mineoパケットギフトの期限・繰越・交換・取り消し・上限

パケットギフトは、mineoユーザーなら誰とでも、パケット(データ容量)を分け合える機能です。

パケットギフトはmineoユーザーなら誰とでもパケットの分け合いが可能

パケットギフトでパケットを分け合えるのは、一緒に暮らす家族だけでなく、離れて暮らす家族、親しい友人、会社の同僚などのmineoユーザーなら誰でも可能です。条件はmineoユーザーであることのみ。

DMM mobileのシェアコース、IIJmioのファミリーシェアプラン、OCN モバイル ONEの容量シェアなど、他社の格安SIMにあるデータ容量の分け合いは家族間に限定されているのが一般的で、家族以外の誰でも分け合い可能にしたmineoのパケットギフトは業界初の革命的なサービスと言えます。

交換相手はコミュニティサイトの「マイネ王」で探せます

パケットギフトを利用してみたいけど、身近にmineoユーザーが見つからない人は、コミュニティサイトの「マイネ王」でパケットギフトの交換相手を探すことができます。

マイネ王の「Q&A(王国教室)」のコーナーで、「パケットギフト交換しませんか?」「パケットギフト交換相手募集中」などと自ら質問してみるか、パケットギフト関連の質問を投稿しているユーザーや、交換可能の回答をしているユーザーにコンタクトを取ってみましょう。

auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)のどちらでも利用できる

マルチキャリアサービスに対応したmineoには、auプランとドコモプランの2つのプランがあります。

両プランではデュアルタイプの月額料金も異なるので、普通に考えるとプランをまたぐパケットギフトは不可能なはずです。しかしmineoでは、auプランとドコモプラン一切関係無く、キャリアの垣根を超えたパケットギフトも可能となっています。

一般的にドコモにくらべてユーザーの少ないauプランでもギフト交換相手が見つけやすくなっています。

同一のeoIDで契約している回線間ではパケットギフトが利用できない

au・ドコモ関係無く、誰とでもパケットの分け合いが可能なパケットギフトですが、唯一、同一のeoIDで契約している回線間では利用できません。

eoIDは、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです。株式会社ケイ・オプティコムはmineoの他にもプロバイダの「eo光」や、通話アプリの「LaLa Call」を運営しています。

mineoでは、通信サービスの申込み時にeoIDがかならず必要になります。

eoIDについて詳しくは以下をご参照ください。
mineo eoIDの取得・変更・複数・家族・ファミリー会員

mineoの格安SIMを複数回線契約する場合は、1つのeoIDでau、ドコモプラン合わせて最大5回線まで契約することができます。

1つのeoIDで複数回線を契約するメリットは、複数回線割を受けることができて、各回線の月額基本料金から50円を値引きしてもらえます。一方前述のとおり、パケットギフトが利用できないデメリットがあります。
mineoパケットギフトは、同一eoIDの相手にも贈れますか?

キャンペーン情報

900円×12カ月割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

パケットギフトの手数料

なし

パケットギフトを贈る方法(ギフトする方法)

パケットギフトを送るには、ギフトコードを発行して、ギフトしたい相手に教えます。

  1.  mineoマイページでeoIDとパスワードを入力してログインします。
  2. ログインしたら、表示されたページの一番下までスクロールして、「パケットギフト」をタップします。
  3. 「ギフトする通信量を入力」の部分にギフトしたいデータ容量を入力します。MBの前には0が1つ入力されているので、例えば100MBギフトしたい場合は「10」と入力します。入力が済んだら「ギフト発行」をタップします。
  4. パケットギフト発行確認画面が表示されるので、電話番号とギフトするデータ容量に誤りがないかを確認して、「ギフトを発行」をクリックします。
  5. 表示された「パケットギフトコード」をギフトしたい相手に教えます。

パケットギフト「贈る」は申し込み後、SIMカードが届いて、開通手続きをしたらすぐに可能です。
mineo(マイネオ)の到着日数 申し込み後の発送から届くまで
mineo(マイネオ)の開通日数 開通までの期間と開通方法

mineoパケットギフトは契約初月(利用開始月)から贈れますか?いつから利用できますか?

パケットギフトの上限

パケットギフトできるのは、データ残容量のうち10MB単位で最大9990MBまでとなっています。データ残存量を超える量をギフトすることはできません。

データ残存量の上限MAXでパケットギフトコードを発行すると容量不足でギフトできない可能性あり

例えば、データ残存容量の表示が「3330MB」の時に、上限MAXの3330MBと入力してパケットギフトコードを発行すると、コードは発行できても、容量不足でギフトができないことがあります。

表示されている残存容量と実際の残存容量のタイムラグによる誤差などが原因です。また後ほど詳しく説明しますが、2日間キャンセルができません。

パケットギフトコードはある程度の余裕を持って発行するようにしましょう。

ギフトコードの有効期限は2日間

パケットギフトを贈る時のやり取りで必要なギフトコードですが、コードはずっと使えるわけではなく、有効期限があります。

ギフトコードの有効期限は翌々日までの2日間。期限を過ぎるとコードは失効します。また、月末付近には注意が必要で、有効期限2日間の前でも、月末になるとコードは失効します。

有効期限を過ぎても、ギフトコードが失効するだけで、利用した通信量はそのまま戻って来ます。没収されて無くなってしまうなんてことはありませんので安心して下さい。

パケットギフトの取り消し

ギフトする通信量を間違えたことに気づかないでギフトを発行してしまった場合など、パケットギフトの取り消しをしたいシーンもあるかもしれません。

しかし現在のところ、パケットギフトには取り消しの操作がありません。間違えてしまった場合は、2日後にギフトコードの有効期限切れでキャンセルされるのを待つことになります。

パケットギフト時のデータ残容量は「1.前月からの繰越データ容量」「2.当月の基本データ容量」の順に消費される

パケットギフトを送る時のデータ残容量に、「前月からの繰越データ容量」と「当月の基本データ容量」が両方あって混ざっている場合は、有効期限の短い「前月からの繰越データ容量」から先にギフトとして消費されます。ただしパケットシェアしている場合には注意が必要です。

パケットシェアしている分はパケットギフトで送れない

家族( 契約者と同一住所の方で、最大5回線まで)の繰り越した分を分け合えるパケットシェアの登録をしていると、「前月からの繰越データ容量」はパケットギフトに利用することができません。「前月からの繰越データ容量」に残容量があっても「当月の基本データ容量」が先にギフトとして消費されます。

パケットシェア(「前月からの繰越データ容量」)がパケットギフトへ利用できるようになりました。
メンバーみんなの「前月からの繰越データ容量」が優先してパケットギフトに利用されるので、事前に了承を得るなど、しっかりメンバー間で話し合っておきましょう。

パケットシェアについては以下に詳しくまとめています。
mineoパケットシェアの方法・当月・解除・いつから・できない

公式サイト:mineo

パケットギフトを受け取る方法(ギフトされる方法)

パケットギフトを受け取るには、相手に教えてもらったギフトコードを入力するだけです。

mineoマイページのパケットギフト画面の「ギフトコードを入力」のスペースに、相手から教えてもらったパケットギフトコードを入力して「ギフト受け取り」をタップします。ギフトコードの有効期限内であれば、パケットギフトが受け取れて、完了です。

パケットギフト「受け取る」は申し込み後、SIMカードが届いて、開通手続きをしたらすぐに可能です。
mineo(マイネオ)の到着日数 申し込み後の発送から届くまで
mineo(マイネオ)の開通日数 開通までの期間と開通方法

mineoパケットギフトは契約初月(利用開始月)から贈れますか?いつから利用できますか?

受け取ったパケットギフトの有効期限・繰越し

相手からギフトされたデータ容量の有効期限は、ギフトコードを入力してパケットギフトを受け取った日の翌月末までとなっていて、翌月への繰り越しが可能です。期限内に使い切れなかったデータ容量は失効となります。

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする