mineo「5分かけ放題」電話かけ放題プランの評判は?音質は?

mineo(マイネオ)「5分かけ放題サービス」
・月額料金850円、初期費用なし
・5分以内の通話が回数に制限なくかけ放題
・5分を超えた通話が半額の30秒10円になる
・専用アプリ「mineoでんわ」をダウンロードし、アプリから発信する
・利用中の電話番号がそのまま相手に表示される
・電話回線を利用しているので音質は安定している
・高音質のVoLTEより少しこもり気味に感じるとの評判もある

キャンペーン情報

900円×12カ月割引キャンペーン実施中!

キャンペーンのお申し込みはこちら

mineoユーザーが利用できる電話かけ放題サービスと類似サービス

mineoに電話かけ放題サービスの提供はありません※が、mineoを運営するケイ・オプティコムが提供する類似サービスの「通話定額30/60」や「LaLa Call」、楽天コミュニケーションズが提供する通話アプリの「楽天でんわ」を利用すると、通話料を安く抑えることができます。

※2017年3月1日からmineo(マイネオ)でも5分かけ放題サービスが始まりました。

「5分かけ放題」、「通話定額30/60」、「LaLa Call」、「楽天でんわ」から、1つまたは複数のサービスを組み合わせて、ユーザーそれぞれの利用に合った最適なサービスが選択できます。

5分かけ放題

「5分かけ放題」は、名前の通り、5分以内の国内通話が定額でかけ放題になるサービスです。
5分以内の国内通話は何度かけても無料で、5分を超えた国内通話は10円/30秒で料金加算されます(基本サービスは20円/30秒)。

5分かけ放題:月額850円

専用の電話回線を利用するプレフィックス方式の定額かけ放題サービスで、基本的に専用アプリ「mineoでんわ」を利用して発信した電話はサービス適用の対象になります。(電話番号の頭にプレフィックス番号「0063」を入力しても可)
「mineoでんわ」の使い方や機能

「mineoでんわ」アプリを利用しなくても5分かけ放題サービス対象の電話はかけられますか?

専用の電話回線を利用するプレフィックス方式は、インターネット回線を利用するIP電話方式より通話が安定し音質も優れています。

番号通知は利用中の電話番号(090/080/070)がそのまま相手に表示されますが、NTT固定電話へは発信番号が表示されません。
mineoの5分かけ放題で番号通知されない場合と番号通知される場合の違いとは?

専用アプリ「mineoでんわ」から、または、プレフィックス番号「0063」を付けて、3桁特番(110番、119番etc)、着信課金サービス(0120etc)、統一番号サービス(0570etc)、情報提供ダイヤル(匿名通報ダイヤルetc)などの一部サービスへの発信はできません。

新規契約時はもちろん、契約後も必要に応じていつでも申し込みできます。
5分かけ放題サービスの申し込み手順

ただし、mineoのサービスと同じプレフィックス番号「0063」を電話番号の頭に付けて通話する他社の類似サービス(G-Callなど)を既に登録しているユーザーは利用できない場合があります。

音質ですが、一度プレフィックス網を経由する「5分かけ放題」は、VoLTE対応の高音質通話にくらべると、少しこもった感じがするとの評判があります。

どうしても気になる方には、プレフィックス網を経由しないかけ放題サービスもあります。

ドコモ回線をそのまま利用できるDTI SIMの「でんわかけ放題」やau回線をそのまま利用できるUQモバイルの「おしゃべりプランS/M/L」などがあります。

DTI SIMの5分かけ放題サービスはmineoより低額料金で利用できる良いサービスです。ただし、5分かけ放題サービスだけの契約はできません。
DTI SIM「でんわかけ放題」の詳細
mineoの基本サービスのフリータンクやパケットシェアやパケットギフトなどを選ぶか、DTI SIMの5分かけ放題サービスの音質や料金を選ぶかになってしまいます。

フリータンク:パケットが足りない時に月1,000MBまでを引き出すことができる(マイネ王eoIDの連携が必須)
パケットシェア:繰り越されているパケットを、最大5回線(リーダー(代表者)回線含む)までの間でシェアすることができる
パケットギフト:余ったパケットを友人や知人にギフトとして贈ることができる(余ったデータ容量を無期限に繰り越しが可能に

通話定額30/60

「通話定額30/60」は、ご自身の通話状況に合わせて通話時間が30分または60分どちらかのプランを選択し、毎月決まった定額料金を払うことで、通常の通話料金よりも割安になる有料オプションサービスです。

通話定額30:月額 840円/30分
通話定額60:月額 1,680円/60分

mineoの通話料は30秒/10円なので、「通話定額30」も「通話定額60」どちらも通常の通話料よりも30%OFFになります。

mineo新規契約時に「通話定額30/60」を申し込んだ場合は申込月から利用開始となり、契約後にあとから申し込んだ場合は申込翌月から利用開始となります。

新規契約時に「通話定額30/60」を申し込む場合、月の途中から利用開始しても月額料金は全額かかってしまうので、月末に申し込むと通話時間を使い切れない可能性があるので注意しましょう。

申込月のプラン月額料金については以下をご確認下さい。
mineo(マイネオ)は初月日割り?初月無料?初期費用は何円?

mineoは基本的に、SIMカードを受け取ってはじめてデータ通信した日から利用開始になります。
mineo(マイネオ)の到着日数 申し込み後の発送から届くまで

LaLa Call

「LaLa Call」は、mineoを運営する株式会社ケイ・オプティコム提供のスマートフォン向け050電話アプリです。LaLa Call間で無料通話ができるほか、スマートフォンへの通話料が1分18円、固定電話への通話料が3分8円などmineoの通話料よりも割安な料金で通話が可能になります。

・スマートフォン、携帯電話への通話料:1分18円
・一般加入電話への通話料:3分8円
・PHSへの通話料:1分20円
・LaLa Call、eo光電話など無料提携050IP電話への通話料:24時間いつでも無料
・その他、有料提携050IP電話への通話料:3分7.4円
国際電話:1分6円(非課税)〜

「LaLa Call」の月額基本料は100円ですが、mineo契約者は2017年1月31日まで無料で利用できます。2017年2月1日以降はmineo契約者も月額基本料100円が必要になりますが、その変わりに無料通話100円分をもらえます。

楽天でんわ

「楽天でんわ」は、楽天コミュニケーションズ株式会社提供の通話アプリです。アプリ経由で電話するだけで、通話料はmineo通常時と比較して半額の10円/30秒まで安くなります。mineoとは全くの別会社が運営していますが、mineoユーザーも利用可能です。

初期費用/月額基本料:0円
国内通話:10円/30秒(税別)
国際通話:10円/30秒(非課税)

公式サイト:楽天でんわ

「通話定額30/60」と「LaLa Call」、「楽天でんわ」の注意点やメリット、デメリットは以下にまとめています。
mineo”通話定額30/60″や”通話アプリ”で通話料金は半額まで安くなる

mineo以外が提供しているかけ放題サービス

mineoはかけ放題サービスの提供がありませんが、他社の格安SIMでは、1回5分までの通話が回数無制限でかけられるプランを中心に、かけ放題プランを選べるSIMも増えてきています。

1回5分までのかけ放題サービスを提供している格安SIMは、DTI SIM楽天モバイルOCNモバイルONEIIJmioFREETEL SIMもしもシークスがあります。

1回5分までのかけ放題サービスのなかで最も料金が安いのはDTI SIMです。DTI SIMのかけ放題プラン「でんわかけ放題」の詳細は以下をご確認下さい。
DTI SIM音声プラン 通話料/でんわかけ放題/国際電話/留守番電話/キャッチホン

1回5分よりも通話時間が短いかけ放題サービスは、IIJmioの1回3分と、FREETEL SIMの1回1分があります。

1回5分よりも通話時間が長いかけ放題サービスは、Y!mobileの1回10分があります。これ以上長くなると、もしもシークスとY!mobileの2社が無制限のかけ放題サービスを提供しています。

mineo以外の格安SIMが提供している、かけ放題プランの月額料金など詳細は以下に詳しくまとめています。是非一度ご覧になってみてください。
通話し放題の格安SIMを比較

公式サイト:mineo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする