OCNモバイルONE 最低利用期間と解約金の注意点【11個】

この記事では、「OCNモバイルONE 最低利用期間と解約金の注意点11個」を解説します。

その注意点は、下記の11個です。

  • ①:最低利用期間(縛り期間)なし
  • ②:解約違約金(契約解除料)なし
  • ③:旧コースの場合 
  • ④:MNP転出手数料なし
  • ⑤:解約月のコース月額基本料は日割りなし
  • ⑥:解約月のオプション月額料金は日割りなし
  • ⑦:他社へMNP転出した場合にかかる費用の総額
  • ⑧:利用開始月に解約した場合
  • ⑨:短期間で解約するとブラックリスト登録
  • ⑩:解約後のSIMカード返却
  • ⑪:OCNモバイルONEをお得に契約する方法

それぞれ、解説します。

キャンペーンのご案内:

人気のスマホ1円~セール実施中!
他社からの乗り換え(MNP)で13,000円OFF!
対象オプション同時加入で2,000円OFF!

>> キャンペーンのお申し込みはこちら

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE 最低利用期間と解約金の注意点11個

①:最低利用期間(縛り期間)なし

OCNモバイルONEに、「最低利用期間(縛り期間)」はありません。

▼最低利用期間(縛り期間)とは

例えば、利用開始日から1年以内に解約すると、契約解除料9,800円がかかるような場合があります。

最低利用期間(縛り期間)を廃止する格安SIMが増えています。

②:解約違約金(契約解除料)なし

OCNモバイルONEでは、いつ解約しても「解約違約金(契約解除料)」はかかりません。

③:旧コースの場合 

2021年3月31日までの旧コースでは、「最低利用期間(縛り期間)」に解約すると「解約違約金(契約解除料)」がかかりました。

2019/9/30以前に契約した方 最低利用期間 本人確認書類の確認が完了した日+10日後を含む月(利用開始月)を1ヵ月目として6ヵ月目まで。
解約違約金 8,000円
2019/10/1~2019/11/19に契約した方 最低利用期間 本人確認書類の確認が完了した日を含む月を1ヵ月目として6ヵ月目まで。
解約違約金 1,000円

「新コース」と「旧コース」の相違点

OCNモバイルONEは、2021年4月1日から新コースになりました。

新コースでは、料金が大幅に安くなっています。

▼新コース
  音声対応SIM SNS対応SIM データ通信専用SIM
1GB/月コース 700円
(税込770円)
3GB/月コース 900円
(税込990円)
900円
(税込990円)
780円
(税込858円)
6GB/月コース 1,200円
(税込1,320円)
1,200円
(税込1,320円)
1,080円
(税込1,188円)
10GB/月コース 1,600円
(税込1,760円)
1,600円
(税込1,760円)
1,480円
(税込1,628円)

※OCNの光サービスをご利用なら、さらに毎月200円(税込220円)割引

▼旧コース
  音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
日次コース 110MB/日 1,600円 1,020円 900円
170MB/日 2,080円 1,500円 1,380円
月次コース 3GB/月 1,800円 1,220円 1,100円
6GB/月 2,150円 1,570円 1,450円
10GB/月 3,000円 2,420円 2,300円
20GB/月 4,850円 4,270円 4,150円
30GB/月 6,750円 6,170円 6,050円
500kbps
15GB/月
2,500円 1,920円 1,800円

※「500kbps (15GB/月)」コースは2019年1月29日(火)をもって 新規申し込み受付が終了しました。

④:MNP転出手数料なし

OCNモバイルONEでは、「MNP転出手数料」はかかりません。

2021年3月31日までは、MNP転出手数料(税込3,300円)がかかりました。

▼MNP転出手数料とは

携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用して、電話番号そのまま他社に乗り換える場合に必要な手数料です。

MNP転出手数料を無料にする格安SIMが増えています。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの大手キャリアも、既にMNP転出手数料は廃止されています。

⑤:解約月のコース月額基本料は日割りなし

OCNモバイルONEを解約した月の各コースの月額基本料は、日割り計算にはなりません。

月の途中で解約した場合も、月末までの料金が請求されます。

SIMカードは、解約手続きをした月の末日まで使用できます。

解約した日の翌月1日にSIMカードは使用できなくなります。

なお、解約後も回線処理の状況によりSMS送信や音声通話などが使用できる場合があります。

使用した場合は料金が発生しますので、ご注意ください。

他社へMNP乗り換えした方は、他社への転入手続きが完了すると、SIMカードは使用できなくなります。

MNP予約番号を発行しただけでは解約になりません。

他社への転入手続きが完了するまではSIMカードを使用できます。

⑥:解約月のオプション月額料金は日割りなし

「OCNでんわ かけ放題オプション」を解約した月の月額料金は日割り計算にはなりません。

  • 10分かけ放題 850円(税込935円):日割りなし
  • トップ3かけ放題 850円(税込935円):日割りなし
  • 完全かけ放題 1,300円(税込1,430円):日割りなし
  • 留守番電話 300円(税込330円)
  • キャッチホン 200円(税込220円)

⑦:他社へMNP転出した場合にかかる費用の総額

OCNモバイルONEから他社へMNP転出する場合には、下記の費用がかかります。

▼MNPとは

MNP(Mobile Number Portability/携帯電話番号ポータビリティ)とは、今の電話番号はそのままで、他社に乗り換えることができるサービスのことです。

OCNモバイルONEでかかる費用

  • 解約違約金:0円
  • MNP転出手数料:0円
  • 解約月のコース月額基本料:満額

他社でかかる費用

  • 初期費用:3,000円前後
  • 契約月のプラン月額基本料:日割り or 無料

⑧:利用開始月に解約した場合

OCNモバイルONEでは、利用開始月(利用開始日を含む月)のコース月額基本料はかかりません。

ただし、利用開始月(利用開始日を含む月)に解約した場合は、コース月額基本料がかかります。

▼OCNモバイルONE 利用開始月

OCNモバイルONEの利用開始月は、「申し込み日(または、本人確認資料の確認完了日)の10日後を含む月」です。

  • 音声対応SIM → 本人確認資料の確認あり
  • SMS対応SIM → 本人確認資料の確認なし
  • データ通信専用SIM → 本人確認資料の確認なし

⑨:短期間で解約するとブラックリスト登録

OCNモバイルONEは、スマホセット(端末+音声対応SIM)の安さが大きな魅力です。

スマホセットでは音声対応SIMのみ契約可能となります。

音声対応SIM契約後に「データ通信専用SIMカード」「SMS対応SIMカード」への変更はできません。

さらに、新コースには、最低利用期間と解約違約金がありません。

音声対応SIMはスグに解約し、安く手に入れた端末を転売する方がいるようです。

このような転売への対策として、音声対応SIMを短期間で解約すると、ブラックリストに登録されることがあります。

ブラックリストに登録されると、二度とOCNモバイルONEを契約できません。

申し込みしても「402エラー」が表示されます。

転売するつもりがなくても、短期間での解約はなるべく避けるようにしましょう。

⑩:解約後のSIMカード返却

解約後、SIMカードをOCNモバイルONEへ返却します。

SIMカードのみを台紙に粘着テープで貼り付け封筒に入れます。

送料は契約者が負担します。

「SIMカード」の場合は未返却違約金がかかりません(「WiFi ルーター」「USB 端末」の場合は未返却違約金がかかります)。

■SIMカード返却先
〒261-7101
WBG郵便局留 NTTコム SIM回収係

⑪:OCNモバイルONEをお得に契約する方法

最低利用期間と解約金を調べている方には、これからOCNモバイルONEの契約を考えている方も多いはずなので、お得に契約する方法を解説します。

まず、OCNモバイルONEでは、利用開始月のプラン料金が無料です。

月初め1日に利用開始すれば、無料期間が最大31日となるのでお得と言えます。

OCNモバイルONEでは「申し込み日(または、本人確認資料の確認完了日)の10日後を含む月」が利用開始月となるので、10日前に申し込みすれば月初め1日に利用開始できます。

 

つぎに、どのデータ容量でも一律無料なので、データ容量が1番多い「10GB/月コース」を選ぶとお得です。

より具体的なことは「OCNモバイルONEの初月無料を活かしてお得に契約する方法」で解説しています。

公式サイト:

OCNモバイルONE