。小数点以下第2位を四捨五入しています。

容量 auプラン(Aプラン) ドコモプラン(Dプラン)
シングルタイプ
(データSIM)
※SMS標準装備
デュアルタイプ
(通話SIM)
シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ(通話SIM)
SMSなし SMSあり
500MB 1,400円/1GB 2,620円/1GB 1,400円/1GB 1,640円/1GB 2,800円/1GB
1GB 800円/1GB 1,410円/1GB 800円/1GB 920円/1GB 1,500円/1GB
3GB 300円/1GB 503.3円/1GB 300円/1GB 340円/1GB 533.3円/1GB
6GB 263.3円/1GB 365円/1GB 263.3円/1GB 283.3円/1GB 380円/1GB
10GB 252円/1GB 313円/1GB 252円/1GB 264円/1GB 322円/1GB
20GB 199円/1GB 229.5円/1GB 199円/1GB 205円/1GB 234円/1GB
30GB 196.7円/1GB 217円/1GB 196.7円/1GB 200.7円/1GB 220円/1GB

ポイント6:使い切れなかった基本データ容量は翌月に繰り越しできる

当月に使い切れなかった基本データ容量は、翌月に繰り越し可能です。

翌月に繰り越した基本データ容量は、優先的に消費されます。翌月中にも消費されなかった繰り越し分の基本データ容量は、翌々月以降は消滅します。

ただし、パケットギフトを利用すれば、基本データ容量の有効期限を何度でも延長できます。

消滅が間近の基本データ容量がある場合、パケットギフトを利用して、知り合いのmineoユーザーに基本データ容量を贈ると、有効期限が翌月末まで延長されます。知り合いのmineoユーザーから同じ量のデータ容量を贈ってもらえば、貸し借りは無くなります。パケットギフト相手はマイネ王の掲示板(王国広場)で募集している方もいます。

【結論】mineo契約が一番お得になるタイミングとは

費用がとにかく安くなる申し込みタイミング

費用をとにかく安くしたい方は、月末最終日を課金開始日(利用開始日)にすべきです。そうすれば、1日分のプラン月額料金の支払いで、1カ月分の基本データ容量がもらえます。

月末最終日を課金開始日(利用開始日)にする為の申し込み日

他社からmineoへ電話番号そのまま乗り換えられる、MNP転入をしない方と、MNP転入をする方とでは、月末最終日を課金開始日(利用開始日)にする為の申し込み日に違いがあります。

新規(MNPなし)の場合の申し込み日は「20日」または「21日」

新規(MNPなし)での申し込みの場合、「SIMカードを発送した日の10日後の日」、または「初回パケット発生日」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

最短で申し込み当日に発送されてしまう可能性を考えると、「30日の月は20日」「31日の月は21日」より前の日に申し込みしてはいけません。

余裕を持って、「30日の月は20日」「31日の月は21日」に申し込みし、「月末最終日」にはじめてのデータ通信を行なうのがベストです。

20日と21日を過ぎてしまった場合は、審査や配達に必要な期間を考えて申し込みしてください。

通常の混雑状況であれば、申し込み完了からデータSIMは3〜4営業日、通話SIMは5〜6営業日で届くと思います。25日前後までであれば間に合う可能性はあります。

利用開始が20時以降かつご利用開始当日の通信量が10MB未満の場合は、その翌日が課金開始日(利用開始日)となる場合がありますので、ご注意ください。

MNP(あり)の場合の申し込み日は「17日」または「18日」

MNP(あり)での申し込みの場合、「MNP転入切り替えを実施した日」または「MNP予約番号有効期限の1日前」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

確実なのは「MNP予約番号有効期限の1日前」を「月末最終日」に合わせることです。

どこの通信会社に発行してもらったMNP予約番号であっても、有効期限は予約当日を含め15日間です。受付時間内であれば基本的にすぐ発行してもらえます。

したがって、「30日の月は17日」「31日の月は18日」にMNP予約番号を発行してもらえば、「月末最終日」が課金開始日(利用開始日)となります。逆に言えば、この日より前にMNP予約番号を発行してはいけません。

また、mineo申し込み時はMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。有効期限が10日未満の場合は再発行となります。

したがって、「30日の月は17日〜22日」「31日の月は18日〜23日」の間にmineoへ申し込みしてください。

MNP予約番号を発行せずに17日と18日を過ぎてしまった場合は、「MNP転入切り替えを実施した日」を「月末最終日」に合わせます。

審査や配達に必要な期間を考えて申し込みしてください。通常の混雑状況であれば、通話SIMは5〜6営業日で届くと思います。

SIMカードが届いたら、マイページからMNP転入切替手続きをします。MNP受付時間は9:00~21:00となっていますので、ご注意ください。

公式サイト:mineo

データ容量がいっぱいもらえる申し込みタイミング

データ容量をいっぱいもらいたい方は、基本データ容量30GBで申し込みし、利用開始月に希望する基本データ容量へ変更します。

1日分のプラン月額料金の支払いで、1カ月分の基本データ容量30GBをもらいたいところですが、26日〜月末までは基本データ容量の変更ができません。また、課金開始(利用開始)当日は基本データ容量の変更ができません。

したがって、「24日」を課金開始日(利用開始日)にすべきです。そうすえれば、7日分または8日分のプラン月額料金の支払いで、1カ月分の基本データ容量30GBをもらいます。下記金額の支払いが必要です。1円未満の端数は切り捨てています。

容量 auプラン(Aプラン) ドコモプラン(Dプラン)
シングルタイプ
(データSIM)
※SMS標準装備
デュアルタイプ
(通話SIM)
シングルタイプ
(データSIM)
デュアルタイプ(通話SIM)
SMSなし SMSあり
30GB

7日分:1,376円
8日分:1,522円

7日分:1,519円
8日分:1,680円
7日分:1,376円
8日分:1,522円
7日分:1,404円
8日分:1,553円
7日分:1,540円
8日分:1,703円

24日を課金開始日(利用開始日)にする為の申し込み日

他社からmineoへ電話番号そのまま乗り換えられる、MNP転入をしない方と、MNP転入をする方とでは、24日を課金開始日(利用開始日)にする為の申し込み日に違いがあります。

新規(MNPなし)の場合の申し込み日は「14日」

新規(MNPなし)での申し込みの場合、「SIMカードを発送した日の10日後の日」、または「初回パケット発生日」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

最短で申し込み当日に発送されてしまう可能性を考えると、「14日」より前の日に申し込みしてはいけません。申し込み当日に発送されると、「24日」より前に「SIMカードを発送した日の10日後の日」を迎えてしまう可能性があります。

SIMカードは「24日」よりもかなり早く届きますが、余裕を持って、「14日」に申し込みし、何もせずに数日待って、「24日」にはじめてのデータ通信を行ない、その日のうちに基本データ容量を変更するのがベストです。

「14日」を過ぎてしまった場合は、審査や配達に必要な期間を考えて申し込みしてください。通常の混雑状況であれば、申し込み完了からデータSIMは3〜4営業日、通話SIMは5〜6営業日で届くと思います。

課金開始日(利用開始日)が24日以降になってしまうと、翌月1日からの基本データ容量変更が間に合わず、30GB分の月額料金を支払うことになりますので、くれぐれもご注意ください。

また、「24日」にはじめてのデータ通信を行っても、利用開始が20時以降かつご利用開始当日の通信量が10MB未満の場合は、その翌日が課金開始日(利用開始日)となる場合があります。ある程度の通信量を消費するようにしてください。

MNP(あり)の場合の申し込み日は「11日」

MNP(あり)での申し込みの場合、「MNP転入切り替えを実施した日」または「MNP予約番号有効期限の1日前」のいずれか早い方の日が課金開始日(利用開始日)となります。

もっとも確実なのは「MNP予約番号有効期限の1日前」を「24日」に合わせることです。

どこの通信会社に発行してもらったMNP予約番号であっても、有効期限は予約当日を含め15日間です。受付時間内であれば基本的にすぐ発行してもらえます。

したがって、「11日」にMNP予約番号を発行してもらえば、「24日」がMNP予約番号有効期限の1日前となって、課金開始日(利用開始日)となります。

課金開始日(利用開始日)をピッタリ「24日」に合わせて、1日分たりとも損したくない方は、「11日」より前にMNP予約番号を発行してはいけません。余裕を持って1日、2日前にMNP予約番号を発行してもらうのも良いかと思います。

また、mineo申し込み時はMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があります。有効期限が10日未満の場合は再発行となります。

したがって、「11日」にMNP予約番号を発行したら、「16日」までにmineoへ申し込みするようにしてください。

MNP予約番号を発行せずに「11日」を過ぎてしまった場合は、「MNP転入切り替えを実施した日」を「24日」に合わせます。

審査や配達に必要な期間を考えて申し込みしてください。通常の混雑状況であれば、通話SIMは5〜6営業日で届くと思います。

SIMカードが届いたら、マイページからMNP転入切替手続きをします。MNP受付時間は9:00~21:00となっていますので、ご注意ください。

そして、24日のうちに忘れずに、マイページから、基本データ容量を変更するようにしてください。

解約するキャリアの日割りや締め日も考える必要がある

ドコモ、au、ソフトバンクからmineoへMNPする場合、定期契約満了月の翌月と翌々月の2カ月間以外に解約すると解約金が発生します。

また、解約月の基本使用料がドコモは日割りになりますが、加入しているプランによりますが、auとソフトバンクは日割りになりません。また、ソフトバンクは締め日に「末日」「10日」「20日」の3種類があります。

MNPする場合はこれらも考えて申し込み日を決める必要があります。

公式サイト:mineo