BIGLOBEモバイルの通信速度制限(帯域制限)・3日間制限(72時間制限)と解除方法

・BIGLOBEモバイルでは当月の通信量の合計が各プランの「規定容量」を超えた場合、当月末までの通信速度が送受信最大200kbpsに制限されます。

プラン種別 規定容量
1ギガ
音声通話スタートプラン
1GB
3ギガプラン 3GB
6ギガプラン 6GB
12ギガプラン 12GB
20ギガプラン 20GB
30ギガプラン 30GB

・タイプA(au)の回線では、SIMカード1枚につき、直近72時間(3日間)の通信量の合計が6GBを超えた場合、通信速度が制限されることがあります。

・タイプD(ドコモ)の回線「ライトSSプラン」では、直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MBを超えた場合、通信速度が制限されることがあります。→ライトSSプランの新規受付は終了しました。

・データ追加チャージ(+100MBごと300円)を購入して、通信速度制限が解除できます。

・通信速度制限中でも、エンタメフリーオプション(月額480円〜)の対象サービスは速度制限されることなく視聴可能です。

・エンタメフリー対象サービスはYouTube、 Google Play Music、 Apple Music、 AbemaTV、 Spotify、 AWA、 radiko.jp、 Amazon Music、 U-NEXT、 YouTube Kids。

キャンペーン情報

月額1,200円×6カ月割引キャンペーン実施中!
初期費用3,394円→0円キャンペーン実施中!

キャンペーンお申込みはこちら

BIGLOBEモバイルの通信速度制限(帯域制限)

まずBIGLOBEモバイルには、「セレクトプラン」と「スマホまる得プラン」があります。

BIGLOBEモバイル セレクトプラン スマホまる得プラン 違い

プランの選び方

  • SIMカードのみを利用したい方→セレクトプラン
  • iPhone SE、iPhone 6sを購入したい方→スマホまる得プラン
  • 月額1,200円×6カ月割引キャンペーンを利用したい方→セレクトプラン

セレクトプランとスマホまる得プランどちらも、初月のプラン月額料金は無料。高速データ通信容量が多い少ないにかかわらず無料となります。

したがって、高速データ通信容量30GBのプランで申し込みすることをオススメします。
【関連】BIGLOBEモバイルは初月無料!利用開始日は1日が得だがMNPは要注意!!一部、日割りとなる料金も!?

セレクトプランの通信速度制限(帯域制限)

BIGLOBEモバイル セレクトプラン 月額料金

セレクトプランでは当月の通信量の合計が各プランの「規定容量」を超えた場合、当月末までの通信速度が送受信最大200kbpsに制限されます。

プラン種別 規定容量
1ギガ
音声通話スタートプラン
1GB
3ギガプラン 3GB
6ギガプラン 6GB
12ギガプラン 12GB
20ギガプラン 20GB
30ギガプラン 30GB

スマホまる得プランの通信速度制限(帯域制限)

BIGLOBEモバイル スマホまる得プラン 月額料金

スマホまる得プランでは当月の通信量の合計が各プランの「規定容量」を超えた場合、当月末までの通信速度が送受信最大200kbpsに制限されます。

プラン種別 規定容量
Sプラン 1GB
S+プラン 3GB
Mプラン 6GB
Lプラン 12GB
2Lプラン 20GB
3Lプラン 30GB

また、「セレクトプラン」「スマホまる得プラン」にかかわらず、公平な通信速度を維持するため、ファイル交換(P2P)アプリケーション等のデータ通信は、通信速度を制御、または使用を制限される場合があります。

BIGLOBEモバイルの制限前の通信速度は受信時最大225Mbps(理論値)。制限後の送受信最大200kbpsは、1125分の1の速度となっています。

格安SIMの制限されている状態の通信速度一覧

人気格安SIM7社の制限されている状態の通信速度を調べてみました。

事業者 制限されている状態の通信速度
BIGLOBEモバイル 200kbps
DMMモバイル 200kbps
IIJ mio  200kbps
楽天モバイル 200kbps
OCNモバイルONE 200kbps
NifMo 200kbps
mineo 200kbps

制限されている状態の通信速度は全7社が送受信最大200kbpsで統一されていました。BIGLOBEモバイルの制限されている状態の通信速度200kbpsは一般的だとわかりました。

通信速度200kbpsできること、できないこと

通信速度制限がかかった状態の通信速度200kbpsでも、ウェブサイト閲覧、メール送受信、LINE、Twitter、Facebookなどは、それほど不便なしに利用できます。動画視聴は厳しいですね。
【関連】200kbpsでできること・できないことまとめ

シェアSIMカード追加オプションを利用している場合

シェアSIM追加カードオプションを利用している場合、通信量の計算は、利用中の全てのSIMカードの通信量の合計値となります。

当月の通信量の合計値が各プランの規定容量を超えた場合、通信速度制限がかかります。全てのSIMカードで当月末までの通信速度が、送受信最大200kbpsに制限されます。

シェアSIMカード追加オプションとは

BIGLOBEモバイル シェアSIMカード追加オプション

1契約プランの通信容量を、複数のSIMカードで分け合うことができるサービスです。

セレクトプランは3ギガプラン以上、スマホまる得プランはS+プラン以上が対象で、追加できるシェアSIM枚数は最大4枚まで。

追加したシェアSIMカード毎に「初期費用(3,394円)」と「シェアSIM月額利用料」がかかります。

  • シェアSIM月額利用料(音声):900円
  • シェアSIM月額利用料(SMS):320円
  • シェアSIM月額利用料(データ):200円

BIGLOBEモバイルの3日間制限(72時間制限)

BIGLOBEモバイルの”セレクトプラン”と”スマホまる得プラン”にはそれぞれ、au回線の「タイプA」とドコモ回線の「タイプD」があります。

BIGLOBEモバイル タイプA(au回線) タイプD(ドコモ回線) 違い

「タイプA」と「タイプD」には異なる3日間制限(72時間制限)があります。

タイプA(au)の3日間制限(72時間制限)

タイプA(au)の回線では、SIMカード1枚につき、直近72時間(3日間)の通信量の合計が6GBを超えた場合、通信速度が制限されることがあります。

シェアSIMカード追加オプションを利用している方は、SIMカード1枚につき、3日間制限が適用となります。

タイプD(ドコモ)の3日間制限(72時間制限)

タイプD(ドコモ)の回線「ライトSSプラン」では、直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MBを超えた場合、通信速度が制限されることがあります。

ライトSSプランの新規受付は終了しました。

タイプDについては、3日間制限の心配はいりません。

BIGLOBEモバイル 3日間制限(72時間制限)

3日間(72時間)制限のあるプラン
音声通話スタートプランでは、直近3日間(72時間)の合計通信量が200MBを超えると、通信速度が200kbpsに制限されます。

エントリープランは、音声通話スタートプランと制限される合計通信量の上限値が異なり、直近3日間(72時間)の合計通信量が600MBを超えると、通信速度が200kbpsに制限されます。

音声通話スタートプランとエントリープランの上限値は、プランそれぞれの月間高速データ量に比例しています。
音声通話スタートプランの月間高速データ量は1GBで上限値は200MB、エントリープランの月間高速データ量は3GBで上限値は600MBと3倍になっています。

3日間(72時間)制限のないプラン
ライトSプランと12ギガプランには、3日間(72時間)制限はありません。

ただし、ファイル交換(P2P)アプリケーション等のデータ通信のように、他の利用者に迷惑の掛かるデータ通信には制限があります。

一般的な利用では問題ありません。

3日間(72時間)制限の廃止と変更
BIGLOBE SIMでは、2015年4月に行われた高速データ通信量の増加時に、現在のライトSプランと12ギガプランに相当するプラン(その後プラン名が変更された)の3日間(72時間)制限が廃止され、合計通信量の上限値が現在の音声通話スタートプランは120MBから200MBに、エントリープランは360MBから600MBに変更されました。

格安SIMの3日間制限(72時間制限)一覧

人気格安SIM7社の3日間制限(72時間制限)を調べてみました。

事業者 3日間制限(72時間制限)
BIGLOBEモバイル

タイプAの回線では、SIMカード1枚につき、直近72時間(3日間)の通信量の合計が6GBを超えた場合、通信速度を制限することがあります。
タイプD「ライトSSプラン」では、直近72時間(3日間)の通信量の合計が360MBを超えた場合、通信速度を制限することがあります。
公平な通信速度を維持するために、通信速度を制限する場合があります。ファイル交換(P2P)アプリケーション等のデータ通信は、通信速度を制御、または使用を制限する場合があります。

DMMモバイル SIMカード毎に、高速通信超過時や高速通信OFFの設定時(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
直近3日間(当日を含まない)の通信量の合計が366MBを下回るまで制限が続く場合があります。
IIJmio SIMカード毎に、クーポン残量がない、またはクーポンをOFFにしている状態(最大200kbpsでの通信時)で、3日あたりの通信量が上記の規定値を超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合があります。
楽天モバイル 各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。
OCNモバイルONE 3日間制限なし
ネットワークの輻輳状態が継続される事を避けるため、輻輳制御を行う場合があります。
NifMo 直近3日間の通信利用量の基準値(3GBプラン:500MB→650MB以上、5GBプラン:800MB→1,100MB以上、10GBプラン:1,200MB→2,200MB以上)を設定しており、通信利用量が基準値を超えた場合には通信速度を上り下り最大200kbpsに制限させていただきます。
直近3日間の通信量が先の上限を下回った場合に制限が解除されます。
mineo ネットワーク混雑回避のために、直近3日間(当日を含みません)に3GB以上のご利用があったお客様については、KDDI社より通信速度が終日制限される場合があります。

3日間制限(72時間制限)がない格安SIM

BIGLOBE SIMのライトSプランと12ギガプランのように、3日(72時間)制限のない格安SIMには、6社のなかで唯一OCNモバイルONEがありました。

ライトSプランと12ギガプランの3日(72時間)制限は2015年4月に撤廃されましたが、OCNモバイルONEも以前は3日(72時間)制限があり、2014年10月に撤廃されました。

3日間制限(72時間制限)がある格安SIM

BIGLOBE SIMの音声通話スタートプランとエントリープランのように、3日(72時間)制限がある格安SIMには、楽天モバイル、NifMo、mineoの3社がありました。

BIGLOBE SIM、楽天モバイル、NifMoは、プランの月間高速データ量に比例して上限値も増えて行きます。mineoは一律3GBなので、前述3社と比べると緩めの3日(72時間)制限になっています。

低速通信時のみ3日間制限(72時間制限)がある格安SIM

低速通信時のみ3日間(72時間)制限のある格安SIMには、DMM mobileとIIJmioの2社がありました。

通信速度が200kbpsの低速通信時のデータ通信のみ合計通信量に加算され、3日間(72時間)制限の対象になります。

DMM mobileとIIJmioの2社はどちらも高速通信のON/OFF切り替えが可能です。高速通信OFF時のみ3日間(72時間)制限の対象です。

BIGLOBE SIMは今のところ高速通信と低速通信の切り替えはできません。

通信速度制限を解除する方法

前述の通りBIGLOBEモバイルでは、その月の通信量合計が高速データ通信容量を超えると、通信速度が送受信最大200kbpsに制限されます。その通信速度制限を解除するには、下記4つの方法があります。

  • データ追加チャージ(ボリュームチャージ)を購入する
  • エンタメフリーオプションに加入する
  • 直近3日間(直近72時間)の合計通信量が6GBを下回るまで待つ
  • 翌月になるまで待つ

データ追加チャージ(ボリュームチャージ)を購入する

BIGLOBEモバイル データ追加チャージ ボリュームチャージ

データ追加チャージ(ボリュームチャージ)は、通信速度制限(帯域制限)を解除してLTE高速通信が可能な通信量を増やせるサービスです。

  • データ追加チャージ:+100MBごと300円

購入分のチャージ容量が消費されている間は、通信速度制限が解除され、快適にLTE高速通信が利用できるようになります。

1カ月以内に400MB(1,200円)以上のデータ追加チャージを利用する場合は、プラン変更した方が安くなる可能性があります。翌月から変更後のプランの料金となります。

エンタメフリーオプションに加入する

BIGLOBEモバイル エンタメフリー

エンタメフリー・オプションは、BIGLOBEモバイル指定の動画・音楽配信サービスの対象通信を、データ通信量の制限なく定額で利用できるオプションサービスです。

  • 音声通話SIM利用時:480円
  • データSIM利用時:980円

2018年11月現在、10種類のサービスがエンタメフリーの対象となっています。

【動画系サービス】
・YouTube
・AbemaTV
・U-NEXT
・YouTube Kids
【音楽系サービス】
・Google Play Music
・Apple Music
・Spotify
・AWA
・Amazon Music
【その他サービス】
・radiko.jp

上記サービスの「動画・音声の再生」に伴い発生するデータ通信量に限り、エンタメフリーの対象となります。

通信速度制限(帯域制限)がかかっている状態でも、エンタメフリー対象サービスは速度制限されることなく視聴可能です。200kbps以下に制限された状態より、快適に視聴できます。
【関連】BIGLOBEモバイルのエンタメフリーは速度が遅い!テザリングが対象外!!って噂があるけど真相は?

直近3日間(直近72時間)の合計通信量が6GBを下回るまで待つ

タイプA(au)の3日間制限(72時間制限)がかかった場合、直近3日間(直近72時間)の合計通信量が6GBを下回れば制限は解除されます。

音声通話スタートプランとエントリープランに3日(72時間)制限がありました。3日(72時間)制限は、直近3日間(72時間)の合計通信量が各プランの基準値(音声スタートプラン:200MB/3日、エントリープラン:600MB/3日)を超えると制限がかかるので、直近3日間(72時間)の合計通信量が基準値を下回れば制限は解除されます。

翌月になるのを待つ

通信速度制限(帯域制限)がかかった場合、翌月になって高速データ通信容量がリセットされれば制限は解除されます。

公式サイト:BIGLOBEモバイル