mineoパケットギフトは、同一eoIDの相手にも贈れますか?

同一eoIDの相手にパケットギフトは贈れません

自分の余ったパケット(データ容量)を誰とでも分け合えるサービスがパケットギフトですが、唯一の例外として、同一eoIDで契約している回線間ではパケットギフトが利用できません。

キャンペーン情報

800円×6カ月割引キャンペーン実施中!
申し込み期限は10月31日まで

キャンペーンのお申し込みはこちら

eoIDとは

eoIDは、mineoをはじめとして、プロバイダのeo光や通話アプリのLaLa Callなど、株式会社ケイ・オプティコムが運営するサービスを利用するために必要な専用IDです。

1つのeoIDで、最大5回線まで契約できるので、ドコモ回線とau回線を1回線ずつなど、1人のユーザーが複数回線を契約する場合には、基本的に1つのeoIDを利用して2回線目以降を契約します。
また、18歳未満の子供がmineoを利用する場合も、親権者のeoIDで契約することになります。

その他、eoIDについて、詳しくは以下にまとめています。
mineo eoIDの取得・変更・複数・家族・ファミリー会員

同一eoID間ではパケットギフトはできないがパケットシェアができる

同一eoIDで契約している回線間では、パケットシェアが可能です。
パケットシェアは、当月中に使い切れずに翌月へ繰り越された基本データ容量やパケットチャージ容量等を、最大5回戦まででシェアすることができるサービスです。

パケットギフトとパケットシェアの違いには以下があります。

・同一eoID間で利用できるかどうか
パケットギフトは同一eoID間で利用できないのに対して、パケットシェアは同一eoID間でも利用できます。

・住所が違っても利用できるかどうか
パケットギフトは住所が違う相手にも利用できるのに対して、パケットシェアは住所が同じ相手としか利用できません。

・当月分のパケットが利用できるかどうか
パケットギフトは当月分のパケットが利用できるのに対して、パケットシェアは前月からの繰越分のパケットしか利用できません。

・取引するパケット量をユーザーが自由に決められるかどうか
パケットギフトはギフトを贈るユーザーが贈りたいパケットの量を自由に設定できるのに対して、パケットシェアは前月から繰り越されたパケットがすべて自動的にシェアされます。

パケットシェアの利用方法などの詳細は以下にまとめています。
mineoパケットシェアの方法・当月・解除・いつから・できない

同一名義で複数のeoIDが作成できる場合もあるが、複数回線割を利用できないデメリットあり

eoIDは、原則、一人につき1つの提供となっていて、一人で複数のeoIDを取得することはできません。

しかし、mineoコミュニティサイトのマイネ王への投稿によると、サーポートへ「同一名義で複数のeoIDが作成できるか」と問い合わせた時の返答は、担当者によって「基本的には、1名義に付き1eoIDとなります。」と「同一名義でも違うeoIDが取得できる」の正反対の返答があるようです。

実際に試してみると、メールアドレスを変更すれば、同一名義でも別のeoIDが取得でき、問題なく契約することができました。(2016年3月の情報)

別のeoIDで契約した場合、パケットギフトは可能になりますが、1回線につき毎月50円の複数回線割が利用不可になるので注意しましょう。

月額基本料金-50円割引の複数回線割について、詳しくは以下をご参照ください。
mineo家族割と複数回線割の違い・申込方法・書類・パケットシェア

友達のmineoユーザーを介して同一eoID間でもパケットギフトができる

友達などにmineoユーザーがいれば、いったん友達宛にパケットギフトをして、その後自分宛てにパケットギフトしてもらうことができます。

例えば、同一eoIDでSIMカードAとSIMカードBを契約していて、1GBをパケットギフトしたい場合、Aから友達に1GBパケットギフトして、友達からBへパケットギフトしてもらえば、実質的にAからBへとパケットギフトができます。

友達にmineoユーザーがいないならマイネ王の掲示板で探そう

友達にmineoユーザーがいない場合は、コミュニティサイトのマイネ王に、「パケットギフトの交換相手を募集中です。」などと書き込んだり、交換相手を募集している人の書き込みを探してコンタクトを取って、交換相手を見つけることもできます。

パケットギフトの利用方法などの詳細は以下にまとめています。
mineoパケットギフトの期限・繰越・交換・取り消し・上限

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする