TwitterはLINEモバイルのカウントフリーの対象になりますか?

・コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランではツイッターがカウントフリーの対象になります。

  カウントフリー対象となる機能 カウントフリー対象とならない機能
Twitter ・タイムラインの画面表示、投稿(画像、動画含む)
・話題を検索、通知、メッセージの画面表示、利用
・プロフィールの編集
・外部リンクへの接続
・公式アプリ以外での利用
・ライブストリーミング動画(Periscope)の利用

・LINEフリープランはツイッターがカウントフリーの対象外です。

キャンペーン情報

最大4,000円相当が貰えるキャンペーン実施中!
2ヶ月連続3GBデータ増量キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申込みはこちら

Twitterがカウントフリーの対象になるLINEモバイルのプラン

コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プランでは、Twitterがカウントフリーの対象になります。

・コミュニケーションフリープラン
月額基本利用料:1,110円〜
月間データ容量:3GB、5GB、7GB、10GB
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram

・MUSIC+プラン
月額基本利用料:1,810円〜
月間データ容量:3GB、5GB、7GB、10GB
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

LINEフリープランでは、Twitterがカウントフリーの対象になりません。

・LINEフリープラン
月額基本利用料:500円〜
月間データ容量:1GB
カウントフリー対象サービス:LINE

Twitterでカウントフリーの対象となる機能

・タイムラインの画面表示、投稿(画像、動画含む)
・話題を検索、通知、メッセージの画面表示、利用
・プロフィールの編集

画像や動画の投稿もカウントフリーの対象となります。

Twitter公式アプリでの利用も、ウェブブラウザでの利用も、どちらもカウントフリーの対象となります。アプリでの利用については、公式アプリのみカウントフリー対象となります。

Twitterでカウントフリーの対象とならない機能

・外部リンクへの接続
・公式アプリ以外での利用
・ライブストリーミング動画(Periscope)の利用

外部リンクへ接続すると一番上の部分にURLが表示されます。ツイートのURLをタップした場合外部リンクへの接続になります。

外部サイトを埋め込む方法により再生される動画(YouTube など)については、カウントフリーの対象外となります。
Twitterの動画はLINEモバイルのカウントフリーの対象になりますか?

Twitterには公式アプリ以外に、サードパーティアプリと呼ばれるものがあります。例えば「twitcle」というアプリは複数アカウント対応が可能です。また「twicca」というアプリは複数ユーザーへの同時リプライが可能です。これらのアプリでの利用はカウントフリーの対象外となります。
TwitterサードパーティアプリはLINEモバイルのカウントフリーの対象になりますか?

Periscope(ペリスコープ)は、Twitterが開発したライブ配信ができるアプリです。Periscopeの利用はカウントフリーの対象外となります。

TwitterはLINEモバイルのカウントフリーの対象になるかまとめ

LINEモバイルのカウントフリー機能は、一定のデータ通信をデータ通信利用容量の対象外とする機能をいいます。対象サービス(MUSIC+プランでいえば、LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)のデータ通信量を、カウントをしない機能のことをいいます。データ容量を使い切っても(通信速度制限がかかっても)、カウントフリー対象サービスの通信速度は落ちません。

Twitterがカウントフリーの対象だということを一見すると、Twitterアプリを利用中に消費したすべてのデータ通信量がカウントされないと思ってしまうかもしれませんが、対象になるのはあくまでTwitterサービスに対するものだけです。アプリ内であっても外部サービスに対するデータ通信量は対象外になります。

公式サイト:LINEモバイル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする